« 疲労困憊^2 | トップページ | 薔薇乙女散る »

カリナン2戦目も殿負け

カリナン、7日(日)の小倉競馬第1R2歳未勝利戦芝1200mに出走しました。

新馬戦でまさかの殿負けとなったカリナン、調教でも全く動かず、2戦目で早くも正念場に。
この日は10頭だての少頭数レースとはいえ、前走までに入着した馬がほとんどで、何とかついていってほしいところ。
ここで駄目なら牧場で出直し、さらに早期引退も充分に考えられる状態。

私は、新馬戦を見に行くことができなかったので、出資馬である以上は出走レースを生観戦しておきたかったこと、またここで駄目ならと見納め覚悟で小倉競馬まで観戦に。

まずパドック、競走馬となって初めて会ったカリナンは小さめのほっそりした馬体で、馬体重は404キロで前走変わらず。大人しいというか、あまり覇気のない感じで周回。
専門紙の競馬ブックの予想はもちろん全くの無印、人気は単勝万馬券の181.5倍の最低人気。

さてレース、カリナンはまずまずのゲート出でしたが、行き脚がなくあっという間にずるずると後退、最後方まで下がってしまいます。
向正面、集団から大きく離された2号馬からさらに離された状態でレース進行。
3~4角を周って、集団についていけない2号馬にも全くついていけず差が広がる一方。
最終的に、8着馬から大差の2号馬にさらに遅れること8馬身差、優勝馬からは何と5.5秒も離されたタイムオーバーの殿負けとなりました。

前走と同様に行き脚がなく、競馬になっていませんでした。
牧場では可もなく不可もなくとはいえ順調だったはずですが、入厩してからというもの大幅な馬体減などうまくいかず、レースでは惨敗続き。
身体能力も甚だ疑問ですが、それ以上に精神面に問題があるようです。
牧場に戻して立て直しも難しいのではないかと思われ、早期引退も考えられる状況になりました。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメントです。
田中克典騎手「この馬なりには頑張っているが、まだ体力不足。」

|

« 疲労困憊^2 | トップページ | 薔薇乙女散る »

マイネカリナン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/42440552

この記事へのトラックバック一覧です: カリナン2戦目も殿負け:

« 疲労困憊^2 | トップページ | 薔薇乙女散る »