« 出資馬近況 | トップページ | 阪神JF »

ラロンハ復帰戦

ラロンハ、本日の阪神競馬第7Rダート1400mに出走しました。

衝撃のレコード勝ち後に骨折休養、そして夏の小倉での復帰戦後に骨膜で休養と出走がままならないラロンハ、BRFではちぐはくな感じが否めませんでしたが、ようやく復帰となり、4か月振りの出走を迎えることができました。
故障はちゃんと治っているのか、入厩前後急仕上げでしたので調子は戻っているのか、等々の不安を抱えての復帰戦だけにまずは無事に周って、調子が戻っていれば勝ち負けを期待したいところ。
私は地元阪神出走ということで、久々に現地応援となりましたが、何と9月のチャペル以来3か月振りです。

パドックのラロンハ、馬体重は468キロと前走-2キロ。
見た目では結構絞れた感じで休養明けを感じさせず。
競馬ブックの予想ではレコード勝ちの貫禄か、何と本紙本命。
人気はパドック周回開始時は2番人気でしたが、徐々に下がって単勝8.3倍の5番人気。

さてレース、ラロンハはゲートオープンからハナをきって、そのまま先頭でレースを引っ張ります。
それほど無理をしない感じでレース進行、向正面から3~4角へ。
コーナーを周って注目の直線、脚がもつかどうかと思いましたが、残り200あたりから失速、ずるずると後退して残念ながら7着に終わりました。

レース後、ゆっくりと時間をかけて最後に戻ってきたので一瞬不安に思いましたが、特に問題もなかったようで、まずは一安心。
ラロンハは先行力は健在でしたが、距離が伸びたためか、久々のためか、脚が持ちませんでした。
特に急ぐ必要もなかったので、来週のダート1200mに出走していればと思いますが…
次走まで時間がかかると思いますので、ここはじっくりと時間をかけて調整してレースに臨んでほしいものです。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメントです。
コメントを信じて次走に期待したいですね。

幸騎手「良いスピードがある。最後になってトモが入ってこなくなったことを考えると、止まったのは久々の影響ではないか。この距離はこなせると思う。叩いて変わりそうな雰囲気がある」

ところで、ラフィアンスタッフ氏によると、ソシオは10日夜に検疫を終えて入厩したので、来週20日のレースには出走できるそうです。
馬三郎からも10日入厩とメールがあったので、公式サイトの11日入厩というのは一体…

|

« 出資馬近況 | トップページ | 阪神JF »

マイネラロンハ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/43411072

この記事へのトラックバック一覧です: ラロンハ復帰戦:

« 出資馬近況 | トップページ | 阪神JF »