« ソシオ、インティマ出走確定 | トップページ | ソシオ復帰初戦は最下位 »

2,3歳出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる2,3歳出資馬の近況です。

◆ラロンハ
20日(日)、栗東からビッグレッドファーム明和に移動しました。23日(水)、静内のメディカルセンターで骨片を摘出する手術を行い、無事に終了。骨片 はきれいに飛んでおり、比較的簡単な手術でした。現在は保護用のバンテージを巻いて、パドック放牧で管理されています。担当のスタッフは「暴れることはな いし、おとなしい」と語っていました。

全くもって残念な故障発生でしたが、無事に手術を終えたようです。
まずはあせらずに治療に専念ですね。

◆ソシオ
27日(日)、京都5R・牝馬限定・芝1600mに出走します。予定どおりに先週末にさっと流し、今週は坂路で追い切られました。気を抜かせないように併 せ馬で、タイムは55秒。手応えほどの伸びがなかったのは、同馬の脚質です。岡田調教師は「以前よりしっかりしてきたように感じる」と帰厩後の印象を語っ ていました。前走2着の馬が3頭と、メンバーは決して楽ではありませんが、上位争いを期待しています。

小休養を挟んで、いよいよ復帰戦です。
超良血の成績が良い馬が揃っていますが、互角に戦えるところを見せてほしいですね。

◆マイネアレグリアの06
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。Mアクティースの06と同様、併走調教 の繰り返しによって行き脚がつきやすくなったものの、まだスピード感が不十分。ドスドス音が聞こえてきそうな重さです。450キロながら丸っこく見える馬 体。これなら細化の心配がなく、鍛えていくには好都合です。

◆ザナックの06
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動を行いながら、夕方前まで放牧する管理を続けています。軽快 なスピードが持ち味です。しかし、それを存分に生かすだけの馬力がありません。今後の成長がポイントでしょう。スタッフは「これでも以前に比べれば馬体が しっかりしてきている。馴致の頃はいまより頼りなかった」と述べています。

◆マイネノエルの06
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。Mラヴ産駒にありがちな硬さがなく、将来の 活躍の場がスプリント戦一辺倒ではない印象。牝馬にしては馬体にボリュームがあり(461キロ)、細化に気を遣わず、しっかり乗り込めそうなところもこの 馬の良さです。負荷のかかる調教においてもまっすぐ走れる体力が付きました。

|

« ソシオ、インティマ出走確定 | トップページ | ソシオ復帰初戦は最下位 »

マイネソシオ」カテゴリの記事

マイネラロンハ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/17838963

この記事へのトラックバック一覧です: 2,3歳出資馬近況:

« ソシオ、インティマ出走確定 | トップページ | ソシオ復帰初戦は最下位 »