« 北海道2日目 | トップページ | 北海道3日目 »

アンソロジー2年振りの勝利!

アンソロジー、21日(日)の札幌競馬第10R礼文特別芝1200mに出走しました。

夏開催の函館競馬から札幌競馬で4走し、全走入着、それも2着2回、3着1回、5着1回と好成績をあげて完全復活のアンソロジー、その夏開催も終わり、これで一旦休養に入るということで、ここで何とか勝っておきたいところ。
私は休暇をとって牧場見学と観光中心の北海道遠征中でしたが、もちろん行程をかえてレース観戦に。

まずパドック、アンソロジーと対面するのは3月の中京競馬以来半年振りで、元々休んでばかりの馬なので、随分とご無沙汰の感。
久々のアンソロジーは変な色のメンコを被って、引き手さんも違い、以前とは様子が違う。
それもそのはずで、馬体重は前走比+2キロの446キロと連戦なのに馬体増、以前と違ってふっくらした感。

前走以上に弱面子相手のレース、強敵は2号馬ライトグローリーあたりで、予想は競馬ブックでは本紙○も、馬三郎等では本命◎。
これを受けて人気は当然のように一番人気で、単勝2.4倍の高人気。

さてレース、そろったスタートから2号馬と14号馬が先行、アンソロジーも好スタートから集団前方あたりでこれを追走する展開に。
やや集団かたまった感じでレースは展開、3~4角へ入りますが、アンソロジーは前がつまったような感じでコーナーを周ります。
直線に入って先頭の2号馬が逃げ切ろうとしたころ、アンソロジーが集団の間を割って一気に伸び、ゴール前できっちり捉えて、見事に優勝しました。

この夏の出走全般に見られる好位置からの直線の伸び脚が今日はこれまでになく発揮、見事な差し切りでの優勝でした。
元々期待の馬で、2歳6月のデビュー戦で2着、2走目で勝ちあがった時は、その後の活躍が大いに期待されたのですが、体質が弱いこともあってなかなか出走できず、成績も今一つに。
早熟のサクラバクシンオー産駒だけにこれで終わりかと思った頃もありましたが、この夏に復活、2年振りの勝利をあげることができました。

札幌で2勝目のアンソロジー、その2勝とも立ち会えるのは出資会員冥利につきますが、口取りでは同じく関西からやってきた方と参加、共に遠路からの観戦で口取りできて嬉しい限り。
加えてこの日は特別戦なので表彰式があったのですが、会員さんでどうぞということで、私が馬主として表彰台に上がることができました。
こういうこともたまにあるとは聞いていましたが、またまた会員冥利につきて嬉しい限りです。
表彰式を見るためにクラブからのレース優勝記念ビデオでも買いましょうかね。

勝ったアンソロジーは、中尾師の話しでは予定通りこのまま休養、さらに来年の夏を目指しますということでした。
これで付加賞金を含めて賞金3千万円も突破、孝行娘になってくれそうで、今後がまた楽しみです。

フロイラインローゼのまさかの未勝利引退、カリナンの早期引退など、苦戦続きで連敗街道まっしぐらでしたが、その鬱憤を晴らすような今日のアンソロジーの快勝でした。

|

« 北海道2日目 | トップページ | 北海道3日目 »

アンソロジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/42552918

この記事へのトラックバック一覧です: アンソロジー2年振りの勝利!:

« 北海道2日目 | トップページ | 北海道3日目 »