« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアンの2歳馬不振と巻頭言(2) »

ラフィアンの2歳馬不振と巻頭言

ようやくラフィアンから会報誌「エンジョイラフィアン」が届いたので、社長の巻頭言を読みました。

一口馬主掲示板の書き込みから、2歳馬不振の説明かと思っていたのですが、先日のパーティーでの「2歳馬はあきらめたので、1歳馬にかけてほしい」という発言を謝ったもので、これを受けて、2歳馬は確かに成績が悪いが、重賞勝ち馬が沢山出ていることをはじめ全体では成績は悪くないので、1歳馬には期待してほしいという趣旨の文章でした。

…全く意図のわからない記事ですね。

2歳馬の不振について、いよいよ何か言うのかなあと思ったら、これでは何なのかさっぱりわかりません。
まず、パーティーの発言を元にしているので、パーティーに参加していない数多くの会員には前提の話がわかりません。
きちんと2歳馬の不振の原因を説明するのかと思いきや、他の世代を持ち出して成績は悪くはないと言う。
この文章だけ見ると、パーティーでの弱き発言に対してお叱りの声があったので、謝ったうえで、今後頑張りますとしか読めません。

この巻頭言は社長から会員に向けて、社長自身の考えを伝える唯一の機会のはずですが、以前から思っていたのですが、ラフィアンの社長さんはこれが全くわかっていないようです。
会員は何に関心があるのか、何を求めているのかに対して、考えを伝えてほしいのですが、誰に向かって何をいいたいのかが読み取れないのです。

2歳馬の不振については、競馬は長いタームで考えるものですから、すぐに成果が出ないのは自明のことです。
とはいうものの、現時点で何か考えの一つでもあるのならば、それは会員に説明してほしいと思っています。
ネット上の掲示板ではいろいろな意見もあるでしょうが、会員が今クラブに求めていることは、これではないでしょうか。
私としては、「今年は駄目でしたが、来年頑張ります。」だけではなく、そろそろきっちりした説明がほしいものです。

|

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアンの2歳馬不振と巻頭言(2) »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/43342370

この記事へのトラックバック一覧です: ラフィアンの2歳馬不振と巻頭言:

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアンの2歳馬不振と巻頭言(2) »