« 出資馬近況 | トップページ | 出走登録情報など »

ラフィアン請求及び支払い明細書

ラフィアンから経費の請求及び賞金の支払いの明細書が送付されてきました。

今月から新税務処理による明細書となっており、既に受け取った会員さんの書き込みで、昨日の一口馬主BBS等では話題沸騰だったのですが、実際に受け取ってみて一言。
…見づらい。

細かい内訳は後述するとして、縦長の用紙に、4項目に分かれて、支払い金額の明細が表示されています。
つまり出走レース、馬ごとに4段にぶつ切りされた明細となっており、わずか4レース出走だけでも見づらいことこのうえありません。
何頭も出走している会員さんの明細書では訳がわからないでしょうね。

内訳の方は、新税務処理に伴い、トラヴェルのように入着して賞金が少し多かった馬は、例の源泉徴収が2重にかかり支払い額が減額されています。
年度末に精算されるのですが、毎月の配当は大幅に減額される訳です。
なお、出資返戻金上限、すなわち原価相当分の計算式はいきなり金額表示なので、金額の確認のしようがありません。

私はある程度理解してきたつもりなのですが、新税務処理方法自体がよくわかっていない会員さんにとって、これではより一層ついていけないでしょうね。

さて本題、私の場合は、内訳を見ても特に問題ないようですが、一口馬主BBS等の書き込みによると、引退馬の売却代金が支払われなかったり、既に引退した馬の維持費が請求されたりと事務処理に相当混乱が生じているようです。
先月は2歳馬の維持費が全て請求漏れで、今月がこれでは、事務処理体制が杜撰としかいいようがないですね。

公式サイトではシステムトラブルが原因と説明していますが、システムトラブルではなく、そもそもちゃんとしたシステムが作られていないのではないでしょうか。
私はこの種の仕事に関わったことありますが、事務方の検証ができていないんでしょうね。
ひょっとしたらまともに仕様も出せていないのかもしれません。

システムの検証もロクにしないまま、いきなり本番稼働して、成果品も検証せずに処理を回したとしか思えません。
これは、ファンド会社としてはもちろん、まともな会社のすることではありません。
仲良しクラブ的体質もあって、以前から思っていたのですが、一口馬主クラブは、元をたどれば文字通りただの共有馬主会ですから、ファンクラブ、同人会レベルなのかもしれませんね。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出走登録情報など »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/40202018

この記事へのトラックバック一覧です: ラフィアン請求及び支払い明細書:

« 出資馬近況 | トップページ | 出走登録情報など »