« ソシオ復帰戦好走 | トップページ | トラヴェル復帰戦 »

カリナン新馬戦は殿負け

カリナン、本日の小倉競馬第4R芝1200m新馬戦に出走しました。

これまでBRFでは特に良くも悪くもない状態でやってきたカリナン、入厩してからは大幅な馬体減、スクミと多難な状態でしたが、ようやくのデビュー戦。
私の2歳出資馬としてはチャペルに続いて2頭目のデビューを迎えます。
新馬戦なので小倉出走とはいえ現地観戦したいところでしたが、休日出勤のため、帰宅後にグリーンチャンネルで観戦。

パドックのカリナン、馬体重は404キロとかなり細目の馬体。
入厩して10キロ以上減ったということでしたが、それ以上に減ったようで細い馬体に不安一杯。
ただし、テレビ解説では仕上がっている馬体とのこと。
1馬の予想では本紙無印のものの、△を打っているTMも。
さすがに人気はあまりなく単勝57.6倍の11番人気。

さてレース、カリナンはゲートまずまずでしたが、全く加速がつかず、ずるずると後退、出遅れた2号馬と並んで最後方に沈みます。
向正面、縦長の展開となりますが、カリナンは後方のまま変わらず。
3~4角を周って2号馬にも抜かれ最下位となり、そのままゴール、新馬戦からまさかの殿負けとなりました。

馬三郎から届いたレース結果メールに目が点になり、レース録画を見ましたが、映像ではほとんど姿が映らず、どんな様子だったのかはわかりませんが、スタートから行き脚がなく、その後の脚もなく、いわゆる競馬になっていなかったというところでしょうか。
私の出資馬としてはこれで16頭目のデビューですが、パッサージュ、ラロンハに続く3頭目の二桁着順、最下位はもちろん初めてで前途多難なデビューとなりました。

最後に、ラフィアン公式サイトによる騎手コメントです。
要するにスタート直後に動かなくなったようです。

石橋守騎手「ゲートの中ではおとなしかったが、スタートしてから隣の馬に驚いてブレーキをかけてしまった。気合いをつけてもトモがついていかず、これからという感じ」

|

« ソシオ復帰戦好走 | トップページ | トラヴェル復帰戦 »

マイネカリナン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/42287056

この記事へのトラックバック一覧です: カリナン新馬戦は殿負け:

« ソシオ復帰戦好走 | トップページ | トラヴェル復帰戦 »