« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月の23件の記事

パッサージュ高知出走

パッサージュ、本日の高知競馬4Rに出走しました。

レースは各馬揃ったスタートから先行争い。その中から2号馬が先頭に。
パッサージュは3~4番手につけてレースを進めます。
先行馬が3~4角を周って逃げきり態勢へ。
パッサージュこれについていけず徐々に差が広がり、最後は先頭から
大差の4着でゴールイン。

少しづつ相手は変わりますが、同じような展開が続き、勝ちを収めることができません。
行った行ったのレースが多いので好スタートから逃げてみてはと思うのですが…

| | トラックバック (0)

ドミンゴは回避

ドミンゴ、公式サイトによると、馬体に異常はないが回避して来週以降とのことです。

わざわざの遠征がなくなって一安心ですが、出走登録は何だったんでしょうか。

| | トラックバック (0)

ドミンゴ出走予定

ラフィアン公式サイトによるドミンゴの出走予定。

福島競馬
31日(日)4R 芝1800m
31日(日)6R ダート2400m

正直なところ、昨日の近況で次走は交流競走か11月6日の京都競馬場の
ダート1800mとあったのは一体何だったんだと疑問が生じてしまいました。

丈夫が取り柄のドミンゴだけに中1週はともかく、何で予定を変えてまで
わざわざ福島、それも芝やダートの長距離なのか…
馬三郎ではダート2400mを想定しており、出走頭数が少ないようなので
急遽登録したのでしょうか。

| | トラックバック (0)

近況など

ラフィアン公式サイトによると、ドミンゴの次走は交流競走か
11月6日の京都競馬場のダート1800m辺りとのこと。

交流競走は中央復帰前の一叩きと思っていたのですが、さすがに
交流競走好きの太宰厩舎、次走も予定あるようです。
11月10日の名古屋競馬か17日の園田競馬でしょうか。

| | トラックバック (0)

パッサージュ高知成績

パッサージュ、昨日の高知競馬3Rに出走しました。

レースはスタート直後から7号馬が先行、パッサージュは2番手につけます。
先行馬が逃げる展開でパッサージュもそのままの位置でレースを進めます。
4角を回って先行馬はさらに差を広げゆうゆうゴールイン。
パッサージュは後続に迫られましたが何とか2着でゴールしました。

これで5走連続で2、3着と安定した成績をマーク。
相手次第では、という感じで何とか初勝利を上げてほしいものです。

| | トラックバック (0)

ソーサリス京都出走

ソーサリス、京都競馬7R芝1600m戦に出走しました。

菊花賞開催日というので、ソーサリスの出走レースは第7レースでしたが
私としては珍しく第1レース前に到着。
9時半到着でも4コーナー前の屋外席はまだ空いており余裕で座席を確保。

4Rの新馬戦でラフィアンから2頭出走のため、パドックでスタッフの
小平氏に会い、調子を尋ねると「今日は勝つでしょう。」とのこと。

ソーサリス、パドックですが、前走との馬体重の増減はなし。
好馬体を維持しており、前々走からの増は成長分か。

予想は競馬ブックやグリーンチャンネルでは高評価。
このためオッズは何と1番人気に。

さて、レースですが、まずまずのスタートながらも、やや後方に控えます。
向正面で全体に縦長の展開になりますが、やや後方気味でレースを運びます。

3角を回ったあたりから12号馬ニシノビギンがやや抜け出し、
4角から直線に入ってさらに差を広げられ、ソーサリスはと思っていると
後方から徐々に上がっていき、差を詰めていきます。
2番手にあがり、さらにこのまま差すかと声援を飛ばしましたが、
4分の3馬身届かず、残念ながら2着に終わってしまいました。

少しばかり先行馬を楽に走らせたのと後方でレースを運んだのが
最後になって響いたかなあという感じでした。

前走の上積みを期待し、今日は勝ちを信じていただけに、正直がっくり。
ソーサリスから流した馬単、3連複馬券が的中したものの、嬉し悲しといった感。

前走4着から2着ですからいい結果にはなった訳で、次走は適性距離の
自分にあったレースを選んで走れば2勝目は近いと信じています。


さて、昨年の菊花賞開催日もドミンゴが出走し、現地観戦しましたが、
レースが終わるとさっさと帰宅。
今年はコスモバルクが出走するのでちゃんと観戦。
そのコスモバルクは4着と善戦。
勝ったのは何と日頃応援している園田競馬の岩田騎手騎乗のデルタブルース。
中央競馬に移籍する前にGI、それもクラシックを制してしまいました。

なお、ラフィアン小平氏に聞いたところでは、心配だったカレッシュは
精密検査をしたところ特に異常は認められなかったということで一安心。
また、ザカートも順調で、長距離向きの典型とのこと。
来年は菊花賞の出走も期待したいものです。

| | トラックバック (0)

カレッシュ放牧へ

ラフィアン公式サイトによると、カレッシュ、21日ビッグレッド
ファーム明和に移動しました。
再検査の結果も右ヒザに異常は見つかりませんでしたということで
一安心ですが、復帰まで時間がかかりそうで、デビューは白紙になりました。

| | トラックバック (0)

ソーサリス出走確定

ソーサリス出走が確定しました。

10月24日(日)京都 7R 3歳以上500万下(混) 53.0 佐藤哲三 芝1600m 18頭

やや距離が短いうえにフルゲート。
牡馬、古馬との対戦と厳しい条件ですが、前走よりいい結果を期待。
地元京都開催というので久々に口取りも申込み、現地観戦します。

ラフィアン公式サイトによる調教タイム。

マイネソーサリス
10/18 助手 栗東DW 良 71.5 56.3 41.3 12.5 9分 馬ナリ
・コスモラヴアゲイン(新馬)馬ナリの外、同入
10/21 佐藤哲 栗東DW 重 88.8 73.5 58.8 43.4 12.4 9分 馬ナリ

レース終わってしまってますが、

マイネルドミンゴ
10/16 太宰 栗東B 良 69.3 54.5 40.5 12.0 9分 強目

| | トラックバック (0)

ソーサリス出走登録

ソーサリス、復帰2戦目として、京都競馬24日(日)7R(3歳以上500万下)
芝1600mに出走登録しました。
騎乗はもちろん佐藤哲三騎手。
登録馬数は20頭を超えるようですが、除外対象ではないようです。

福島の遠征もあったようですが、おそらく騎手に合わせての京都。
昨年のドミンゴに続く菊花賞開催日の出走となりました。
今週の競馬ブックの推奨馬にもなっており、2勝目を期待したものです。

| | トラックバック (0)

ドミンゴ復帰戦

ドミンゴ、名古屋競馬第10競走名古屋チャレンジカップ・マース賞に出走、
8か月振りの復帰戦に挑みました。

仕事をしながらネットでの情報収集。
馬体重は490キロと前走比+4キロとそれほどの増はありません。

人気はJRA出走5頭に集中し、ドミンゴは単勝4番人気。
予想通り安藤勝己騎手騎乗のエイシンハクサンが一番人気。

雨降りの不良馬場で行われたレースはこれまた予想通り人気の
エイシンハクサンが先行。
ドミンゴは4番手につけてレースを運びます。

1900mの長丁場のレース、そのままの位置取りでレースが進みます。
2周目向こう正面で先行馬がややスパート。
ドミンゴここでついていけなくなり、差が広がります。
直線で先行馬が一気に突き放してゴールして楽勝。
ドミンゴは息が上がったのか、後続2頭にも抜かれ結局6着に終わりました。

公式サイトのレポートでは、
「馬なりのまま好位に取りつき、前3頭を見ながら道中を追走します。
ちょうどコースを1周したところで手応えが怪しくなり、
ハミを掛けつつ粘らせましたが、勝負処で先行馬2頭に突き放され、
ゴール手前で後続にも差される内容でした。
久々でもあり、最後まで息が保たなかったようです。」
と未だかってない詳しいレポートが速攻でアップ。

勝ち負けくらいに入って賞金をと期待していましたが、残念な結果に
終わってしまいました。
叩き良化型のドミンゴということで、次走に期待したいところです。

| | トラックバック (0)

ドミンゴ出走予想

明日名古屋競馬交流戦に出走予定のドミンゴですが、地元予想紙
「競馬エース」によると厳しい評価。
上位拮抗のレース予想のなか、JRA勢5頭中で最低予想の×です。

厩舎コメント(飯村助手)は
「動きに以前ほどの力強さがない感じですね。
目一杯の追い切りも少ないですし、少し太く感じられますよ。」

予想コメントは
「8か月以上のブランク明けになる。
そのせいか、まだまだ動きに切れがない。
これくらいの距離を得意としているし、時計のかからないコースも
合いそうながら、肝心の体調面に不満を残す。
やはり、ひと叩きしてからの狙い目となるか。」


急仕上げという感じでもないのですが、体調面でまだまだのようです。
ということで、明日はやはり一叩きのレースといった感。

ただし、昨年もまだまだと言っていて入厩し、それほど厳しく
鍛えていた訳でもなかったのにデビューし、パドックでも走る気を
見せなかった馬ですから、何かが起こるかも。
D-netで単勝馬券でも買って応援するか・・・

| | トラックバック (0)

ドミンゴ名古屋出馬表

ドミンゴ、NARのサイトに出馬表が上がりました。

10月19日(火)名古屋競馬 第10競走 ダート1900m(右)15:20発走
日本中央競馬会理事長賞典(指定交流)名古屋チャレンジカップ マース賞

1 1 クリーミースタイル 戸部尚  55.0
2 2 プライズファイター 岡部誠 57.0
3 3 ディアマンテシチー(JRA)向山牧 55.0
4 4 アラビアロレンス(JRA)川原正 57.0
5 5 リアルブルーバード(JRA)兒島真 57.0
6 6 ニシノコユキ 北村浩 53.0
7 7 リジャイナ 小山信 55.0
8 8 エイシンハクサン(JRA)安藤勝 57.0
9 9 マイネルドミンゴ(JRA)太宰啓 55.0

強敵と見られたコスモアビリティは出走回避。
エイシンハクサンには安藤勝己騎手が騎乗し、実績からもこれが本命どころ。
復帰初戦、初の古馬との対戦という不安面もありますが、
何とか勝ち負けくらいを期待したいものです。

| | トラックバック (0)

ドミンゴ名古屋登録状況

ドミンゴ、名古屋競馬のサイトに登録馬名が上がっています。
出走予定は10月19日(火)10Rですが、JRAからは7頭が登録。
地方交流戦で勝ちあがった馬ばかりで、JRAの賞金ではドミンゴでも上位です。
既にJRAで2勝しているコスモアビリティが強敵か。
交流戦の常連が多く、このまま出走すると勝ち負けくらいにはなると期待。

| | トラックバック (0)

カレッシュ症状

ラフィアン公式サイトによると、カレッシュは腕節炎と思われるとのこと。
改めて詳しい検査を行う予定だそうです。
ネットで「腕節炎」を調べたら関節炎のことのようで、大したことが
なければ良いのですが、かなり心配です。

| | トラックバック (0)

カレッシュ回避

出走予定のカレッシュ、右膝腫れのため回避しました。
ソーサリスも初出走時に口取りの申し込みをしたら回避でしたが、
まさかカレッシュも同様とは…
別状なければいいんですが、早く回復して初出走を期待したいところ。
牝馬限定戦ならまずは京都競馬30日(土)の第3Rくらいが目標でしょうか。


なお、ラフィアン公式サイトによる調教タイム。

マイネカレッシュ
10/10 助手 栗東B 不良 71.5 55.5 40.3 13.2 7分 馬ナリ
・デピュティイモン(新馬)馬ナリの内、同入
10/13 石橋守 栗東CW 稍重 86.0 70.1 55.6 41.7 14.2 7分 馬ナリ一杯
・デピュティイモン(新馬)一杯の外、追走し4Fから併せて0.4秒遅れ

マイネルドミンゴ
10/8 太宰 栗東B 良 85.4 68.4 54.2 40.8 12.7 7分 馬ナリ
10/13 助手 栗東B 良 74.8 57.6 42.3 13.2 8分 馬ナリ

マイネソーサリス
10/10 助手 栗東DW 不良 55.5 40.4 13.5 8分 馬ナリ
・ブラックシープ(古馬500万下)馬ナリの内、追走し3Fから併せて同入
10/13 助手 栗東DW 良 84.2 69.3 55.6 42.5 14.5 8分 馬ナリ
・ブラックシープ(古馬500万下)一杯の内、先行し3Fから付けて首先着

| | トラックバック (0)

カレッシュ初出走か

カレッシュ、16日(土)京都競馬3Rの2歳新馬戦・牝馬限定・芝1400mに
出走登録しました。
騎乗は石橋守騎手の予定。
除外の可能性がありますが、いよいよ初出走が近づいてきました。

| | トラックバック (0)

出走予定

ラフィアン公式サイトによると、ドミンゴは、19日(火)名古屋競馬の
交流競走・マース賞・ダート1900mに出走予定。
また、ソーサリスは、24日(日)京都競馬の芝1600mか福島競馬の
原町特別・牝馬限定・芝1700mに出走予定とのことです。

ドミンゴはまずは地方の交流戦で一叩きしてからのようです。
個人的には地元の園田競馬に走ってほしいんですが。
一方のソーサリスは、地元か遠征しての牝馬限定戦か悩ましいところ。

| | トラックバック (0)

パッサージュ高知出走

パッサージュ、高知競馬で3連闘、今日行われた1Rに出走しました。

レースは園田競馬から移籍後連勝で人気の6号馬が大きく出遅れ。
4、5号馬が先行し、パッサージュは、直線3~4番手から向こう正面3番手を進みます。
この向こう正面から遅れていた6号馬が一気に上位にあがり、最後はゴール前で、
大きく先行していた5号馬を差して優勝。
かなり他馬とはレベルの違う走りでした。
パッサージュはこの6号馬を追走しましたが大きく離され大差の3着に終わりました。

パッサージュはこれで4走連続で3着内。
組み合わせによってはと初勝利を期待したいものです。

| | トラックバック (0)

ザカート入厩など

ラフィアン公式サイトによると、ザカートは今日8日に栗東の野元厩舎に
入厩しました。
息遣いに不安が残るもののまずまず順調にここまで来たように思います。
年内デビューを目指して頑張ってほしいところです。

これで出資馬4頭が入厩し稼動状態に。
毎週出走のようになれば嬉しい悲鳴です。

なお、ラフィアンの第2次募集の前期募集が終了。
よく走ると言われる第2次募集ですが、自家生産馬に興味があるのと
第1次募集で資金が尽きてしまうので入会以来あまり関心がありません。

賛否ある実績優先の申し込みですが、20頭中11頭が満口でうち9頭が
実績1,000ポイント以上となりました。
最高が4,569ポイントでしたが幅広く応募があったのは第1次募集以上。
会員の約半数が募集馬の半分には出資できないというのはおかしいと
思うのですがねえ。

| | トラックバック (0)

調教タイム

ラフィアン公式サイトによる調教タイム。

マイネカレッシュ
10/4 助手 栗東B 稍重 84.4 67.3 53.4 40.1 13.0 5分 馬ナリ
・デピュティイモン(新馬)強目の内、首先着
10/7 助手 栗東CW 良 84.2 67.3 52.9 38.9 14.0 4分 追って一杯
・デピュティイモン(新馬)バテるの内、0.6秒先着

ドミンゴ、ソーサリスともに時計を出していないようです。

| | トラックバック (0)

ドミンゴ間もなく復帰 

公式サイトによると、ドミンゴは13日(水)笠松競馬の交流競走の
白菊特別(ダート1400m)に登録したようです。
補欠とのことですが、回避による繰り上がりがなければ、その週末の
京都競馬に出走ということで、間もなく復帰のようです。

一方のソーサリスはまだ次走は決まっていないようです。

| | トラックバック (0)

パッサージュ近況

ハルウララで混乱の高知競馬。
パッサージュ、ここのところ頑張っています。

前走は9月25日1Rに出走。
先行から、そのまま先頭馬についていき、0.2秒差の2着と健闘。

今日、10月2日5Rに出走。
前走と同様に先行。
3コーナーまでそのまま進み、初勝利を期待したものの、直線で後続の
2頭に抜き去られ、結局3着に。

騎乗が高知のリーディングジョッキーの西川騎手に替わったからか
体調が良いのか、初勝利が近いかもしれません。

| | トラックバック (0)

2歳馬情報

ラフィアン公式サイトによると、ザカートは10月上旬に栗東入厩予定とのこと。
2歳馬では一番の期待馬だけに、順調に年内デビューを目指してほしいものです。
カレッシュも順調に調教を進めており、ドミンゴ、ソーサリスの3歳両馬とともに
デビューが楽しみなこの時期です。

一方で、ストレーガはもたれる癖が一向に治りません。
今日届いたポートレイトではあいかわらず暢気なコメントでしたが、
デビューも無理かもしれません。

| | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »