« 出資馬近況 | トップページ | 共同通信杯から思ったこと »

小倉大賞典

今日は小倉競馬で小倉大賞典がありました。
2006年にソーサリスが出走した重賞レースなんですが、私はその年から毎年泊まりがけで観戦に行っております。
ただの裏開催の重賞レースに過ぎないのですが、出資馬のレース観戦もあり、ついでに小倉の駅前をうろついて冬の味覚を味合うということで、私にとって泊まりがけでの小倉大賞典観戦は恒例の行事になりつつありました。
昨年はラフィアン有名会員さんのふぐ宴会にも参加させていただいたものです。

しかし、今年は観戦に行きませんでした。
正月明けから父親が身体を悪くして入院しているためですが、そもそも出資馬が今日明日と小倉競馬に出走していないので、さすがに行っても仕方ありません。

ところで、この時期の小倉競馬では、小倉大賞典の開催日に限らず、出資馬がよく出走していたはずと、過去の出走状況を見直してみると、2004年のソーサリスの未勝利戦出走から数多くの馬が出走していました。
今年は現状から想定すると出走がなさそうで、こんなことは事実上初めてのことです。

小倉競馬での出走がないということですが、そもそも今年は出資馬がレースにあまり出ていません。
1,2月の出走数を見てみると、2004年-4走、2005年-6走、2006年-9走、2007年-11走、2008年-9走、2009年-3走、ということで、まだ2月後半はあるものの、最小出走となることは確実です。

そういえば、ラフィアン会員さんの個人サイトでも、この数年間は毎週出走していたのに途絶えたというのをはじめ、こんなにレースに出ないのは久し振りという話しをよく見かけます。
原因は言うまでもなく、ラフィアンの明け3,4歳馬の不振にあります。
この時期なら未勝利戦などで中1週でがんがん走らせるというのがこれまでの例でしたが、私の出資馬でもそうですが、今年は既に引退した馬もおり、惨敗続きで走らせようにも走らせることができない訳です。

ラフィアン馬の不振で会員には寂しい冬となってしまいましたね。
当分の間はこういう状態が続くことになりそうですが…

|

« 出資馬近況 | トップページ | 共同通信杯から思ったこと »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/43991628

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉大賞典:

« 出資馬近況 | トップページ | 共同通信杯から思ったこと »