« 税務問題 | トップページ | 出資馬近況 »

トラヴェル昇級初戦は9着

トラヴェル、本日行われた阪神競馬第10R梅田ステークスに出走しました。

前走、殿から一気の脚を見せて、1000万円下条件戦を勝ち上がり。
今日は準オープンでの昇級初戦、調教での動きは好調を持続、このクラスでいけるところをみせてほしいところ。
私は桜花賞開催というので、もちろん現地で観戦。

パドックは桜花賞前の準メインレースというのでかなりの混雑。
その中での周回開始、トラヴェルの馬体重は前走比ー4キロ、見たところは落ち着いた感じで、好馬体を維持。もっともこのクラスでは各馬とも充分な出来。

競馬ブックでの予想は調教での動きを評価しながらも全くの無印。
グリーンチャンネルの解説では推奨馬の一番手に。
人気はパドック開始時は単勝7倍台の3番人気の高評価にびっくり。
しかし、次第に落ち着いてきて最後は単勝14.0倍の7番人気に。

さてレース、そろったスタートからトラヴェル控えて中団後方に。
1~2角あたりでは最後から3番目まで下がって通過。
向正面もそのままの位置取り変わらず、3~4角でトラヴェルは外から上がっていき直線へ。
直線では各馬激しい追い比べ、中団から6号馬ワンダースピードが抜け出してレコードタイムで優勝。
トラヴェルはこの争いについていけず、やや順位は上げたものの9着で入線。

トラヴェル、前走程の脚をみせることができず、残念な結果に終わってしまいました。
次走も出走が難しいところですが、動き自体はいいので、このまま休養させずに走らせるでしょうか。

|

« 税務問題 | トップページ | 出資馬近況 »

マイネルトラヴェル」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/14608023

この記事へのトラックバック一覧です: トラヴェル昇級初戦は9着:

« 税務問題 | トップページ | 出資馬近況 »