« 会計処理方法と確定申告 | トップページ | 出資馬近況 »

会計処理方法と確定申告(続き)

一口馬主掲示板などでは、各クラブから確定申告用の書類が届く前後からかなりの書き込みがありました。
例によって、全く制度を理解していなかったり、しようとしていない初歩的な書き込みが多く、確定申告自体についても、世間に数多くの手続き紹介の雑誌やサイトがあり、これをみればわかるはずなのに、丸投げ質問が多く見受けられます。
私もしばしば意見を書き込んでいますが、頻出ネタについてコメント。

●源泉徴収されてますか。
利益分配に対してしか源泉徴収されていないのに、全ての配当からされていると思っている処理方式がわかっていない典型例です。
要するに、高馬ではなかなか利益分配にならないので源泉徴収額もないはずですが、いまになってようやく、馬の出資代金によって、利益分配、源泉徴収額が違ってくることにようやく気がついた人もいるようで、やれやれ…
そもそも、毎月の明細書にも源泉徴収額が記載されているはずで、見ていないか見方がわからないようです。
ラフィアンのみづらい明細では「出資返戻金および分配利益金の明細」の愛馬会源泉徴収額というのが、会員帰属の源泉徴収額の総額です。

●収入、必要経費とは何なのかわからない。
やはり処理方式がわかっていない典型例。加えて用語で訳がわからなくなっていますね。
普通は経費と考えがちな維持費は馬の簿価に算入され、引退して残っていた簿価が初めて経費扱いになります。
必要経費が馬の終了損失ということで違和感はありますが、決め事なのでそういうものだと思うしかないですね。

●確定申告する必要があるのか。
確定申告をしたら余計に税金をとられるものとばかり思っているのか、手続きが面倒なのか、確定申告に抵抗感がある人が多いようです。
ほとんどの会員は利益分配があって源泉徴収されていても、引退馬がいれば雑所得は0になっていて、申告すれば源泉徴収額は還付されると思うのですが。
雑所得が黒字となっても申告が義務付けられているのは、雑所得が20万円を超えた場合で、大口クラブ会員をはじめほとんどの人には無縁のはず。

●確定申告したら還付されますか。
最も多い丸投げ質問。明細書の内容を少しでも理解しようとしてほしいものですね。
馬によって内容が違うので、これでは全く答えようがありません。
おまけに雑所得が黒字で課税所得となった場合は、その人の本体の課税所得がいくらなのかわからないと、還付か追納かもわかりません。
端的に「基本的には人それぞれ、馬それぞれ」と説明している人がいましたが、全くもって的を射ています。

常々えらそうなことばかり言っていますが、新たにわかったこともあります。
一括支払による馬代金の割引と補償の充当の処理は、社台とラフィアンでは異なる方式となっているようです。

社台では毎月の明細書の説明にもあるように、ともにその馬の出資金の減の扱いになります。ところが処理方法がわからなかったラフィアンでは今回の確定申告用の書類を見てはじめて、割引はその馬の収入、補償は引退馬の出資金の減となることがわかりました。
このあたりは処理方法がクラブによって違うようですね。
他クラブでは代替馬という制度もあるので、さらに処理が分かれそうです。

さて、月々送られてくる明細書をまともに見ておらず、総括されたものを見て何となく内容がようやくわかったという会員が多いのではないでしょうか。
抵抗のあった源泉徴収は、そんなに多くの金額が天引きされていないはずです。
また、源泉徴収されていても、コンスタントに何頭か出資していると、それほど稼がずに引退する馬がいるので、経費が発生し、雑所得が0になって源泉徴収額は還付されるでしょう。
来月になれば、クラブ帰属の源泉徴収額も再配分されるので、結局はそんなに変わらなかったとい人が多いと思います。
つまるところ、今回の会計処理方式は、一発当たった場合に、ごっそり税金を納めさせられる制度だと言えるではないでしょうか。

|

« 会計処理方法と確定申告 | トップページ | 出資馬近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/44088741

この記事へのトラックバック一覧です: 会計処理方法と確定申告(続き):

« 会計処理方法と確定申告 | トップページ | 出資馬近況 »