« 特別競走出走登録 | トップページ | サンデー出資馬近況 »

社台・サンデーとラフィアンで募集価格発表

社台・サンデー、ラフィアンの両クラブで募集馬の価格が発表されました。
ラフィアンの例年にない早い時期の発表は、社台・サンデーを完全に意識してますね。
両クラブとも税金問題の最終決着が公表されていない中での価格の発表で、某有名BBSでもこれに対する不満、全体に価格が高いとの不満が多いようです。

まず、社台・サンデーですが、やはり高馬がとんでもなく高い感。
ダンスインザダーク産駒が一気に下がったものの、キングカメハメハでロゼカラーが1億2千万と、サンデーサイレンスでもこんな価格だったかなあとあきれるほどの高レベル。
種牡馬が替わっても同じような価格で募集するとはねえ…
また、活躍馬の弟・妹もご多分に漏れず高価格で、牝馬でも重賞馬の下なら3000万円クラス。2~3年前は2000万円台前半だったはずですが。
なお、牡馬とはいえポップス(父クロフネ)で6000万円には笑わざるを得ないですね。

そんな中、チャペルコンサート(父ブライアンズタイム)が2000万円と思っていたほどではない価格で、その他に6勝馬のアルビレオの下のスワンプリンセス(父ダンスインザダーク)も1400万円と、この辺りはさすがに他クラブに比べると安い感じがします。

後は厩舎とカタログ発表ですが、さてどうしたものでしょうか。
…今年は社台・サンデーは出資しないはずでは(笑)

次に、ラフィアンですが、募集価格とあわせて東西振り分けも発表。
美浦入厩馬ばかりなのは、やはり変わりませんでした。

募集価格は、牡馬で3000万円超の馬が少ない一方で、2000万円台の馬がやや多く、社台・サンデーの募集価格を見た後では割高感があります。
牝馬ではなおさらで、聞いたこともないような産駒の牝馬が1000万円台ではねえ…
コスモフォーチュンの全妹のグレースマリヤが2000万円とはましでしょうか。

東西振り分けも発表されたところで、ぼとぼちと出資馬を考えていきたいと思います。

|

« 特別競走出走登録 | トップページ | サンデー出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/15076636

この記事へのトラックバック一覧です: 社台・サンデーとラフィアンで募集価格発表:

« 特別競走出走登録 | トップページ | サンデー出資馬近況 »