« ソーサリスいよいよデビュー | トップページ | ソーサリスデビュー戦 »

ドミンゴ10戦目

本日は現役馬2頭にもかかわらずまさかの同日出走で地元の
阪神競馬場へ現地観戦。

年末締めの競馬開催日は有馬記念、ということで阪神競馬場でも
9時過ぎに到着するとかなりの混雑。
屋外席もゴール前は一杯で隙間に座席を確保。

◆ドミンゴ10戦目◆
ドミンゴ、8月の小倉デビュー以降毎月2走してラフィアン2歳馬最多の10走目。
私は公営競馬でもっときつい間隔の馬を見ているのでそれほどではないが、
人によっては卒倒しそうなスケジュール。

さてドミンゴ、パドックではいつもと同じ雰囲気。
あいかわらずうるさいところを見せ、ボロを出し、落ち着かない感じ。
また、歩様も元気がなく、前を歩く馬との差がどんどん広がっていく。
しかし、馬体自体は相変わらずいい感じ。

パドックにいたラフィアンの小平氏に話を聞くと、馬自身は皮膚が薄く
かなりいい馬体とのこと。
走り詰めなので今後のことを聞くと年明け京都でも使い続けるとのこと。
そこそこいい成績なので踏ん切りが付けにくい模様。
何とか層が薄くなる冬のダート戦のうちに初勝利をということらしい。

さてレースは、スタート後からいつもの先行争いと思ったら、控えて
中団の位置取り。
ここしばらく先行策だったので意外なレース運び。
ドミンゴはこのまま中団で内ラチ沿いにレースを進め、4角を回り、
どうなるんかなあと心配していると、いつもはズルズル下がっていくのに
今日はしっかり粘って、上位から落ちてくる馬を交わして徐々に上位に。
勝ったスズカオペラに続いてパラパラとゴールしたのは4番目。

11番人気という低評価にもかかわらずそこそこの着順。
今日はあまり期待していなかっただけに終盤まずまずの出来で大満足。
しかし、どんなレースでもほぼ5着前後になるというのも珍しい。
このまま京都競馬に行きそうですが、そのうちには…

|

« ソーサリスいよいよデビュー | トップページ | ソーサリスデビュー戦 »

過去ログ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドミンゴ10戦目:

« ソーサリスいよいよデビュー | トップページ | ソーサリスデビュー戦 »