« 出資馬近況 | トップページ | リンク デビュー戦は予想通りの惨敗 »

2000年募集馬カタログ

数年振りに(笑)、部屋片付けをしていたところ、一口馬主を始める時に取り寄せたジョイとシルクの2000年募集馬カタログが出てきました。
どこかにしまったはずと思っていたのですが、ひょんなところから発見した次第。

さて、内容を見ると、時代を感じさせて懐かしいものですね。
ジョイは少数精鋭というか、少数ながらサンデーサイレンス産駒を筆頭に名の通った種牡馬の産駒ばかりで牝馬でも2400万円以上の高馬そろい。
400口でも出資額が高かったので、入るのを見送ったんですよね。

一方、シルクは当時はシルクジャスティス、シルクプリマドンナなどの活躍でほとんどの募集馬が満口になったという隆盛期。
価格、血統ともにバラエティに富んでいたので興味を引きましたが、メインが当歳馬の募集だったので、先が長過ぎるなあと思って見送ったものです。

実はこの時点では、私は「ラフィアン」という一口馬主クラブの存在を知りませんでした。
これから一年後にようやく「ラフィアン」が「マイネル」だということを知って入会、一口馬主生活に入り、どっぷりはまってしまった訳です。
さてさて、これが良かったのか、悪かったのか…

|

« 出資馬近況 | トップページ | リンク デビュー戦は予想通りの惨敗 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/44196600

この記事へのトラックバック一覧です: 2000年募集馬カタログ:

« 出資馬近況 | トップページ | リンク デビュー戦は予想通りの惨敗 »