« ラフィアンホームページリニューアル | トップページ | 出資馬近況 »

ラフィアン募集馬価格・東西振分発表

ラフィアンからようやくというか今年度の募集馬の募集価格と東西振り分けが発表されました。

異例の早い時期だった昨年とは比べるまでもなく、例年よりも発表が遅くなったことについては疑問の一言。
カタログも見ないで早く知ってどうするんだいという人もいるかもしれませんが、検討時間が長いとそれなりに楽しめますからね。
そして、価格以上に私にとって重要なのは東西振り分け。
そう、私は基本的には関西入厩馬しか出資しませんから。

ということで、今年の募集馬の内容。
募集頭数55頭、内訳は牡馬34頭、牝馬21頭、東西では関東馬34頭、関西馬21頭。
例年より牝馬、関西馬がやや多めで、牝馬・関西馬は8頭とかなり多い。

価格は驚いたことに6千万1頭、3千万3頭とやたら高い1頭を除いて高額馬がいません。
そしてもっと驚いたことは6千万馬にあるはずの400口印、3千万馬に200口印がありません。
何と今年は全て100口募集とのこと。
どうやら今後は、100口=ラフィアン、200口・400口=セゾンと差別化を図りそう。

事前検討と今日の発表からざっとコメントを。

出資馬の初産駒で関心があったストレーガ(父スパイキュール)11万、カレッシュ(アグネスデジタル)14万と予想より安かったものの、関東入厩ということで、残念ながら見送り。
昨年出資したザナック(父ロージズインメイ)、ノエル(父アドマイヤマックス)もともに関東入厩ということで、さらに見送りで落胆。

ローズインメイ産駒では、兄2頭が重賞馬となったダイイチアピールが今年の目玉。これが6千万の馬で、これでは高すぎて手が出ません。
ヌーヴェル、ノーチェリンダは牝馬にもかかわらず3千万とこれまた高い。せいぜい2千万半ばかと思っていましたが…
一方で、ほとんどの馬は予想以上に安く、牡馬でも1千万台後半、牝馬はもちろんさらに安い。
コスモマーベラスの妹のロモーラが15万とは最初200口かと思ったほど。
何やら全体的に割安感で、人気しそうな一部の馬がとんでもなく高いという価格設定。

今のところ、関西入厩馬で関心のあるものは、牡馬でコスモキャンドル(父マイネルラヴ)、コスモバレンシア(父アドマイヤマックス)、牝馬でグリークシアター、アモーレ、ロモーラ(いずれも父ローズインメイ)くらいでしょうか。

後は6月25日頃に到着というカタログを見ての検討です。
これって牧場ツアー直前で、例年に比べて10日ほど遅いんですね。
やっぱり今年は牧場ツアーに行くので社台・サンデー本命でしょうか。

|

« ラフィアンホームページリニューアル | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/41428206

この記事へのトラックバック一覧です: ラフィアン募集馬価格・東西振分発表:

« ラフィアンホームページリニューアル | トップページ | 出資馬近況 »