共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆グラッブユアダイヤ
5月27日(月)からの浦和開催での出走を目標に調教を進めていましたが、動きが重いため、6月17日(月)からの船橋開催を目指すことになりました。

動きの良さが取り柄でしたが、ひょっとしてピークを過ぎてしまったのではないでしょうか…

◆ルイドフィーネ
本日5月20日(月)追分Fリリーバレーを出発し、山元TCへ移動しています。近日中の入厩に向けて、状態に問題がなければこのまま移動を進めていきます。

無事に脱北しました。このまま順調に入厩できますように。

|

出資馬出走結果

コンステレーション、新潟競馬第5R芝2000m牝馬限定戦に出走しました。

前走6着後短期放牧を経て、牝馬限定戦に出走のコンステレーション、いつものお抱え騎手ではなく、今年デビューながら勝ち星を重ねている斎藤騎手を鞍上に上位進出を目指したいところ。
レースは自宅でグリーンチャンネルテレビ観戦。

この日の馬体重は前走比+4キロの480キロと何とかやや馬体増。
競馬ブックの予想では△がいくつかある程度、それでも単勝15.8倍の7番人気とまずまずの人気。

レースはゆったりしたスタートで大外から先行勢に取り付こうとしますが、集団7番手につけてレース進行。
中盤は大外を周りながらレース進行。
最後の直線では先行勢をよく追走しますが、順位としてはあまり変わらず6着で入線しました。

前走同様にこの馬なりに先行勢を追走するのですが、一気に追い上げる程の脚はなく、中盤順位とほとんど変わらないまま入線しました。
大敗する訳でもないので実力が全くないとは言えないのですが、入線するのがやっとという走り。
小さな馬体でよく頑張っているのですが、馬体の成長など大きな変化がない限り、今後の展望は厳しいとしか言えません。

ラフィアン公式サイトによる関係者湖コメント。

◆コンステレーション
斎藤新騎手「良い形で勝負どころをむかえられ、手ごたえもありました。しかし、いざ追ってからがいまひとつです。伸びてはいるのですが、じりじりでした。瞬発力勝負になると分が悪いですね」

手塚調教師「ハミに敏感な馬で、ハミが口内の上っ面に当たると頭を上げますが、引っかかっているわけではありません。大きなロスのないままレースを進められたのにもかかわらず、手ごたえほど伸びなかったのは個性ですね。小回りコースの方がベターでしょう。函館の馬房を調整してみます」

|

トゥールドマジ骨折

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、栗東に滞在中。一度は引いた右前のヒザの腫れが、18日(土)にまた生じました。そこで、レントゲン検査を行ったところ、ヒザに小さな骨片が見つかっています。田所調教師は「剥離骨折で、全治期間は6ヶ月くらい見込む必要がありそう、との診断です。期待していただけに残念ですがしっかり治したいと思いますし、北海道へ戻す予定です」と述べていました。

緊急の近況更新で残念なお知らせ。
デビューを目指していましたが、残念ながら故障発生。
まだこの時期なので、故障回復を待つしかありません。

|

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆ルイドフィーネ
この中間も休まず鍛錬を重ねています。現在のメニューは、周回コースをハロン24秒ペースで1500m、もしくは、坂路コースをハロン15秒ペースで1本駆け上がるという内容です。相変わらず落ち着きがあり大人しく、調教ではハロン15秒ペースの速めでも楽に動けるようになりました。確かなダート適性を感じさせる走りで、地方競馬の深い砂でも問題なくこなしてくれるでしょう。来週の移動を予定しており、しっかりと態勢を整えていきます。最新の馬体重は456kgでした。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ジューヌエコール
入場後すぐに乗り出して、周回コース1800mをハロン23~25秒ペースで乗られています。連戦しましたが、目立った疲労は感じられません。少しずつペースを上げていきます。現在の馬体重は518kgです。

◆ラディアントパレス
本日5月17日(金)に栗東TCへ入厩しました。

◆アーモロート
週2日は屋内坂路(900m)をハロン15~17秒ペースで2本登坂し、ほか週1日は周回コース2500mをキャンターペースで乗られています。常歩では脚捌きが硬めですが、キャンター調教になるとスムーズに動けます。毛ヅヤはピカピカで体調面の良さがうかがえ、馬体の緩さも解消してきました。ここにきてようやく乗り込める体質になってきたのでこ、のままペースアップしていけそうです。現在の馬体重は516kgです。

|

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆コンステレーション
コンステレーションは、5月19日(日)新潟5R・3歳未勝利・芝2000mに斎藤新騎手で出走します。手塚調教師は「うまく3キロの減量騎手を確保できました。牝馬限定戦ですし、理想的な条件です。追い切りはオーバーワークにならないよう調整し、良い状態で臨めます」と述べていました。

◆トゥールドマジ
トゥールドマジは、栗東で調整中。今週は芝コースで追い切りました。田所調教師は「1本目としては動きは良かったですね。ただ、16日(木)になり、右前のヒザが腫れました。痛みはなく歩様も問題ないので、ひねるなどしたのだと思われます。一過性のものでしょう。週末まで様子を見て腫れがひけばまた乗り進めていきます」と述べていました。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ラディアントパレス
トレッドミルの運動を中心に、周回コース2700mでの騎乗調教も行っています。現在の馬体重は439kgとこの馬なりに回復したことから、あとは厩舎で進めることになりました。5月17日(金)の栗東TC入厩が決まりました。

じっくり進めるかと思いきや早くも入厩。おそらく入厩後にすぐに出走させるでしょう。
中内田調教師ということで期待して出資しましたが、ちゃんとやる気があるのでしょうか。

|

出資馬出走確定

コンステレーション、出走が確定しました。
鞍上に今年3月デビューし、勝ち星を量産している斎藤騎手を確保、いつも以上に期待が高まります。

◆コンステレーション
新潟競馬 5月19日(日) 5R 3歳未勝利(牝) 芝2000m 斎藤新 16頭

|

出資馬出走予定

ラフィアン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆コンステレーション
新潟競馬 5月19日(日) 5R 3歳未勝利(牝) 芝2000m 斎藤新

|

社台グループ募集馬価格発表

社台グループの募集馬価格が発表されました。

昨年同様にディープインパクト、キングカメハメハ、これにロードカナロアと高額馬が居並びます。
高額馬は年々高くなる一方の感。
確かに高額馬は走る馬が必ずいるのですが、当たり外れもあるのも事実。
年に1頭出資し続けて、当たりを引くのは運しかないような気もします。

安い馬では一口100万円以下の募集馬は以前は沢山いたように思いますが、サンデーでは半分程度。
一口50万円以下となると10頭くらいしかいません。
これはこれで当たりを引くのは至難の業にしか思えません。

何やら否定的なことばかり書きましたが、私自身がそろそろ定年退職まであと3年と目の前に迫ってきたので、このお金のかかる趣味をどうしたものか考える時期になってきたように思います。

募集馬発表時点で気になった馬は、キングカメハメハ産駒からグルヴェイグの18が4000万円、ロードカナロア産駒からマラムデールの18が3400万円と思っていた以上に高くなりました。
牝馬でこの価格では、おなじみのマラムデールの18(父ルーラーシップ)が牡馬で4000万円なので安く感じてしまいます。
定年前にいつもよりも少し一度高い馬に出資してみようかと、馬選びよりもまず予算をどうするか考えている次第です。

|

«北海道牧場見学