出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
トレッドミルの運動をメインとして、週3日は坂路コース(800m)をハロン15秒で登坂しています。脚元の状態はいまは落ち着いているので、2月17日(日)京都・大和Sへの出走を意識しながら進めています。現在の馬体重は552kgです。

坂路調教を再開、一応は大和Sを視野に進めるようです。このまま無事にいきますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆パラノーマル
パラノーマルは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。主任は「中間も順調に追い切りを消化できています。前走後から調子落ちは感じられず、状態は安定していますね。厩舎の受け入れ態勢が整いしだい、入厩する予定です」と話していました。

間もなく入厩するようです。ただ、入厩しても何走できるかどうか。

◆コンステレーション
コンステレーションは、1月20日(日)中山6R・3歳新馬・芝1600mに柴田大知騎手で出走します。手塚調教師は「中間も順調に追い切りを消化。除外の可能性がかなり高い状況でしたが、仮に入ったとしてもレースに対応できる状態とジャッジして、今週から投票していくことにしました。小柄で芝向きのタイプと見ており、初戦のレースぶりに注目したいと思います」と話していました。

デビューが決まりました、新馬戦なので見に行くことにしました。
問題は馬体重がどのくらいか、いきなり出走で調教が間に合ったかどうか。

◆ウィルトス
マイネルウィルトスは、栗東に滞在中。レース後も順調で、すでに騎乗が始められています。宮調教師は「前走はこの馬も頑張っていますが、相手を褒めるべきでしょう。使ってきている中で疲労の蓄積が心配されるところですけれど、むしろ今、状態は本当に良いですね。このまま使っていく予定です。2月9日、京都のこぶし賞・芝1600mを目標にしていきます」と話していました。

次走は中3週でこぶし賞になりました。次こそは何とか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
1月28日(月)からの川崎開催での出走を予定しており、この中間はハロン17~20秒のキャンターを乗られています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ラディアントパレス
1月17日(木)に鞍をつけても嫌がりませんでした。帯道の腫れはまだ残っているものの、騎乗できそうなことから厩舎でもうしばらく様子を見ることにします。

さすがに様子見するようです。カラ馬で走ったからといって直ぐに戻されてはたまりません。

| | トラックバック (0)

コンステレーションデビュー決定

コンステレーション、厳しい抽選をかいくぐり、出走が決定しました。

◆コンステレーション
中山競馬 1月20日(日) 6R 3歳新馬 芝1600m 柴田大知 16頭

| | トラックバック (0)

ラディアントパレス早くも頓挫

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ラディアントパレス
1月14日(祝・月)にCWコースで放馬し、結講な時間、カラ馬で走ってしまいました。中内田調教師は「脚元には問題ありませんが、帯道に腫れがあるため、今週中は曳き運動で様子をみることになり、いずれNFしがらきへの放牧を予定しています」と話していました。デビューが近くなってきただけに残念ですが、しっかりと立て直したいと思います。

何と放馬しただけで出戻りです。やはり体力的に問題があるのでしょうか。
デビュー間際まで来て、ここから立て直しとなると、早くて4~5月デビューでしょうか。
私の社台・サンデー出資馬の典型的な駄目馬のパターンになってきました。
さすがにこの近況にはがっかりしてしまいました。
残念ながらあきらめる覚悟もしておいた方が良いかもしれません。

| | トラックバック (0)

コンステレーションデビュー予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆コンステレーション
中山競馬 1月20日(日) 6R 3歳新馬 芝1600m 柴田大知

いよいよデビュー戦へ。もっとも馬三郎の想定頭数は47頭と、出走できるかどうかわかりません。
美浦所属馬は出走すらままならないとは聞いていましたが、3場開催でこれでは実際にデビュー戦を迎えることができるのはまだまだ先になりそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによるレース後の関係者コメント。

◆ウィルトス
丹内騎手「勝った馬が相手と見ていました。コーナーをロスなく回って脚をため、勝馬を目標に追い出して期待どおりの反応があったのですが。最後は相手がしぶとかったですね。頑張っているだけになんとかしたかったのですが」

宮調教師「スタートで寄られて後ろからになりましたが、その後は内でうまく進められました。直線、前を捌けるか、と思っていましたけれど、スムーズに外へ持ち出せましたね。追ってからの脚も上々でしたし、普通なら勝ちパターンなのですが。相手には最後にもうひと伸びされてしまいました。勝馬はさすがに上のクラスで実績のある馬でしたね。こちらもよく頑張っています。コンスタントに使ってきていますが、今、状態が良いのでこのまま使っていく方向で考えています」

引き続いて走らせるようです。次は条件戦のこぶし賞かそろそろ重賞できさらぎ賞あたりでしょうか。

| | トラックバック (0)

ウィルトスまたまた2着

ウィルトス、京都競馬第9R白梅賞芝1600mに出走しました。

デビュー3戦目で勝ち上がり、昇級後の特別戦で2走連続惜しい2着のウィルトス、追い込む競馬で結果を残しており、ここは何とか勝ち上がりたいところ。
騎手を替えて心機一転を期したいところですが、引き続いてクラブお抱えの丹内騎手をわざわざ関西に招いての騎乗で、鞍上不安のままレースに挑むます。
今年最初の出資馬のレース、必勝を期して京都競馬で現地観戦。

パドックのウィルトス、中2週のレースが続きますが、前走比+6キロの468キロと嬉しい馬体増。
競馬ブックの予想は◎も含めて厚い印の本紙○の好評価。
これを受けて単勝4.3倍の2番人気。良血馬の11号馬タニノミッションが1番人気。

さてレース、スタート直後に隣の馬にぶつけられたのかやや勢いがつかず後方からの競馬に。
そのまま最後方から4番目あたりでレースを進行。
3~4角を内で周って直線へ入り、前が開いたところで後方から一気に伸びて先行勢を追い込みますが、先に抜けた2号馬エメラルファイトにはわずかに及ばず2着に終わりました。

直線に入ったところで前が詰まっていたので、これは駄目かと思ったものの、各馬がばらけて前が開いたところを上手く抜け出し、近走同様に良い脚を見せて一気に追い上げましたが、惜しくも届かずクビ差の2着に終わりました。
上がりタイム最速でしたが、さすがに後方過ぎたので、勝ち馬同様にもう少し前でレースを進めていればと残念至極。
多少脚が余った感じで、ゴール前の追い込みもイマイチ感がありましたが、鞍上はそれほど酷い騎乗でもなかったので仕方ありません。

抜け出したと思ったらさらに別の馬に交わされた前々走と前走、今回は前の馬に惜しくも届かずとレース内容自体は良いのですが、またまた2着に終わってしまい、勝負運のない馬になってきました。このあたりがラフィアンならではなのかもしれません。
出資馬で3走連続2着というのは記憶にないので、次走こそはと思うのですが、さすがにそろそろ使い詰めが心配に。クラシックなど高望みはしないので、自己条件できっちり勝てればいいのですが。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー口取り申込み方法変更結果

社台・サンデーで口取り申込み方法が今週から変更されてネット申込みになりました。

電話での早い者勝ちからネットでの抽選制となったので、口取り申込みがどうなるかと思っていましたが、初めての申込みでは2頭だけが抽選となったようです。
前にも書いたように、私の場合は実際に口取りで定員一杯だったことはジューヌエコールしかいなかったので、重賞レースを除くと、人気馬の新馬戦や一番人気となったレースくらいしか定員一杯になることはないだろうと思っていましたが、今週をみるとやはりそうのような感じなのでしょう。

今後引き続いてどうのようになるのか様子見するしかありませんが、私が出資するような比較的格安の馬は、馬主が少ないかほとんどいないと思われるので、口取り申し込みしようとする一般会員がどれくらいいるか、そのレースの注目がどうなのか次第になりそうです。

| | トラックバック (0)

«出資馬近況