出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆パラノーマル
パラノーマルは、美浦に滞在中。移動後も順調で、次走に向けてペースアップが始められています。水野調教師は「今週のダートは全体的にタイムが速めでしたが、しっかり動けていました。状態はキープ出来ていて、来週の出走に十分に対応可能でしょう。23日(土)中山の芝2000mを視野に入れています」と話していました。

◆マイネソルシエールの16
マイネソルシエールの16は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。スタッフは「体調が安定していて、最近は飼い葉をしっかりと食べますね。馬体もさらに成長してきた印象です」と話していました。

◆マイネボヌールの16
マイネボヌールの16は、真歌トレーニングパークに滞在中。昼夜放牧しています。8月下旬から馴致が始められました。スタッフは「今のところ問題なく進められています。人が跨ることや馬具の装着にも慣れて、すでに坂路入りを開始。ハミの取り方などを学習しています」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
山元TC到着後、状態は安定していることから、すでに調教を開始しています。現在のメニューは、周回コースと坂路コースを併用しながら、ハロン18-16秒ぺースで駆け上がるという内容です。キャンターの跳びが大きく、動きは目を見張るものがあります。しかし、口向きに改善の余地が感じられますので、今後は乗り込みを重ねつつ、課題克服にも取り組む方針です。最新の馬体重は468kgでした。

動きは良いようですが、課題もあるようです。このあたり、例によって予防線を張っているようにしか思えないのですが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
週2日は周回コース2400mを普通キャンター、週2日は屋内坂路(900m)2本をハロン17秒とハロン14~15秒で乗っています。蹄の状態は安定しており、順調にペースアップできています。しっかりと乗り込んで馬体を引き締めます。現在の馬体重は535kgです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
この中間も順調に乗り込みが進められており、周回馬場でダク800mとハロン20秒のキャンター2000m、週1回は坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本乗られています。左にモタれる面はなくなり、迫力ある動きが戻ってきました。9月下旬の帰厩を予定しています。現在の馬体重は502kgです。

こちらも帰厩予定がでました。故障した訳ではないので、頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
この中間はウォーキングマシン2時間のみで、右トモの治療を続けています。あと1、2週間で包帯をとれる見込みで、11月下旬の帰厩を目差します。現在の馬体重は498kgです。

ようやく回復の目処がついたようです。
年内帰厩の目標も設定され、早期復帰を願います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間から送り出す前の最終の仕上げに入っています。主任は「中間も順調で、追い切りを重ねながら動けるようになってきています。9月下旬以降には態勢が整う見込みです」と話していました。

◆パラノーマル
パラノーマルは、レース後は軽めのメニューでコンディションが整えられています。水野調教師は「前走は馬も渋太く踏ん張ってくれましたし、騎手もうまく導いてくれました。優先権が確保できたので、状態に問題なければ中山で出走させたいと思います。具体的な番組は今後の状態を確認しながら検討していきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

G1公式サイトによる出資馬の近況。

◆モルドワイン
社台Fでは速め調教もこなし、順調にメニューを消化できたことから、本日9月4日(月)山元TCへ移動しています。今後はこちらで態勢を整えていきます。

突然ではありますが、ようやく山元TCに移動しました。

| | トラックバック (0)

パラノーマル復帰戦入着

パラノーマル、札幌競馬第9R芝1800mに出走しました。

牧場での放牧から、全く不可解な函館競馬の連闘で惨敗し、牧場に出戻りしたパラノーマル、何とか開催に間に合い最終週の札幌競馬で出走。
どこまで走れるか疑問ですが、まずは上位半分くらいには入ってほしいところ。

この日の馬体重は前走比+6キロの436キロと馬体増に一安心。
人気は全く無く単勝108.9倍の13番人気と下から二番目の低人気。

レースはまずまずのスタートも、後方に下がって集団最後方から2番目に位置取ってレース進行。
向正面3角前から徐々に上がっていき、集団先行勢に取り付きます。
3~4角を大外でさらに上がっていき、直線に入るところで先頭に並びかけます。
これはひょっとしてと思いましたが、さすがにこれまで。
4号馬が抜け出し、さらに後方から3頭に交わされ、最終5着で入着しました。

どこまでやれるのか期待もかけていないなかでのレースでしたが、珍しく鞍上の丹内騎手の道中からの好騎乗もあって、後半良い脚をみせ、最後もよく粘って入着を果たすことができました。
終わってみれば、やはり成績を残すときはそれなりに馬体もよく、体調次第の馬だとあらためて思いました。
牧場見学の際に、見送ったスタッフから状態はそれなりに良くなったと聞いていましたが、今回は休養効果があったようです。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

丹内騎手「内目の馬場が重く、返し馬の段階で脚をとられていました。そこで、道中は馬場の良いところをできるだけ選んで走らせています。その分、良い脚を使えたと思いますし、最後まで踏ん張ってくれました。(外を回るロスがあっても)この馬は少しでも軽めの馬場をとおらせた方がよさそうですね」

水野調教師「よく頑張ってくれましたし、次走への優先権がとれたのは大きいですね。この後は美浦へ戻して中山で使っていく予定です。週の半ばに移動予定で、番組は到着後の様子をみて検討していきます」

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆パラノーマル
パラノーマルは、9月3日(日)札幌9R・3歳以上500万下・芝1800mに丹内祐次騎手で出走します。函館で連闘した後はいったんビッグレッドファームに戻って再調整され、今回のレースを迎えます。水野調教師は「少しレース間隔があいていますが馬体は緩めていません。若干、飼い葉を残しがちですが、動きはいいですよ。力が出せる仕上がりでレースに臨むことができるでしょう」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬出走確定

パラノーマル、出走が確定しました。

◆パラノーマル
札幌競馬 9月3日(日) 9R 500万下 芝1800m 丹内祐次 14頭

| | トラックバック (0)

«出資馬近況