« 愛知杯口取り写真など | トップページ | ソーサリス優勝写真 »

社台・サンデー出資馬検討

カタログ一式も届き、社台・サンデーの出資馬を検討しました。

まず、募集方法について。
社台・サンデーでは3頭まで順位をつけて申し込み。
後は希望順位ごとに満口になるまで決定していく仕組み。
募集枠40口のうち、実績枠が30口、抽選枠が10口というのは事前に
聞いていましたが、クラブから送付された案内で初めて知ったのは、
応募が40口を超えた場合、まず抽選枠10口の抽選を行い、残り30口を
実績により決定するとのこと。

ということで、抽選での当選の可能性というのは低いことが判明。
極端な話、41口の応募があった場合、実績上位者で30口決めて、
残りで10/11の抽選を行うものと思っていたのが、まず10/41の抽選。
これでは、当選はかなり厳しい。
ネット情報によると、会員番号下一桁の数字の抽選とやらでさらに厳しい。
実績制は過去4年間程度らしいが、新入会の身には実績皆無。
やはりなかなか思った馬には出資できない模様。

そんな中で、気に入った馬を選考。
選考基準はラフィアンでの選択同様、関西入厩馬、自家生産馬、
価格2,000万円以下、牝馬の4点に、出来るだけ評価の高い厩舎に入ること。

まずラフィアンと違って、関西入厩馬は募集馬の半分、牝馬も半分で
選択には困らない。
当然のように良血馬揃いの自家生産馬。
それも父親はサンデーサイレンス系をはじめ名の通った種牡馬ばかり、
母親の繁殖牝馬も国内重賞クラス、海外実績馬ばかり。
そういった意味でやはり価格は他のクラブに比べてはるかに安い。
ラフィアンと比較すると約2~3割は安いように思える。
安い牝馬でも2,000万円も出せば2~3勝は期待できそうな馬が多い。
厩舎は預託予定厩舎が記載されており、あれこれ調べる必要はない。
名の通った厩舎ばかりで、栗東ではあまり知らない厩舎はほとんどない。
ということでさすがは社台・サンデー。

さて、価格を見ながら選択した馬は次のとおり。

■90 ジョリーザザの04(父:ブライアンズタイム)
何とGI馬タイムパラドックスの全妹で2,000万円。
安いなあと思ったら、さすがにネットでいろいろと話題あり。
コメントでは繋の硬いことと活躍は古馬になってからという割引きは
あるものの高い評価。

■167 インフェイヴァーの04(父:フジキセキ)
フジキセキの牝馬ということで選択。
エンドスウィープ産駒の兄姉は米国で活躍馬が多く、仔出しは良好。
写真では牝馬とは思えぬ好馬体で、コメントは極めて高い評価。
こんな馬が1,600万円かと思っていたら、ツアーでも注目とのこと。

■185 ベストダンシングの04(父:ホワイトマズル)
サクラバクシンオー、ホワイトマズルあたりの牝馬から選択した1頭。
ソーサリスと対戦したベストアルバムの妹にあたるので関心。
コメントでもある程度の評価できっちり走ってくれそう。

値段と血統だけで他に関心を持ったところでは、フジキセキ産駒では
エアトゥーレの04が素人目にも好馬体で、コメントも高い評価。
しかし、価格が3,000万円とさすがに高くて予算オーバー。
ビハインドザマスクの04(父:アグネスタキオン)、マルカキャンディ
(父:ホワイトマズル)と母親が重賞馬でも何と価格2,000万円で
食指が動くところ。
他にも気になる馬は多いものの、価格等でキリがない感じ。

3頭申し込みということで希望順位を考えながら申し込むことに。
1位指名をどの馬にするのか悩むところ。
気に入った馬が外れれば出資はしないつもりですがさてさて…

|

« 愛知杯口取り写真など | トップページ | ソーサリス優勝写真 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/4572894

この記事へのトラックバック一覧です: 社台・サンデー出資馬検討:

« 愛知杯口取り写真など | トップページ | ソーサリス優勝写真 »