« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の28件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況。

小倉大賞典に出走予定のソーサリス、状態はピークの一歩手前で
復帰してから数戦しているのでやや控え気味のようです。
明日の最終追い切りでびしっと仕上げてほしいものです。

ザカート、予想通り次走は2月12日(日)小倉競馬の山国川特別・
芝1800mに出走予定。
「一気に2勝目を奪取したいと、陣営のムードも盛り上がっています。」
と前走好走からいきなり気勢があがっています。

カレッシュ、予定通り次走は2月11日(土)京都競馬の牝馬限定・
ダート1800mに出走予定。
「肉体面の充実も著しく…、柔らかい身のこなし。トモの送りも力強く、
状態は高いレベルで安定しています。」と抜群の状態のようです。
付き人氏のプログでも一変し走りも変わったとのこと。
体調さえ整えば今後が楽しみです。

なお、付き人氏のプログ突然閉鎖されてしまいました。
直前気になるやり取りがあったので残念ながらでしょうか…

| | トラックバック (0)

小倉大賞典の展望

ソーサリスが出走登録した小倉大賞典、今日ハンデが発表されました。
メイショウカイドウ59.0をハンデ頭に、アサカディフィート57.5、
ビッグゴールド57.0、ビッグプラネット56.0と続き、ソーサリスは
前走と同じく53.0キロとなりました。
前走に比べて上位陣が強い分やや重いかなという感。

競馬ブック、ギャロップとも鞍上想定は佐藤哲三騎手。
予想の印は競馬ブックは△一つ、ギャロップ×少々と低評価です。
競馬ブックではメイショウカイドウ、ビッグプラネットに続いて
エイシンドーバー、アサカディフィートが評価の高い馬となっています。
いずれにせよ波乱含みの予想で、ソーサリスは強豪の一角を崩して
上位に入ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

ソーサリス出走登録

ソーサリス、予定通り小倉大賞典に出走登録しました。
登録馬は小倉大将のメイショウカイドウ以下27頭。
ソーサリスは賞金順5番目でもちろん出走できます。
先の京都金杯に勝ったビッグプラネットなどが強敵ですが、例によって
今週は情報収集に余念のない一週間となりそうです。

なお、今日は京都競馬で京都牝馬Sが開催され、観戦してきました。
サマンサが岩田騎手騎乗でついに初の重賞制覇。
ソーサリスと同じレースに出ることが多かったので応援していましたが、
来週はソーサリスも続いてほしいものですね。

| | トラックバック (0)

元出資馬情報

中央現役馬の出走が相次ぎ、ネット観戦も少々ご無沙汰の元出資馬、
ドミンゴはここのところ月2走ペースで出走しています。

1月3日 浦和競馬第8R出走 11頭中10着
1月26日 川崎競馬第10R出走 13頭中10着

9月から低迷している出走成績ですが、これで3走連続で二桁着順。
南関東の状況はよくわかりませんが、体調面ともども先行きが心配に
なってきました。

パッサージュはあいかわらずの出走成績です。

1月1日 高知競馬第4R出走 7頭中5着
1月9日 高知競馬第3R出走 8頭中5着

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる3歳出資馬近況。

放牧中のトラヴェル、笹針治療を行ったようですが、回復状況などは
よくわかりません。
大雪のため牧場の方は大変のようです。

出走を回避したタフティ、「じんましんを発症したため、今週の出走を
自重しました。」と出走回避の理由が明らかになりました。
大したことなかったようで、来週2月5日(日)小倉の芝2000mに出走予定。
上手い具合にソーサリスの小倉大賞典の翌日になったので観戦できそうです。

| | トラックバック (0)

タフティ出走回避

出走予定だったタフティ、馬体に異常はないが回避して来週以降とのこと。
出走頭数は11頭と思っていた程の頭数でもなく、何で回避したのか不明。
結局馬三郎メールもなかったので、そもそも本当に出走するつもりが
あったのかもわかりません。
クラブからの情報待ちといったところでしょうか。

ラフィアン公式サイトによる調教タイム。

タフティ
1/25 助手 栗東DW 稍重 83.5 67.9 53.6 39.9 12.7 9分 馬ナリ
・ハッピーバローズ(新馬)強目の外、首先着

カレッシュ
1/20 助手 栗東B 稍重 74.3 58.8 44.2 14.6 5分 馬ナリ
1/25 助手 栗東CW 稍重 82.8 69.1 55.6 42.2 14.4 6分 馬ナリ

ソーサリス
1/22 助手 栗東DW 良 55.5 39.2 12.4 8分 馬ナリ
1/25 助手 栗東DW 稍重 84.3 68.3 54.1 40.2 12.3 8分 馬ナリ
・ナゾヲトクカギ(古馬500万下)強目の内、追走し4Fから併せて同入

| | トラックバック (0)

タフティ出走予定

ラフィアン公式サイトによると、タフティは29日(日)の小倉競馬
第2Rの未勝利戦芝2000mに出走登録しました。
馬三郎メールがないので出走頭数は不明ですが出走できるようです。
なお、騎手は未定。
小倉なので息子に代わって鮫島の親父さんに乗ってくれないかな。
事情はよくわかりませんが、芝で2戦目に挑戦です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況。

小倉大賞典出走予定のソーサリス、予定画通りに調教が進んでいますが、
早くも次々走の予定として3月12日(日)中山競馬の中山牝馬Sを明示。
小倉大賞典、中山牝馬Sと好走、重賞制覇で休養といきたいものです。

前走2着と好結果を残したザカートはレース評価のみ。
ただし「たいへんうれしい変わり身です。」と、陣営側も予想外の
好走だったようです。
おそらく次走は小倉最終週同条件への出走だと思いますが、今後の
予定などは不明です。

最後にカレッシュ、あいかわらずの食欲。
ややのんびりしながらの復調で次走は先になるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

ザカート特別戦で2着!

ザカート、本日行われた小倉競馬第12R遠賀川特別芝1800mに出走しました。

記録的タイムオーバーの復帰戦から凡走続きで早くも赤信号のザカート、
思うように出走もままなりませんが、ようやくの復帰3戦目。
これまで好走を見せてきた小倉1800mだけに、何とか8着内に入って
次走以後に期待をつなぎたいところ。
とは言うものの、私はいつもは買う競馬ブックもこの日は購入せず、
ややあきらモードでのTV観戦。

ザカート、除外も計算に入れて、この日に合わせた調教ではようやく
動きも良化してきたようで、スポーツ新聞の予想では穴狙いの印も。
馬体重は前走比-8キロとかなり絞ってきました。
人気は単勝50.0倍の10番人気と低評価も思っていたよりはまし。

さてレースは、そろったスタートから先行したいザカートでしたが、
つつまれて真ん中辺りに位置取り。
1~2角を周って先頭の16号馬、次の大きな集団から少し離れたところ
全体で10番目辺りに。
向正面でややペースを上げて先行集団にとりついて3~4角へ。
ザカート、ここから内をついて上がっていき、直線で上位勢へ。

TVの前の私はこの時点で掲示板は確実と思いながら画面に注目。
直線、他の馬を一気に交わしていき、先行馬を交わしたサクラランサーには
5馬身と及ばないものの最後は見事2着で入線しました。

負け方によってはと、半ばあきらめながら迎えたレースでしたが、
まさかの2着の好走に、TVを見ていて大感激。
まだまだ今後も頑張ることができそうなのはもちろん、特別戦2着で
逆に次走以降が楽しみになってきました。

なお、馬券は単勝1,2番人気が絡みながら3連複も好配当で、少しは
買っておけばよかったと思っても後悔先に立たず。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況。

BRFに戻ったトラヴェル、腫れの部分は今のところ大事ない模様。
しばらく様子を見ながらの復帰ですが、慎重を期してほしいものです。

タフティ、次走は28日(土)京都の芝2200mか29日(日)小倉の芝2000m。
ダート馬のはずですが、何でわざわざ芝レースに出走するのでしょうか。
このレースを狙う芝特性のある馬が多いように思うのですが…

今日ポートレイトも届きましたが、2歳馬2頭もまずまず。
エルゼビアー04は朝日杯FS2着のスーパーホーネットの近親になるようで
期待度アップ。
ダイイチコパン04は相変らずの内容というか走り書きです(^^;;

| | トラックバック (0)

ミノルタ、カメラ事業撤退

コニカミノルタがカメラ事業から撤退することになりました。

asahi.comより
”コニカミノルタホールディングスは19日、「サクラカラー」の名で知られた写真フィルムなどのフォト事業と「α(アルファ)」シリーズなどのカメラ事業か ら撤退すると発表した。
デジタル一眼レフカメラ事業はソニーに譲渡するが、「ミノルタ」ブランドは消える。
カメラのデジタル化の中で相次ぎ参入してきた家 電メーカーなどとの競争に敗れたためだ。”

私は約20年前にオートフォーカス一眼レフカメラとしてαシリーズを購入して以来、今日までずっとミノルタでしたので、このニュースにはかなりがっくり。
競馬撮影用に中級機まで買っていたのにねえ…

| | トラックバック (0)

ザカート出走確定

ザカート、出走が確定しました。

1月21日(土)小倉競馬 12R 遠賀川特別 芝1800m 野元昭嘉 16頭

ラフィアン公式サイトによる調教タイム。

1/15
助手 栗東CW 不良 45.2 14.2 7分 馬ナリ
1/18
野元 栗東CW 重 84.4 67.5 52.8 38.2 11.6 8分 一杯

過去に好成績を残した小倉芝1800mの出走となりました。
崖っ淵状況下の出走ですが、少しでも好条件での出走となり一安心。
調教はあいかわらずですが、上位に入って今後につなげてほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬収支など

今日、ラフィアン事務局から平成17年12月分の経費と配当の明細が
送付されてきました。
某サイトで計算していたので分かっていたことですが、ソーサリスの
ターコイズS優勝のため、平成17年の年間配当が100万円を超えました。
ソーサリス1頭で3分の2を占めていますが、1年間の配当総額としては
ちょっとした額になりました。
ただし、勢い余って社台にも入会したので経費はそれ以上です(^^;;

私は一口馬主の収支状況を記録していますが、趣味とは言い難い
経費額になってきました。
ソーサリスにもう1つか2つ重賞を勝ってもらわないと、今年の出資は
控えめにしなければならないかな。
ラファインでは3次募集があるようですが、全く関心はありません。

同じく今日、先日のカレッシュの口取り写真が郵送されてきました。
武豊騎手の隣に立った記念写真は一生の宝物級ですね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況。

ソーサリスは、引き続き良好。
「前走では全力を尽くしていないため、消耗した様子は皆無。」と
いうことでやはり本気で走っていなかったようですね。
次走の小倉大賞典では本気で激走してほしいものです。

ザカートは、今週末の出走予定。
「12日(木)の追い切りでは、上々の動きを見せ、終いまで
きっちり伸びました。」ということですが、馬三郎のメールでは相変らず。

カレッシュは、前走激走後の疲労がまだ充分とれていない模様。
「次走については検討中で、メンバーや頭数を見て出馬投票したいと
考えています。」ということで、具体的な目標は明示していません。

| | トラックバック (0)

ザカート出走登録

ザカート、来週末の小倉競馬に出走登録しました。
1月21日(土)の遠賀川特別芝1800mと22日(日)の背振山特別芝2000m。
ともに40数頭の登録で、今回は出走できるんでしょうか。
調教もこれに合わせてきたので、何とか出走してほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる3歳出資馬の近況。

昇級戦を走ったトラヴェルは、予定通り、左前脚をいたわるため、
BRFに戻りました。
最近は戻るとかえって不安視されるBRFですが、少しだけ養生して
さっと復帰してほしいものです。

新馬戦を走ったタフティは間隔を詰めて出走させるとのこと。
連闘ありとも聞いていましたが、今週の出走はなし。
走る気がでるように頑張ってほしいところ。

同じく今週の調教タイム。

ザカート
1/12 助手 栗東CW 良 85.5 68.7 53.5 39.6 12.2 8分 馬ナリ

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況。

京都金杯惨敗のソーサリス、佐藤哲三騎手のレース後コメントが。
「いつもと違うリズムだったのが響いたのかも。」ということで、
やはり距離とペースが合わなかった模様。
次走は予定通り小倉大賞典です。

出走もままならないザカートは、21日(土)か22日(日)に小倉で
芝のレースに出走予定。
何とか体調を整えて、少しでも着順を上げて崖っ淵を回避してほしいもの。

見事に2勝目をあげたカレッシュは競馬場で聞いたコメント通り。
堅実なので次走以降も期待したいところ。
ただ、引き手氏によると、激走がたたって右股関節を痛めた模様。
大事無ければいいのですが…

| | トラックバック (0)

カレッシュ2勝目!

カレッシュ、本日行われた京都競馬第7Rダート1800mに出走しました。

夏の復帰以降、順位を次第に上げてこのクラスでの上位安定勢力に。
11月12日には必勝を期して武豊騎手騎乗も勝ちきれず。
初勝利時同様、一体いつになったらと思っていたところ、仙痛で休養。
熱発もあり体調を崩してしまいましたが、厩舎で立て直して復帰戦へ。
またも武豊騎手騎乗で早速必勝体制。
タフティのデビュー戦と重なりもちろん現地観戦。

パドックでのカレッシュ、何と馬体重460キロで前走比-22キロの大幅減。
体調を崩すも食欲旺盛だったので、馬体重がこんなに減っているとは…
見た目は、毛艶が明らかに悪く、トモのあたりも寂しくなった感。

競馬ブックの予想は各TM◎が多いものの本紙○。
人気は武豊騎手騎乗もあって単勝1番人気。
ただ見ている間に人気が落ちていき、私も不安感で一杯。

さてレース、そろったスタートからカレッシュ、先行して4,5番手に。
8号馬が先頭に立ち、各馬あまり差のない状態でレースは展開。
4角あたりで先行勢4頭がひとかたまりに、カレッシュはその後方に。
直線に入って先行勢がスパート、内を走っていたカレッシュはここで
外に持ち出して一気に上昇、先行勢を次々と抜き差って、最後は
先頭馬をきっちりゴール前で差して見事に優勝しました。

ちょうど初勝利時と同じようなレース展開で、武豊騎手の好騎乗で
勝ちを納めた感。
レース後のコメントでは扱いやすい良い馬とのこと。

さて恒例の口取りは、初勝利時と同じ面子が集合。
京都競馬ではウイナーズサークルまで検量所前で待機。
戻ってきた武豊騎手に感謝。引き手氏にも感謝。
口取り写真を武豊騎手と撮影することができ、ミーハーながら嬉しい限り。

カレッシュ、これで2勝目となり1000万円下へ昇級。
大崩れしない走りだけに今後が楽しみです。
とはいうものの、使い詰めで馬体減もあったので、しばらく休養でしょうか。

私としてはこれでラフィアン入会以来ついに10勝目を達成。
ちょうど70戦10勝で、予想を上回る好成績です。
カレッシュはソーサリスに次ぐ2勝馬。
一口馬主的には1000万下で通用しなくとも夏に降級、また上位安定勢力で
確実に賞金をくわえて来てくれる馬主孝行な馬になりそうです。

| | トラックバック (0)

タフティデビュー戦

タフティ、本日行われた京都競馬第5R新馬戦に出走しました。

タフティはBRFでは肩の出が悪い、蹄の具合が悪いなど馬体面が駄目で
浦和に滞在して休養、肝心の走りは動かずで、これはデビューも無理かと
あきらめていたところ、何とか調子が上がって入厩。
厩舎での調教時計もまずまずでようやく新馬戦を迎えることができました。
まずはきちんと競馬をしてくれることを願って現地で新馬戦観戦。

パドックで初めてお目にかかったタフティ、馬体重は484キロで
思っていた以上の大きな馬体。
見た目はやや緩い感もあるもののなかなかの好馬体。
ラフィアンスタッフ氏のお話し通り、ドングリ眼でやたらと大きな瞳。

競馬ブックの予想ではいくつか印がついて本紙△。
グリーンチャンネル解説でも良い馬体ということで推奨馬に。
人気も単勝6番人気で、予想以上の好評価。

さてレース、そろったスタートからタフティは先頭から6,7番手に。
ほぼそのままの位置取りでレースは展開。
4角を周って各馬は縦長の状態に。
直線に入って先頭馬以下差がつき、最後は各馬さらに差が開いて
パラパラとゴール。
タフティは結局終始真ん中あたりのままで入線、6着に終わりました。

先頭から2.7秒差と大きな差がついてしまいましたが、それでも6着。
新馬戦太め感のある状態での出走でしたので、叩いて次走以降に
期待でしょうか。

レース後、ラフィアンスタッフ氏に状態を尋ねると、やはり幼いとのこと。
次走連闘もありで、どんどん使っていくようです。
真歌で走らない馬ワースト3の馬だったようですが、何とかなるでしょうか。

| | トラックバック (0)

2歳出資馬近況

2歳出資馬の近況がそれぞれの公式サイトで更新されていました。

ラフィアンでは、エルゼビアー04は坂路調教、特に何もない状態。
馬体重444キロとは思っていたほどには大きくないようです。

ダイイチコパン04も坂路調教、随分と気性面がましになってきたようですが、
縦列調教中に以前ほどバカ付かなくなりましたとは、どんな状態?

サンデーのポップス04も、坂路調教。
記載内容がラフィアンと違って細かいのですが順調のようです。
「もともとバランスの良い馬体ですが、さらにまとまって見栄えする、
良い雰囲気になってきました。」ということで現時点では嬉しいコメント。

| | トラックバック (0)

トラヴェル昇級初戦出走

トラヴェル、本日行われた京都競馬第6Rダート1800mに出走しました。

デビュー以来3走目で勝ち上がっての昇級初戦。
前走が強い勝ち方だったので、このレースでも期待したいところ。
ということで、もちろん現地観戦へ。

出走頭数10頭と比較的少頭数であまり強そうな馬もいないため、
最低でも掲示板は確保したいところ。
競馬ブックの予想では印が割れた中で本紙△。
人気は単勝4番人気とまずまず。
なお、鞍上はイタリアから初来日のモンテリーゾ騎手で、どんな
騎乗なのかさっぱりわからず。

パドックのトラヴェルは馬体重470キロと前走と変わらず。
パドックを見るのは新馬戦以来まだ2度目ですが、立派な馬体も
トモの辺りが緩い感じで見た目は体重より太め感。

さてレース、トラヴェルはゆったりしたスタートでまたも出遅れ。
しかしすぐに前に行って、全体で5、6番手につけます。
そのまま1~2角を周って向正面、6番手でレースを進めます。
3~4角周って直線勝負、先行する10号馬に変わって1号馬、3号馬が
抜け出し、これをトラヴェルは追って上がりますが、前には及ばず
最終3着でゴール。
昇級初戦はまずまずの結果に終わりました。

レース後、事務局スタッフ氏にレースコメントを聞くと、やはり
まだまだ子供で、ハミも取ったり取らなかったりだったとのこと。
今後は、左前脚の腫れもあったので一旦休養させるようです。

まだまだ子供でレースにならなかったようですが、それで3着とは
ある程度の実力はあるようです。
一旦立て直して復帰を楽しみしたいところです。

なお、この日は第4R未勝利戦でオレアが優勝。
お仲間の出資馬なので応援単勝馬券を買ったらこれが好配当で的中。
綺麗な馬で今後が楽しみです。

| | トラックバック (1)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる今週末出走の3歳馬近況。

トラヴェル、「前走が強い内容だっただけに、昇級戦となるここでも
期待は大きくふくらみます。」ということで明日のレースが楽しみです。

タフティは「着実にタイムを短縮しており、レースが楽しみです。」
ということで少しは期待できるようです。

同じく公式サイトによる調教タイム。

タフティ
1/4 助手 栗東DW 良 82.8 67.2 53.0 39.7 12.9 8分 一杯
・ナスカ(新馬)一杯の内、0.1秒遅れ

トラヴェル
1/4 助手 栗東坂路 良 54.5 39.7 25.8 12.7 稍一杯
・ラブメッセンジャー(3歳未勝利)一杯に首先着

カレッシュ
1/5 助手 栗東CW 良 80.3 65.7 52.4 39.4 13.3 8分 叩き一杯

| | トラックバック (0)

タフティデビュー決定

ソーサリス惨敗でがっくりのなか、今週末の出走が確定しました。

■トラヴェル
京都競馬 7日(土)6R 3歳500万下 ダ1800m 10頭 M.モンテリーゾ 

■タフティ
京都競馬 9日(祝)5R 3歳新馬 ダ1800m 11頭 鮫島良太

■カレッシュ
京都競馬 9日(祝)7R 4歳以上500万下 牝 ダ1800m 14頭 武豊 

トラヴェルは想定通り。
中2週同条件で昇級戦に挑みます。
比較的小頭数だけに期待のかかるところですが、モンテリーゾって何者?

カレッシュも想定通り。
必勝体勢で出走してから2か月振り同条件の出走。
何とまたしても鞍上武豊騎手で、久々とはいえ調教もまずまずで
次走も必勝を期しての出走となりました。

最後にタフティは想定から1週早めてのデビュー戦。
比較的小頭数であまり相手も強そうでないための出走と思われます。
BRFではさっぱりでしたが、調教は意外といい模様。
鞍上は2年目の鮫島良太騎手で、ちょっとがっかり(^^;;

| | トラックバック (0)

ソーサリス京都金杯出走結果

ソーサリス、本日行われた京都競馬第11R京都金杯(GIII)に出走しました。

ターコイズS優勝から1か月、5歳となったソーサリスの今年を占うレース。
久々の1600mの重賞レースということで、やや距離が短い感も。
ここで勝ち負けするようなら、新設GIヴィクトリアマイルへの挑戦も
という狙いでしょうか。

久々の地元出走ということで私は仕事を休んで現地観戦に。
競馬を始めてから中央の年始開催観戦は初めて。
場内のかなりの混雑振りには驚きました。
スーツ姿のグループが結構目についたような気がします(笑)

ソーサリス、馬体重は474キロで前走比+4キロ。
馬体は競馬ブックの写真同様に綺麗な馬体で良い感触。
パドックで首を上げ下げするなど少々うるさいところも。

競馬ブックをはじめ予想印が薄く、人気は単勝30.4倍の13番人気と
人気はあまりありません。

さて、雪がちらつくなか行われたレース、揃ったスタートからソーサリス、
押してやや前方に。向正面では前から6~7番手に位置取り。
3~4角を周って各馬スパート、ソーサリスはここで他の馬についていけず、
後方に下がってしまい、最後は僚馬ハーティと並んで14着で入線。
府中牝馬Sと同様、全く見せ場のないままレースを終えました。

調教の調子自体は良かったので、さすがに中央メイン重賞だけに
相手が強かったか、やはり距離が短かったかなあというのが敗因か。

当初、金杯でも距離からは中山金杯の方かと思いましたが、これは
言っても仕方ないことか。
ほとんど収穫のないレースでしたが、予定通り次走が小倉大賞典なら
今度は適性距離なので何とか好走を見せてほしものです。

| | トラックバック (0)

ソーサリス明日出走

新年幕開けの第一戦、いよいよソーサリスが明日京都金杯に出走します。

競馬ブックを購入すると第一面に予想。
これまで愛知杯、府中牝馬S、福島記念と重賞に出走してきましたが、
全てGIレースの裏開催。
中山金杯との同時開催とはいえ初めてのメイン重賞出走です。

さて肝心の予想ですが、ソーサリスは一つ▲と△の間があるだけの人気薄。
本命はオレハマッテルゼですが、かなり予想が割れて「高配含み」。
ざっと見た他のスポーツ新聞でも予想は割れ、ソーサリスは穴馬扱い。

サンスポの佐々木師の追ってひとこと。
「年末に一杯にやってあるから軽めで十分。冬場に強い馬だが、
今度はマイルに短縮して牡馬が相手だからね。次に予定している
小倉大賞典につながる競馬を見せてほしいね」
いつの間にか小倉大賞典が目標レースになっているのが気になりますね。
調子自体はいいのですが、やはり距離が短いようです。

明日、私は現地にて観戦予定。
何とか好走、3着内に入って、賞金と馬券配当を願いたいものですね。

| | トラックバック (0)

ソーサリス出走確定

ソーサリス、出走が確定しました。

京都競馬 5日(木)11R 京都金杯 GIII 芝1600m 16頭

騎乗は想定通り佐藤哲三騎手。
他の出走馬は重賞ウイナが揃い厳しい相手ばかりですが、好調の
ソーサリスだけに好走を期待したいところです。

ラフィアン公式サイトによる調教タイム。

■ソーサリス
12/25 助手 栗東DW 良 52.6 38.0 13.1 9分 強目
12/28 助手 栗東DW 良 75.8 60.1 45.8 14.6 8分 馬ナリ
12/31 助手 栗東DW 良 64.9 51.4 38.4 12.4 8分 一杯

■カレッシュ
12/25 助手 栗東坂路 良 56.3 41.1 27.4 14.0 馬ナリ
12/29 助手 栗東B 良 85.2 68.0 52.4 38.5 11.9 6分 馬ナリ
・テイエムサッカー(古馬500万下)叩き一杯の内、同入

■タフティ
12/25 助手 栗東DW 良 55.4 39.5 13.4 9分 馬ナリ
・ハッピーバローズ(新馬)直強目の外、同入
12/28 助手 栗東DW 良 83.8 68.5 53.6 39.7 12.9 8分 叩き一杯
・ウインリゲル(古馬1000万下)馬ナリの内、先行し3Fから付けて1.0秒先着

■トラヴェル
12/29 助手 栗東B 良 82.1 66.7 52.5 39.3 12.7 7分 馬ナリ
・ダイショウリュウ(古馬500万下)馬ナリの内、追走し5Fから併せて同入

| | トラックバック (0)

園田競馬

今日は正月恒例の重賞、新春賞観戦のため園田競馬へ。

新春賞は今年で8歳となったロードバクシンが優勝。
 これで通算30勝目、重賞10勝目ということで、内弁慶も古豪はまだまだ健在。
ただ、岩田騎手騎乗での重賞制覇の姿を見るのはこれで最後か…
また、園田アラブの雄サンバコールの弟コルレオーネが競り合い2着。
今年4歳になったところで今後が楽しみです。

競馬観戦後、恒例となった園田競馬新年オフ会に参加。
今年で始めてから8年目だそうで、長いつきあいを実感。

| | トラックバック (0)

謹賀新年

新年も明け、正月ということで、今年の展望というか希望を。

明け5歳となったソーサリスはさらに飛躍を期待。
今年一年はコンスタントに重賞戦線を走り、ヴィクトリアマイルか
エリザベス女王杯のGIレースに出走してくれることを期待。
牝馬重賞クラスなら確実に掲示板入りをして、もう一つくらい重賞を
勝ってくれると嬉しいのですが。

明け4歳のカレッシュは2勝目までもう一息。
一休みしたので体調を整え、早いうちに2勝目を上げてほしいところ。
その後も元気に走り、確実に掲示板入りをしてくれることを期待。
自力があるので降級後の3勝目もあるかもしれません。

同じく4歳のザカートは目下崖っ淵状態。
何とか立て直してほしいところですが…

明け3歳のトラヴェルはこの7日に昇級戦。
この時期に勝ってくれた出資馬は初めてですので、早い時期に2勝目を
上げてくれることを期待します。
クラシックと高望みしませんが、3歳重賞くらいには出走してほしいところ。
ダートだったら、兵庫CSでも出走してくれないかなあ。

同じくタフティはこの15日に出走。
兄姉は地方とはいえ好成績をあげているので、ダートで活躍を期待。
とはいうものの、故障気味のところがあるので、元気に新馬戦を迎えて、
大きな関門の1勝目が目標でしょうか。

明け2歳勢は現時点ではさっぱりわかりませんが、ダイイチコパンと
ポップスの牝馬2頭は早期デビューといきたいところです。
高額馬のエルゼビアーは来年かな(笑)

| | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »