« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の28件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、栗東で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。水曜日の想定の段階で少頭数が予想されたため、今週の出走も検討しましたが、中1週が 続くこともあり回避することにしました。中間は坂路で騎乗した後にプールに通うのがメニューです。水曜日の夕方に蕁麻疹を発症しましたが、すぐに回復しま した。トレーニングを軽めにしていますが、すぐに通常メニューに戻せる見込みです。次走は京都3週目が有力です。

やはり少頭数だったので、あわよくばという出走予定だったようです。
さすがに中1週で回避しましたが、次走は2月15日の牝馬限定戦の模様。

◆ソシオ
マイネソシオは、28日(水)に栗東からビッグレッドファーム鉾田へ移動しました。熱発から立ち直って調教が軌道に乗り始めた矢先、再び体温が高くなりま した。どうも体調が不安定です。岡田師は「今回は微熱のレベルだが、ボロも硬くて整腸剤を投与していた。元気はあるが、本来の状態とはいえない。元から冬 場が良くないところもある感じだし、次走までに時間もかかりそうだからいったん(トレセンから)出すことにした。具合が良くなったら入厩の声をかけてくだ さい」と話していました。

鉾田行き回避でほっとしていましたが、体調を落として残念ながら鉾田行きとなりました。
休養なので無理しないはずですが…
ところで、今日になって移動情報に載るのは遅いですね。

◆リンク
マイネルリンクは、栗東で調整中。無事に到着し、日曜日から馬場入りを開始。坂路1本の後にダートのEコースに設置してあるゲートで練習を行い、コースを 約半周するのが通常のメニューです。北出調教師は「まだキャンターで硬さがあるし、フォームがまとまっていない感じで、前向きさにも欠けている。ゲートは まだダッシュがピリッとしないけど、もう少し練習すれば試験が受けられるでしょう」と語っています。

ようやく入厩したリンクですが、やはりというか、散々の調教師コメントです。
このまま出走まで辿り着けるか心配な状態で、残念ながら出走が目標になりそうです。

| | トラックバック (0)

そろそろ確定申告

ラフィアンから会報が送られてきましたが、巻末に2月上旬に確定申告に必要な書類が郵送されるという説明とともに確定申告書の記載例が詳しく載っていました。

珍しくこれは親切かなと思いましたが、よく見ると、確定申告書が一般的な様式(申告書Bというらしい)になっています。
会員の大多数はサラリーマンで、配当収入の雑所得を合わせて申告することになるので、給与所得者用の様式(申告書A)が普通だと思います。
当然のことながら、勤め先の源泉徴収票と、クラブの分配金通知書と源泉徴収票を例示して、記載方法を説明してあげるのがわかりやすいと思うのですが、確定申告書だけを例示しても、初めて確定申告する人には何のことやらわからないでしょう。
一口馬主掲示板などをみると、多くの会員さんは自分の勤め先の源泉徴収票の見方さえ知らず、確定申告というだけで思考停止のようですから。

つくづくラフィアンは事務処理が中途半端な会社ですな。
社台からは来週末に確定申告用の書類が郵送されるようですが、多分、確定申告書の記載例が添付されていると思います。
全てのパターンを説明するのは無理だと思いますが、典型的な書き方くらいはきちんと説明してあげてほしいものですね。

話しは替わって、その一口馬主掲示板のキャロットスレで、クラブ批判から、キャロはいいよと出資口数披露のネタがありました。
預託費>給料と、生活が破綻している会員もいるようですが(笑)、総じて内容がかわいい。
多分キャロの会員さんとは一回り以上年齢が違うと思いますが、私は立派な一口馬主中毒らしい。
社台はもちろん複数クラブに入会して数十頭出資している会員さんがぞろぞろといる有名一口馬主サイトばかり訪問していて、感覚が麻痺しているのは間違いないのですが…

| | トラックバック (0)

ラロンハ出走回避など

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ラロンハ
マイネラロンハ(回避して来週以降へ。馬体に異常なし)

ということで、出走を回避しました。
回避してやれやれでしたが、馬三郎からの出走情報メールもなかったので、ハナから出走するつもりがなかったのかもしれません。
明日の近況での言い訳、いや、説明が楽しみですな。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アンソロジー
周回コース2400mをハロン16秒くらいのキャンターで乗っています。いつのどおり周回コースでジックリと仕上げており、ペースが上がってきました。テンションも高くなっておらず、順調な仕上がりをみせています。現在の馬体重は456kgです。

順調なのはこの馬1頭だけか…

| | トラックバック (0)

ラロンハ出走登録

ラフィアン公式サイトによると、ラロンハ、またも中1週で出走登録してきました。
馬三郎からのメールはありませんが、登録頭数は7頭で、このまま出走できそうです。
わずか中1週でどれだけ変わり身があるのか疑問、違うのは騎手だけ、脚元の不安もあり、何やら怪しくなってきましたね。

◆ラロンハ
京都競馬 31日(土)8R 500万下 M..デムーロ ダ1200m

| | トラックバック (0)

アスペンアベニューようやく入厩

社台公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アスペンアベニュー
1/27(火)に栗東TC・安田隆行厩舎へ無事入厩しています。トレセンの環境に慣れさせながら、まずはゲート試験合格を目指します。

ということで、ようやく入厩。ゲート試験に合格できますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。どうもピリッとしない印象。脚さばきの硬さ は一定のまま落ち着いているものの、この感じだと入厩まで時間がかかりそうです。ただし、先週末に課したMグリッツァとの追い切りに関してはまずまずとい える動きでした。ペースを上げているのに先日の計量で馬体重は530キロ(年末から12キロ増)でした。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー2008年収支

社台・サンデーから12月分の賞金配当と経費請求の明細書が郵送されてきました。

改めて見るまでもなく、2008年も社台・サンデーは大赤字でした。
しかし、実質3年目にしてようやく賞金配当が維持費を上回ることができました。
夏場にアンソロジーが入着を繰り返して特別戦で勝ったことと、残念ながら未勝利引退に終ってしましましたが、フロイラインローゼが同じく入着を何度かしてくれたことによります。
新規で2頭も出資してしまったので、年間収支はこれまでと変わりありませんが。

やはり、昨年くらいの成績は残してくれないと続けていくのは厳しいですね。
ちなみに今月の経費は明け2歳2頭の初回維持費だけで5万円もかかっています。
このうち1頭でも稼いでくれないと、破産とは言いませんが、続けていくのはさすがに無理でしょうね。

| | トラックバック (0)

リンクようやく入厩

ラフィアン公式サイトによると、リンク、24日に入厩しました。
入厩前に頓挫を繰り返していましたが、何とか新馬戦のある間に入厩に間に合いました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。
ラロンハ、ソシオともに放牧かと思いましたが、トレセンで調整するようです。
ラロンハはこのまま調整してもどうかと思いますが、ソシオが鉾田行きを止めたのはやれやれです。

◆マイネラロンハ
マイネラロンハは、18日(日)、京都で出走し、10着でした。途中からハナを奪い、失速する内容。休養明け3戦目となりましたが、変わり身は見られませ んでした。騎手のコメントからは、骨膜の影響はなさそうです。野元調教師は「結果が出ないので放牧も考えたが、プールを併用して調整してみたいと思う。こ れで変わって欲しい」と語っていました。次走については検討中です。

◆マイネソシオ
マイネソシオは、栗東で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。ビッグレッドファーム鉾田に放牧する予定でしたが、予想よりも熱 発からの回復が早かったことから、トレセンに滞在したままレースを目指すことになりました。飼い食いが落ちた影響で少し細く見えますが、やむを得ないで しょう。岡田調教師は「一息入って少し緩んだので、前走の着順による優先出走権が有効な来週の出走は難しい。小倉開幕週の芝のレースを目標にしたいが、そ の翌週の京都のダート1900mも視野に入れたい」と語っていました。

◆マイネアモーレの07
マイネアモーレの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。この中間も強い調教を織りまぜており、 先日は牡馬に混じったこともあって5番手でゴールしていました。前回は60秒台のタイムを出して2番手で入線したように、もっと動けるはずです。集中力が 出てきて普段からキビキビとした動きを見せるようになっており、まだまだ成長して変わってきそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況です。
グリーンウッドに移ってから何と4か月もかかりましたが、ようやくの入厩です。
ゲート試験に受かるかどうか不安一杯ですが、肝心の走りの方はどうなんでしょうか。

◆アスペンアベニュー
順調に調教を消化しており、1/27(火)の栗東TC入厩を予定しています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆マイネルリンク
マイネルリンクは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。北出師が来場した先日、Mポンピオンに後方から 突いてもらうかたちで追い切りをかけ、終いの踏ん張りが良くなっていることを実際に見てもらいました。今週末に入厩する予定です。夏場よりも全体的にしっ かりした印象。帰りの馬道でピリピリした雰囲気を漂わせるなど、この馬にしては気持ちも入っている方です。先日の計量では503キロでした。

| | トラックバック (0)

ラフィアン2008年収支

ラフィアンから12月分の賞金配当と経費請求の明細書が郵送されてきました。

事前にわかっていたことですが、これでラフィアンの2008年の赤字が確定しました。
自分でも驚いているのですが、2008年はわずか1勝とさっぱりの成績だったのに、収支状況はわりと良く、何と10月末の時点ではわずかながら黒字でした。
やはり出走数がそこそこあったことと、9,10月に引退・死亡馬が相次ぎ抹消給付金や保険金が支給されたことが大きかったようです。
11,12月とロクに出走もしなかったので、維持費負担でさすがに赤字に転落してしまった訳ですが。

新会計処理については、そんなに稼いでいる馬もいないので、あまり影響はありませんでした。
ラフィアンでは還付されないJRA→馬主クラブ法人の源泉徴収は別としても、2月に還付されるはずの馬主クラブ法人→愛馬会法人の源泉徴収と確定申告して還付される愛馬会法人→会員の源泉徴収ともにわずかしかありません。
クラブからの還付額、税務署からの還付額は1万円くらいです。
配当収入が20万円を越えたこともありもちろん確定申告しますが。
ちなみに社台ではアンソロジーが活躍したので、クラブ、税務署からは10万円程度還付される見込みです。

これらは、年次の現金ベースの収支の話し。
毎年出資馬の頭数や金額が変わるので、現金収支はあまり意味がないのは自明の通り。
今年から新規出資をやめれば、今の調子で出資馬が出走して勝てば、維持費を越えて、毎年黒字になります。
そのうちに、馬ごとの会計処理上の年次収支をつけておこうかと思います。

| | トラックバック (0)

TCセゾンのサービス

TCセゾンに入会したので、初めて書類関係が郵送されてきました。
まだ最初のうちですが、大手クレジット会社の子会社なので、事務処理はきっちりしているような印象です。ジョイTC時代からそういう感じでしたが。

案内がついており、公式サイトに会員専用ページに入れるようになりました。
社台やラフィアンのように、登録した馬ごとに一括して情報を見ることができます。
また、聞いてはいましたが、調教動画も見ることができます。
早速マジックの07の調教動画を見ましたが、ラフィアンのように素人がホームビデオで撮ったものではないので、見やすかったですね。

あと、会員専用ページに掲示板があり、驚きました。
ラフィアンでも以前は掲示板がありましたが、不適当な書き込みが多く、突然閉鎖されてしまいました。
クラブへの不満があれば一気に悪口で一杯になることと思いますので、よくやっていられますね。

サービス面では、口取り申し込みが電話による先着順ではなく、会員専用ページからの抽選制になっています。
私のように職場で離席して電話をかけることができる人には電話の方がいいのですが、全員そういう訳にもいかないので、仕方ないでしょうね。

やはり、入ってみないとわからないクラブによるサービスの違いというのはあるものですね。
ラフィアンのように牧場から立ち上がったクラブは、他のクラブのサービスを参考できるものはすればいいのにねえ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、18日(日)、京都7Rの牝馬限定・ダート1200mに出走します。前走後も順調。疲労が残らなかったため、中1週でここを使うことになりました。良馬場ではあったものの、レコードをマークした当日は雨が降ってタイムの出やすい状態だったのを覚えています。週末に天気が崩れる予報はプラスであっても、マイナスではないでしょう。野元師は「中間も元気。ヒザの具合も落ち着いていますよ。今回は減量の船曳騎手。これできっかけがつかめれば」とコメントしていました。

◆ソシオ
マイネソシオは、栗東で休養中。12日(月)の朝に39度まで上がる熱発がありました。血液検査の結果が思っていたよりも悪く、各数値が肺炎のレベルまで高くなっていたため、現在も舎飼いだけにしています。岡田師は「見えない疲れがたまっているところに、中1で使ったからこうなってしまったのか…。いずれにしても大事を取って今週の輸送は控えたい」と話していました。来週、ビッグレッドファーム鉾田に移動する予定です。

ラロンハの野元師はやはり楽観的のようです。
中1週の出走で不安ですが、無事に走ってくれますように。
一方、ソシオの方はかなり心配になってきました。
誰がみても無理使いと思うのは当たり前かと思うのですが、今更ねえ。
それとこんな状態で長距離輸送して鉾田に移すというのも訳がわかりませんね。


| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況です。
あまり無理する必要もないのですが、暖かくなってからの復帰とは、これはまたじっくり…

◆アンソロジー
この中間も周回コースで乗り込んでおり、毎日2000mの距離をハロン18秒ペースのキャンターで消化しています。順調にペースアップできており、馬体重も458kgとしっかり維持しています。暖かくなってから復帰を予定しており、じっくり進めていきます。

| | トラックバック (0)

ラロンハ出走確定

ラロンハ、登録通り出走が確定しました。
今度は牝馬限定のダート1200m、これで駄目だったらと考えたくはないので、何とかここらで頑張ってほしいものです。

◆ラロンハ
京都競馬 18日(日) 7R 500万下(牝) ダ1200m 15頭 船曳文士

ラフィアン公式サイトによる調教タイムです。

◆ラロンハ
1/14 助手 栗東坂 稍 - - - 54.2 − 26.7 13.6 - 一杯に追う

| | トラックバック (0)

ラロンハ出走登録

ラフィアン公式サイトによると、ラロンハ、今週末の京都競馬の牝馬限定戦に出走登録してきました。
中1週でも全く気にしないラフィアン・野元厩舎の面目躍如というところですが、登録頭数13頭で、このまま出走できそうです。
鞍上はあの船曳騎手。減量騎手をこんなに待望したことは初めてです(笑)
まずは無事に、そして今後に活路が開ける走りを期待。

◆ラロンハ
京都競馬 18日(日)7R 500万下(牝) 船曳文士 ダ1200m

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。ハロン13秒前後まで加速する本格的な追い 切りを開始しました。前さばきの硬さは、強い負荷をかけてからも良い意味で平行線をたどっています。スタッフは「テンからハミをガツンと取って行く馬。で きるだけ前半に脚をためて、終いを伸ばすような内容になるよう心掛けている。ここまでくれば入厩までそんなに時間はかからないと思う」と話していました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬近況です。
ようやくゲートは大丈夫になったようで、いよいよ入厩の準備に入りました。

◆アスペンアベニュー
ゲート練習は、ここまでの努力の成果で良くなりました。もうトレセンで試験に向けても大丈夫ではないかとみています。周回 コース2周と坂路コースをハロン17秒くらいのペースで乗り込んでおり、この中間は速めの調教は控えています。そろそろ入厩の時期も意識しつつ、更に進め ていきます。現在の馬体重は478kgです。

| | トラックバック (0)

TCセゾン入会

ラフィアンでは2007年産駒の3次募集が行われていますが、1次専門の私としては全く関心がありません。
2007年産駒は、ラフィアンではマイネアモーレの07、社台・サンデーではクリスマスツリーの07、マクダヴィアの07の3頭に出資しています。
これで打ち止めするかどうかですが、迷った挙句、新たにTCセゾンに入会し、マイネマジックの07に出資することにしました。

ラフィアンに続き社台・サンデーにも入会し、まさかの2クラブ入会でもうお腹一杯、キャロットやグリーンのパンフレットを見て食指が動いたこともありますが、もうこれ以上はやめておこうと思っていました。
しかしながら、メインとしているラフィアンでは関心をもった馬にはほとんど出資できなくなっています。私が栗東に入厩する馬ばかり申し込むから仕方ないかもしれませんが。
また、重賞馬のソーサリスの半弟のマイネマジックの07が久々の産駒というので注目していたところ、セゾン募集馬となってがっかりもしました。

そこで、ラフィアンで関心のある馬に出資できない場合のリザーブとしてセゾンへの入会を視野に入れるようになり、今後もなじみの血統馬がラフィアンではなくセゾンで募集されることがありそうなことから、セゾンへの入会を考えるようになり、馬自体がよさそうなのでマイネマジックの07に出資することを決めた次第です。

実はほとんど昨年夏の時点で決めていたのですが、一括支払い割引があるのが今月までだったので、ぎりぎりまで様子見していたところ、満口間近というので、最終的に決定しました。

様子見している間に、経済情勢の悪化から投信が大幅に下落して私の余裕資金が減り、一口馬主の方も成績がさっぱりで同じく資金繰りが苦しくなっていることから、こんな時にと思いましたが、初めの考え通りにしました。
社台では勝負をかけた2頭出資になっていますが、ここでも勝負をかけることになりました。
これで最後、最後と言いながら、馬券をやめない博打中毒と同じですね。
また、投信下落や過去の一口馬主の赤字額で金銭感覚が麻痺しているのかもしれません(^^;;

肝心の馬のことで、初年度で不安もあるロージズインメイ産駒ばかりになることや、BRF系の別クラブにわざわざ入会することで入会金と会費が余分にかかることに抵抗もありましたが、BRF・ロージズインメイと心中することにしました。別に岡田信者でも何でもないのですが。

さて、これで2007年産駒は2006年産駒同様に4頭出資となりますが、2000万円の牡馬1頭、牝馬2頭と私にすればかってない高額馬ばかりの出資となりました。
このうち1頭でも活躍してくれることを願ってやみません。
実は正月明けから私事で大変なことになっているため、この辺りで正真正銘の打ち止めになるかもしれません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況です。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、4日(日)に京都で出走して12着でした。速い馬を行かせて2番手は予定通りも、直線早々に勝ち馬に交わされると最後は余力が残ってい ませんでした。ラップも同馬には厳し過ぎるとは思えず、勝ち馬に早々に競り込まれたことで走る気が削がれてしまったのかもしれません。野元師は「レース中 の落鉄が判明したとはいえ、2戦目でもっと粘れると思ったが…」と首を捻っていました。ヒザも落ち着いており、今週は角馬場調整のみで疲労回復に専念。次 走は出走できるタイミングで短距離ダートを予定しています。

◆ソシオ
マイネソシオは、5日(月)に京都で出走して5着でした。中団を追走し、直線でじわじわと脚を伸ばす内容。小牧騎手は「ダートもこなせそう」とまずまずの 評価をしていました。レース後はトモを中心に少し疲労を感じますが、いつものことなので心配はしていません。木曜日から坂路入りを再開しています。岡田師 は「次走は飼い食いなども含めて状態次第。中1週で行けるようなら使う。芝やダート問わずメンバーを含めて一番良さそうな条件に出走させたい」と述べてい ました。

◆マイネアモーレの07
マイネアモーレの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。単に抜きんでた長所がないから目立たな いだけでしょう。各項目において現段階でこちらが要求するレベルには達しています。7日(水)に6頭で行った強めの調教では、60秒台のタイムを出して2 番手で入線しました。騎乗者によれば、まだ少し余力が残っていたようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆リンク
マイネルリンクは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。乗り込んでいる効果で後半の粘りが増していま す。育成主任も「ここまでじっくり調教してきたかいがあったと思う。瞬発力には欠けるが、長く渋太い脚を使える」と評価。500キロの馬体にはまだ余裕が あるので、入厩して絞れればさらに動けるようになるでしょう。1月後半から2月前半の入厩が目標です。

ようやく入厩時期が明確に。
何とか無事に入厩、出走できますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台、サンデー公式サイトによる出資馬の近況です。
クリスマスツリーの07の物見の癖は心配ですが、まずは順調。
マクダヴィアの07は順調というか好調のようですね。

◆クリスマスツリーの07
この中間も順調で、常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを消化しています。また、直線 コースでも1000mの距離を1本乗られており、負荷のかかるダートの馬場でしっかり乗り込んでトモの強化に努めています。調教中に物見をする癖がありま すので、そのあたりの解消も今後の課題といえます。現在の馬体重は452kgです。

◆マクダヴィアの07
現在は屋内周回ダートコース2500mのキャンターと、週2回屋内坂路(900m)を2本、ハロン20秒のペースで駆け上 がっています。周回コースの距離を延ばしましたし、坂路調教も本格的なものになってきました。乗り役を引っ張っていくほどの手応えを見せており、同期の馬 に疲れが出始めるなか、へこたれる様子はまったくありません。脚元等に不安はなく、この調子でペースアップを進めます。現在の馬体重は476kgです。

| | トラックバック (0)

ソシオ、ダート戦で入着

ソシオ、今日の京都競馬第6Rダート1900mに出走しました。

休養を挟んでの復帰戦で9着に終わり、徐々に成績が悪くなってきたソシオ、ここで何と中1週でのダート出走となりました。
一度ダートを試したいという調教師の意向で出走となった模様ですが、昨年の京都競馬で降雪のため振り替えでダート戦走ったことがあり、その時はダートには合っていないという評価だったはずですが、このことを岡田師はすっかり忘れているとしか思えません。
何はともあれ、大いに不安を抱える中での今回の出走、私はこの日から仕事のため、帰宅後にグリーンチャンネルでレース観戦。

パドックのソシオ、馬体重は前走比+4キロの428キロと馬体は回復。
人気はさすがになく、単勝75.1倍の9番人気。
いつもはPATでも応援馬券を買うのですが、さすがに見送り。

さてレース、そろったスタートからソシオは集団半ばに位置取り。
ゆっくりしたペースで、集団の半ば、前から8番目くらいでレースを進行。
向正面から3~4角を通過し、徐々に前との差がなくなり直線へ。
直線で先行勢が崩れていく中、ソシオは集団を割ってじりじりと前に進み、最後は5着で入線、久々に入着を果たしました。

12頭と頭数が少ないとはいえ、久々の5着入着で一安心。
それほどダート適性があるとも思えませんが、これでダート戦での目処もつきました。
何はともあれ、次走出走権を確保することができたのは大収穫のレースでした。

ラフィアン公式サイトによる調教師コメントです。

岡田調教師「追ってからジリジリとしか伸びなかったが、今日はメンバーが揃っていた印象。ダートでここまでやれたのは収穫だし、レース選択の幅がひろがった」

| | トラックバック (0)

新年初戦のラロンハは惨敗

ラロンハ、本日の京都競馬第7Rダート1200mに出走しました。

復帰戦では失速し7着に終わったラロンハ、出走スケジュールで二転三転しましたが、中2週で距離を1200mにしての復帰2戦目。
どこまで初勝利レースのように走れるかに注目。もちろん無事にレースに走ることも。
出資馬新年初レースというので、私はもちろん現地観戦に。

パドックのラロンハ、馬体重は前走変わらず。
冬毛か見た目はもう一つですが、馬体は良く、落ち着いた感じで周回。
1000万条件戦でも入着級の強豪牡馬2頭相手のレースで、競馬ブックの予想は本紙△。
人気はその2頭に人気が集まり、ラロンハは単勝8.5倍の3番人気。

さてレース、好スタートからラロンハは2番手につけます。
無理のない感じで2番手のままレースを進行。
3~4角を良い感じで周って、先頭で直線に入り、さあこれからと思いましたが、ここでまたも脚が止まり、あっという間に後続勢に抜き去られて12着と惨敗に終わりました。

前走は距離1400mということで、脚が持たなかったのもやむなしかと思いましたが、今日は1200mと適度な距離での失速に、正直なところがっかり。
まだ復調していないと考えたいものですが、復帰して2戦、ここらが限界だとすると今後が厳しいですね。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメントです。

野元騎手「7番の馬が行くのはわかっていたので2番手は予定どおり。道中はきちんとハミを取って勝てるかと思うくらいの手応えだったが、バタッと止まってしまった。外から早めに来られて展開がきつくなったことが敗因だと思う」

新年明けのレースだったので、グリーンチャンネルでレースを録画するのをすっかり忘れてた…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬近況です。
ソシオが急遽出走する事情は説明されていますが、ラロンハは?

◆ラロンハ
マイネラロンハは、4日(日)、京都7Rのダート1200mに野元騎手で出走します。54.6秒で駆け上がった31日(水)に続き、けさ3日(土)には 59.0−42.0−27.8−14.2をマークしました。追い切り後もヒザは落ち着いた状態です。「1400mも守備範囲だが、一度叩かれて気合いが 乗っている現状では1200mの方が良いかもしれない。レコードで勝利した1年前と比べると、まだちょっとトモの筋肉が寂しい」と陣営。

◆ソシオ
マイネソシオは、5日(月)、京都6Rのダート1900mに小牧騎手で向かいます。近頃の状況から中京開幕週の芝1800mへの出走は難しいかもしれません。岡田師から「成績が伸び悩んでいる。一度、この条件を試させて欲しい」との申し出があり、ここを使うことになりました。冬毛がかなり伸びているものの、一定の馬体重はキープできています。けさ3日(土)に坂路で追い切りを消化。57.5−42.8−28.4−14.4のタイムをマークしました。

ラフィアン公式サイトによる調教タイムです。

◆ラロンハ
1/3 助手 栗東坂 稍 - - - 59.0 42.0 27.8 14.2 - 馬ナリ余力

◆ソシオ
1/3 助手 栗東坂 稍 - - - 57.5 42.8 28.4 14.4 - 馬ナリ余力
ヘリオスシチー(三未勝)馬ナリに同入

サンデー公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アンソロジー
周回コース2000mをハロン20秒くらいのキャンターで乗り込んでいます。この中間にも少しペースアップを行いました。背中の状態はすっかり良くなりましたし、体調も安定しています。このまま進めば、春には復帰できそうです。現在の馬体重は464kgです。

| | トラックバック (0)

新年初出走確定

ラロンハとソシオ、登録通り、出走が確定しました。

◆ラロンハ
京都競馬 4日(日)7R 500万下 ダ1200m 16頭 野元昭嘉

◆ソシオ
京都競馬 5日(土)6R 500万下 ダ1900m 13頭 小牧太

ラロンハは間をあけての牝馬限定戦出走予定もどこへやら、中2週での牡馬相手での出走となりました。
鞍上は息子騎手ということで、早くも見切りモード突入でしょうか。
復帰2戦目、真価が問われるレースとなりました。

ソシオの中1週のダート出走には全くもって驚きですが、除外ラッシュなので何でもいいからレース出走という感じでしょうか。
ダートは昨年降雪による条件変更で走って駄目だったんですけどねえ…

| | トラックバック (0)

今年の展望

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
恒例の一口馬主としての今年一年の展望を。

最古参のトラヴェルは昨年から成績が下降線、さすがにそろそろ限界かといった感じで、今後は引退との戦いで、何とか入着ぐらいは狙いたいところ。

アンソロジーは昨年9月に勝ち上がって休養中、まだ底を見せていないので、今年の夏場には頑張ってほしいものです。実質最後の一年、何とかもう1勝を期待したいところ。

ラロンハは昨年ロクに走ることができませんでしたので、今年は体調を整えて出走することが第一。調子が良ければ、勝ち上がりは望めるはずです。

ソシオは昨年にやや疲れをみせてしまい、この復帰が正念場の感。まさか姉のインティマ同様、惨敗続きでさっさと引退とはならないと思いますが、何とか入着ぐらいは狙いたいところ。

稼働馬は以上4頭で、あとは3歳未出走組と2歳デビュー前組。
リンクは入厩前になると調子を落とすので、正直なところもはやあきらめ感も。デビューするのがやっとかもしれません。
アスペンアベニューもゲート入りが課題でこちらも不安一杯。デビューできればと根拠はないものの期待はしていますが…
2歳組はこの時点ではじっくりと力をためることだけを期待しておきましょう。

いつも勝ち星の予想もするのですが、今年はあまり期待できそうにありません。
稼働馬4頭+未出走馬2頭+2歳1~2頭で50走はしてくれると思いますが、2歳の勝ち星はあてにできず、全ての勝ち星は3勝もすればいいところでしょうか。ということで、今年の目標は50戦3勝です。

 

| | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »