« チャペル3走目 | トップページ | カリナン新馬戦は殿負け »

ソシオ復帰戦好走

ソシオ、本日の札幌競馬第12R芝2600mの500万条件戦に出走しました。

5月末の12走目でようやく勝ちあがって休養に入ったソシオ、わずか3か月開けて復帰初戦・昇級初戦を迎えることに。
BRFでは馬体も充分に回復しておらず、心配なところ。
さらに距離も初体験の2600mで、結局合わなかった姉のインティマ同様に不安一杯。
今日は無事に周ってくれればというところで、自宅で観戦。

パドックのソシオ、馬体重は休養したにも関わらず前走と変わらぬ416キロと細い馬体。
例によって最後尾での周回で、やや落ち着きを欠く感。
1馬の予想では本紙△と意外な好評価。
人気は分れて単勝23.2倍の10番人気と順位的には低人気。

さてレース、スタートから3号馬と9号馬の2頭が先行、ソシオはこれを追って前から5、6番手あたりにつけます。
2600mの長距離レース、2頭が引っ張る展開で正面、さらに向正面を通過。
3角に入ったところで先行の9号馬が脱落、ここで上位勢の差が一気に縮まります。
3~4角を周って、本命の1号馬アメジストリングがあっさり先頭に立ちます。
直線で1号馬がそのまま後続勢を引き離して優勝、後続勢からソシオが間を割って追い上げ、2着で入線しました。

先に書いたように、馬体回復もしていない中での休み明けの昇級初戦だけに、あまり期待していなかったので、直線で良く追い上げての2着の好走に正直なところびっくり。
昨夏に札幌でデビューし、好成績を残していたので、夏競馬、札幌の芝などが合っているのかもしれません。
何はともあれ、このクラスでも充分にやっていけそうな見込みで今後が楽しみになりました。
滞在競馬でゆっくり馬体を休めて次走に臨んでほしいですね。

なお、今日のレースで獲得賞金が募集価格1400万円を越え、私の出資馬としてアンソロジーに続いて6頭目の募集価格越えの目標をクリアしました。
また、今日は札幌競馬のため、クラブ公式サイトによる騎手コメントはありません。
こういう嬉しい時に近況報告が来週金曜日というのはやっぱりひどい話ですね。

|

« チャペル3走目 | トップページ | カリナン新馬戦は殿負け »

マイネソシオ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/42253158

この記事へのトラックバック一覧です: ソシオ復帰戦好走:

« チャペル3走目 | トップページ | カリナン新馬戦は殿負け »