« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の33件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。先週末のBRFツアーの際には一時的に真歌に移動し、坂路でMヴェロナとの併せ馬を披露しました。きょう30日(火)より再び明和で調教しています。

◆ソシオ
マイネソシオは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。ウォーキングマシンによる運動とパドック放牧で管理されています。近々昼夜放牧に切り替える予定です。

◆スペラーレ
マイネスペラーレは、ビッグレッドファーム明和で休養中。パドック放牧で管理されています。この中間に左トモが砂のぼりになってしまいました。組織の深い ところまで膿が溜まっているため回復まで時間がかかりそうですが、治ってしまえば競走能力に影響はありません。繁殖牝馬用の靴(種付けの際に使用するも の)を履かせ、蹄に土や泥が入らないように管理しています。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ドリームマジシャン
コスモヴューファームで育成中。休養で心身ともにリラックスし体もふっくらしてきたことから、中間から騎乗を再開しました。現在は坂路1~2本キャンター をメインにゲート練習も併用し運動しています。さすがに見た目、動きはまだまだ重い印象ですが、騎乗した際の背中の感触は相変わらず良く成長も感じられま す。前回騎乗時から坂路を2本上がってもケロッとしているなどスタミナは折り紙つき。これからピッチを上げていく中でスピードも備わってくると更に良い走 りができるのではと期待しています。現時点では8月~9月頃の入厩を視野に入れており、これから状態を見ながら徐々にピッチを上げていく予定です。

| | トラックバック (0)

アンソロジー入厩

サンデー公式サイトによる出資馬近況です。
4回目の札幌で最後の活躍を願いたいものですね。

◆アンソロジー
予定どおり、6/26(金)に札幌競馬場へ無事入厩しています。馬の状態を見ながら、出走レースを検討していきます。

| | トラックバック (0)

BRFツアー2日目

BRFツアーも2日目。
スタッフもこんなに天候に恵まれたツアーは記憶にないという雲一つない晴天。

この日は午前中は真歌と明和に分かれての見学で、私は真歌コースに参加。
公開の坂路調教とゲート練習で、後は厩舎の自由散策。
私はラロンハの坂路調教を見た後に、厩舎で直接の対面。

次に、明和に移動して、まずは恒例の屋外での食事会。
天気が良かったので、私は生ビール三昧。

厩舎見学では繁殖厩舎に行き、カレッシュと当歳、インティマと当歳に対面。
スタッフがおらず詳しいことを聞けなかったので、ソーサリスとは会えず終い。

午後からは募集馬の屋外での比較展示で、昨日とは違って募集馬をじっくりと見ることができました。
ただ、全体説明もなく、個別の馬について質問してもあまり明快な説明がない場合もあり、これで2時間とは時間をもてあまし気味。
昨日の屋内での展示会にしても、進行、段取りが悪いうえに、説明が不充分で、このツアーの肝心の募集馬展示に物足りない感じが強くなりました。
社台の牧場見学のように、各募集馬のきっちりした解説が必要だと思います。
ということで、この日は元社長が会員を引き連れて有力馬の解説をし、岡田節を聞けたので、多くの会員さんが群がっていました。

最後にキッツの出走する宝塚記念をテレビ観戦して、ツアーは全日程を終了しました。

一昨年はラフィアン、昨年は社台の牧場見学ツアーに参加しましたが、募集馬見学に徹するなら社台、他の会員さんとの交流や牧場でビールを飲みながらのんびり過ごしたいならラフィアンと、それぞれのツアーの特徴をあらためて実感しました。
私としては、今回は飲み食い中心でしたが、お世話になった会員さんにはあらためてお礼申し上げます。

さて、BRFツアーも終わったところで、気になる情報としては、
・セゾンとの関係は切れた。
・種牡馬としてはアドマイヤマックスを高く評価し、種付株を買い増した。
という話しが元社長からありました。

現社長からパーティーのあいさつで、3歳馬の不振を痛感しており、スタッフとも改善に向けて検討しているという話があり、スタッフからも各所で3歳馬の不振という言葉が聞かれ、一定の危機感は抱いているようですが、具体的な改善策は聞けませんでした。特に場所柄からか鉾田の話は全くありませんでした。

ツアー見学中、私は牧場スタッフをほとんど知らないので営業スタッフとよく話しをしていましたが、ロージズインメイは仕上がりが早くないことはわかってきた、ダートか芝かまだわからない、総合的な評価もまだまだわからないという感じでした。
ただ、元社長をはじめ現社長とスタッフがアドマイヤマックスを高く評価しているのは、やはり・・・と思わざるを得ません。
なお、現社長とも話す機会が何度もありましたが、さすがにサービス低下と鉾田の問題を直接追及するようなことはしませんでした(笑)

| | トラックバック (0)

BRFツアー1日目

BRFツアーに参加しております。

3時間ほど寝ただけで朝の4時半に起きて、関西空港集合。
北海道に到着すると、日高地方は快晴で暑いくらいの陽気、先週の社台の牧場見学ツアーで聞いていた天気とは一転。

参加者は関西からのツアー組がバス1台の半分足らず。関東組合わせてもバス5台分のツアー参加者。
一方で例によって、現地到着組が多く、全体ではそこそこの参加者。
それでも私が参加した一昨年のツアーよりはるかに少なく、若い方の姿が目立たない。

さて、1日目は午後から募集馬の展示。
いきなり13,15が募集取消。見学していて素人目でも幼かったり、小さい馬が多く、以前なら募集していたのかなあと感じる馬が多数。
昨年感じたように、明らかに社台・サンデーと馬のレベルが違う。
それでもやはりカタログだけではなく、実馬を見ると出資したくなる馬がいるのも事実。
牡馬で34、牝馬で57が飛びぬけて良く見えた。

夕方5時前から明和小学校跡のケイバクラブでパーティー。
狭くて、ひしめき合っての会場も、この参加者なら適当なところかも。
社長のあいさつが思っていたよりも随分と良かったので一安心。
一方で、元社長の説明はやはりわかりやすくて面白く、年期の差以上のものを感じざるをえない。
馬の特徴の解説で、種牡馬としてアドマイヤマックスを随分と買っているようで、ロージズインメイには一言も触れず、大丈夫かなあという心配も。
ところで、”繋”の吉川氏のあいさつもあったのですが、多くの会員には誰だかわかっていないような…

BRF明和から宿泊地の静内市街に戻って、知り合いの会員さん達の2次会に顔を出して、1日目は終了です。

| | トラックバック (0)

BRFツアー

明日からラフィアンのBRFツアーです。

仕事の繁忙期も何とか落ち着いてきたのですが、またも実家の関係で緊急事態発生。
どうしようかと思いましたが、そのまま参加することにしました。
呑気に遊んでいるような気がしないではありませんが、とりあえずは楽しんできたいと思います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、栗東で調整中。坂路、ウッド、角馬場でそれぞれ乗り込まれています。キャンターに行った際に指摘されていた硬さは、先週土曜日、長 針を施したことにより肩の筋肉がほぐれたことで解消。火曜日に騎乗した時点ではスムーズにメニューをこなせていました。しかし、木曜日から再び歩様が乱れ ています。原因は気温の上昇により睾丸が膨張する症状。普段より大きくなり、トモを踏み込むときに触れてしまうのを気にして、ガニ股のような歩き方になっ ているものです。そこで、少しでも気温の低い早朝に運動を行うなどして対処することに。体調自体は問題ないので、小倉1週目の桜島特別・ダート1700m への出走を検討しています。

社台・サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況です。

◆クリスマスキャロル
この中間も常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを消化しています。また、直線コースで も1000mの距離を2本乗られており、以前と比べてもハードな調教を課していますが、へこたれず頑張っています。動きも確実に良くなっていますので、秋 の入厩へ向けてさらにレベルアップを図っていきます。現在の馬体重は470kgです。

◆リシアンサス
この中間も引き続き周回コースと直線コースを併用して乗り込まれており、週3回は屋外直線コース(1200m)を2本、ハ ロン15~17秒ペースで駆けています。順調に速めを乗り込んでいますが疲れもみせず、飼い葉食いが落ちることもありません。この調子を維持しながら入厩 に備えます。現在の馬体重は506kgです。

この2頭は本当に順調のようです。
このまま入厩まで運べばいいですね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アスペンアベニュー
レース後変わりありません。飼い葉も食べており、ひとまず実戦を経験できたのは大きな一歩です。次走はまだ流動的ですが、芝のレースを使うとなると、優先出走権を持っていないため少し間隔を空ける必要がありそうです。

◆アンソロジー
この中間も順調に周回コースで乗り込めました。6/26(金)札幌競馬場へ入厩する予定です。現在の馬体重は463kgです。

◆リスアンサス
本日6/24(水)に産地馬体検査を無事終了しており、栗東・安田隆行厩舎と預託契約を交わしています。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー出資申込み

社台・サンデーの出資申込み馬を決定、明日投函します。

今年は昨年ほど気合が入っておらず、募集馬の減少もあって、元の堅実狙いに。
募集馬が発表されて、カタログも送付されましたが、あまり検討もせず、当初からの候補は変わりませんでした。

タキオンが急死したので、レンIIもと思いましたが、良血で2400万円のお手頃価格なので、誰が見ても申込みたくなる馬で、既に申込み数は40口を突破、抽選頼みになるので、2年連続の幸運はなかろうと断念しました。

元々の候補から、一時はビーチフラッグの08を考えていましたが、2歳夏から期待の仕上がりの早い馬のはずが、遅生まれのうえ、馬体も思っていた以上に小さいので回避、結局のところ、以下の順番で申し込むことにしました。

55 フィールグルービーの08(父フジキセキ) 宮本博厩舎 1600万円
175 ヴェイルデラルナの08(父キングヘイロー) 鮫島一歩厩舎 1200万円
67 ディラローシェの08(父ステイゴールド) 松永幹夫厩舎 1200万円

フジキセキの牝馬で、2~3勝は期待できそうなので、フィールグルービーの08を第1候補としましたが、出資できれば最近はミヤリン厩舎ばかりになりますね。

| | トラックバック (0)

アグネスタキオン急死

サンデーサイレンスの牙城を崩して昨年リーディングサイアーに輝いたアグネスタキオンが昨日、急性心不全のため死亡しました。

昨夜からネット上で死亡説が流れ出したのですが、デマではなく、珍しく真実だったようです。
同馬は後の強豪馬をなぎ倒して無敗のまま皐月賞を優勝、故障のため、それを最後に引退、種牡馬入りしていたのですが、綺麗な馬体とその強さから、ひねくれ者の私としては珍しく好きになった超良血馬でした。

今年はこれまで順調に種付けしていたので、来年数多くのラストクロップが誕生するのですが、現役時代同様に短い種牡馬生活でした。
心から冥福を祈りたいと思います。

産駒が活躍し始め、昨年は何とか産駒に出資をと思い、社台で玉砕覚悟で応募したところ、めでたくクリスマスキャロルに出資できたのは、今となっては幸いでした。
来年は多分ソーサリスの牝馬に出資することになると思いますが、募集価格の高騰が思いやられます。

| | トラックバック (0)

リンク地方で初勝利

園田競馬に移籍したリンクが地方4走目にして初勝利を上げました。

中央競馬では連続タイムオーバーの凡走で、地方競馬に移籍。
園田競馬での初戦は後方追走のまま12頭中11着の惨敗に終わり、先が思いやられましたが、2走目からは好スタートからの先行策がきまり、2着、3着と好結果をみせていました。
何とか通用しそうかと思ったところで、今日の姫路競馬第7Rではスタート後に先頭にたつと、そのまま逃げ切ってゴール、見事に初勝利を決めました。

中央では全くレースになっていなかったので、先行して、そのまま逃げ切る脚力があるとは正直なところびっくり。
馬群に揉まれると走る気がなくなっていたのかもしれません。
とりあえず、これでしばらくは園田競馬で競走馬生活を過ごすことができそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、ビッグレッドファーム明和で調整中。この中間から調教を再開。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。まだ脚慣らし程度の ペースですが、素軽い脚さばきでスピード感のある走りは変わりません。年を重ねたこともあるのか、精神的にも落ち着いていて古馬らしい風格を感じさせま す。馬体には多少の緩みがあるので、まずは乗り込んで息をつくるとともに体を引き締めていきます。

◆ソシオ
マイネソシオは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。ウォーキングマシンによる運動とパドック放牧で管理されています。BRFツアーが近々に迫っているこ ともあり、放牧と騎乗するメンバーの入れ替えが活発です。いま放牧地に放しても、ツアー明けには新たに周囲の顔ぶれが変わってしまうリスクを考慮し、まだ 昼夜放牧を開始していません。状況が落ち着いたツアー終了後には順次屋外メインの生活に切り替える予定。休養期間は特に設けず、馬体がふっくらするまで休 ませたい考えです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アスペンアベニュー
6月21日(日)札幌・芝1200m戦に54kg藤岡佑騎手で出走・デビューし6着、馬体重は428kgでのデビューでした。まずまずのスタートから、道中は中団の中を追走しました。レース序盤は折り合いを欠いている場面もありましたが、直線では外からジリジリと伸びてお り、勝ち馬から0秒7差まで差を詰めていました。藤岡佑介騎手は「調教でも乗り難しい馬と聞いており、返し馬の際にはラチを蹴るなどかなりヤンチャなところを見せていました。ただ、ゲートが開いてからは一生懸命走っており、序盤こそ折り合いを欠くところがありましたが、最後はよく伸びていました。レース後、検量前に戻ってきた時も振り落とされそうになるなど気性面の難しさは否めませんが、一度レースを使ったことでテンションが落ち着いて走りに集中できるようになれば、前進が見込めるのではないかと思います」とのこと、安田隆行厩舎の調教助手は「ラチを蹴飛ばした影響はなかったと思いますが、やはり気性面の難しさはこの馬の課題です。ただ、既走馬相手に最後6着まで差を詰めてきているとおり、素質は持っていると思います。今回は芝のレースを使ってみましたが、普段の調教で乗っているダートでもいいフットワークをしており、砂を嫌がることがなければ、ダートでもやれるのではないかと思っています。芝・ダートの両睨みで、次走の予定を考えていきます」とコメントしています。

ようやくのデビュー戦、詳しいレースコメントです。
映像では随分と大人しいなあと思っていましたが、相当の暴れ振りだったようです。
惜しくも入着は逃しましたが、次走はダートも含めて出走できそうなところで頑張るしかないですね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、14日(日)に中京で出走して12着でした。見せ場も作れず残念な内容です。和田騎手がレース後に「競馬に行くと硬い感じで進んで いかなかった」とコメントしていましたが、帰厩後の曳き馬では歩様もスムーズで理解し難い感じでした。しかし、けさから騎乗を再開したところ、キャンター に行くと四肢に硬さを感じます。跨った調教厩務員も「和田騎手が言っていたことが判るような気がした。しばらく軽めに乗ってほぐれるのを待ちたい」と述べ ていました。次走についてはもう少し様子を見て具体的な目標を決めたいと思います。

◆ソシオ
マイネソシオは、14日(日)に中京で出走して11着でした。久々の長距離に馬自身も戸惑っていたのか終始掛かり気味です。そのうえ3コーナーでの不利 や、終始外々を回るなど道中のロスが結果に大きく響きました。3月に戦列に復帰して連闘や中1週など頑張ってきたことから、疲れ切ってしまう前にここで休 養を挟むことになりました。きのう木曜日にビッグレッドファーム明和へ無事に到着しています。

| | トラックバック (0)

アスペンアベニュー出走確定

アスペンアベニュー、出走が確定しました。
社台公式サイトによる出資馬近況です。

◆アスペンアベニュー
6/21(日)札幌6R・芝1200m戦に藤岡佑騎手で出走・デビューが確定しています。このレースは16頭立てになりました。

何度も繰り返しになりますが、ようやくのデビュー決定。
社台からは恒例のデビュー案内が到着しました。
ちょうど2歳馬がデビューする時期ですが、こんなに遅くもデビュー案内があるようです。

さて、出馬表をみると、近走2,3着の馬が2頭いますが、二桁着順ばかりの馬がかなりいます。
調教では結構良い動きなので、この相手関係なら好成績を期待したいものです。
昨年のこの時期は、フロイラインローゼが後からデビューした馬に次々と勝ち抜けされていったので、そのくやしさを晴らしてほしいものです。

| | トラックバック (0)

ラフィアンカタログ送付

ラフィアンから今年度の募集馬カタログが送られてきました。

カタログは特に目立った変更点はないのですが、3歳馬の大不振を筆頭に既会員からは不満爆発の状態であるにもかかわらず、そういったことには全く触れておらず、あたかも新規会員向けのような現社長の巻頭言には疑問を感じました。
他のクラブでも不振の場合は、回顧と反省めいたコメントがあって、今年こそはとまとめているのが一般的なのですが、これだけの成績不振で一切のコメントなしという姿勢は如何なものでしょうか。

さて、正直なところ、あまり検討する気がおきないので、今のところ、昨年牧場で会ったソーサリスの初仔に応募することしか考えていません。
来年のタキオン牝馬で優先出資券を行使するつもりなので、人気が集まれば出資できないと思います。

| | トラックバック (0)

アスペンアベニュー出走登録

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆アスペンアベニュー
今週6/21(日)札幌・芝1200m戦に藤岡佑騎手で出走、デビューする予定です。初出走の本馬は優先出走権があります ので、除外の心配はありません。ここまで長い道のりでしたが、陣営の努力のお陰でようやくデビューに漕ぎ着けました。能力は感じられますので、あとは気の 悪い面を出さずスムーズな競馬ができればと思います。

予定通り、札幌競馬の開幕週に出走登録しました。
調教では良い状態のようですので、何とか好走を期待したいですね。


| | トラックバック (0)

ラフィアン募集の変更点

ラフィアンが15日に北海道からメール便でカタログを発送したそうです。
毎度のことながら、何で社台のように到着日指定にできないのか理解できませんが、そのうち届くでしょう。

さて、今日のラフィアンの公式サイトで、今年の募集の変更点が掲載されていました。
引退牝馬の産駒への優先出資券の導入と一括払い割引率の変更の2点です。
優先出資券は私の出資馬のソーサリスから導入されたもので、制度自体は既にあったものですから、今年の募集から初めて権利が行使できるという確認のようなものですが、一括払い割引率の変更はカタログ送付の段階で初めて公表したものです。

私は分割払いではなく、いつも一括払いにしているので、この一括払い割引というのはありがたいものだったのですが、何とこれまでの7%から4%に大幅に減額されることに。
10万円の出資で3千円ですから、極めてわかりやすいサービス悪化です。
カタログを送付してからこういうのを発表しますかねえ、普通の会社がすることではないよ・・・

あと、募集馬の入厩予定先が公開されました。
ソーサリス08は、予想通り、佐々木晶三厩舎でした。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる2歳出資馬の近況です。

◆スペラーレ
マイネスペラーレは、ビッグレッドファーム明和で休養中。パドック放牧で管理されています。歩様が著しく悪化した両トモはフレグモーネを発症していまし た。改善に向かった現在は腫れも引き、僅かに左トモの跛行が残るのみです。念のため左トモ、管骨、飛節のレントゲン検査を行いましたが、いずれも骨に異常 はありませんでした。もうしばらくすれば正常な歩様に戻る、との獣医の診断です。回復した段階でウォーキングマシンによる運動再開を検討します。

先日の近況では「跛行」という話しだったのが、今日は「歩様が著しく悪化」とあったので、びっくり。
検査では骨に異常はないとのことですが、かなり悪かったようです。
この夏のデビューはもう無理だと思いますので、じっくりと治すしかないですね。
それにしても、こういう後出しの説明ばかりしているから、不信感が募るんですよねえ…

| | トラックバック (0)

牧場見学ツアー

今日は社台・サンデーの牧場見学ツアー(1回目)がありました。

クラブから案内が届くと翌朝速達で申し込んで、行く気満々でしたが、仕事のために参加できなくなり、やむなくキャンセル。
仕事あっての趣味なのですが、他部局のミスを補う仕事というので、憤懣やるかたなし。
ラフィアンと違って募集馬展示説明会の体裁が整っているので、安馬への出資でも参加して面白かったのですが、また来年以降に参加することに。

ところで、そのラフィアンの牧場見学ツアーは、昨日募集を締め切ったのですが、定員に満たなかったようです。
私は一昨年初めて参加しただけですが、現社長の拙い説明になったことから、以前と比べて随分と参加者が減ったという声を聞いたので、今年は一体どのくらいの参加者になるのやら。
3歳馬の不振や鉾田のトラブル続きなど、批判噴出のなかで、どんなツアーになるのか、変なところで興味津々です。

| | トラックバック (0)

2歳出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる2歳出資馬の近況です。

◆クリスマスキャロル
この中間も引き続き常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを消化しており順調です。また、直線コースでも1000mの距離を2本乗られており、ハロン15秒のペースに移行しています。体調面は安定していますし、すべての面で確実にステップアップできています。現在の馬体重は461kgです。

◆リスアンサス
この中間も深さのある周回ダートコース2500mで乗り込まれており、週の半分は直線コース(1200m)2本、ハロン17秒のキャンターを消化しています。週1回ハロン15秒の速め調教も継続していてこのペースにも慣れてきた印象です。このままさらなるレベルアップを目指して進めていきます。現在の馬体重は506kgです。

セゾン公式サイトによる2歳出資馬の近況です。

◆マジシャン
コスモヴューファームに滞在中。引き続き昼夜放牧を行っています。青草を黙々と食べながらのんびりと過ごしており、見た目にもだいぶふっくら映るようになってきました。精神的にリラックスできており、休養効果が感じられることから近日中に騎乗を再開する予定です。前回の騎 乗時には坂路を2本上がってもバテずに良い伸びを見せており騎乗スタッフの評価が高い1頭でした。今回の休養でどれだけ成長しているか期待が膨らみます。現在の馬体重は474㎏です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、14日(日)、中京11R・ダート1700mに出走します。中間、少し腰に疲労が感じられたものの、プールでの運動を行うことで改善に向かいました。水曜日には坂路で追い切りを消化。全体の時計はエラー表示でしたが、52秒台と推定されます。なお、競馬ブック社提供の調教タイムで「叩き一杯」になっているのは、もたれるのを制御するためにステッキを入れたことを受けての表記です。実際は余力を残した内容でした。柴田師は「中1週なのでびっしりやる必要はない。引き続き良い状態で臨める」とコメントしていました。

◆ソシオ
マイネソシオは、14日(日)、中京12Rの芝2500mに出走します。ここで勝っても夏開催になれば再び500万条件。ゆえに最近は強行軍できています。正確なところは判りませんが、減量の騎手の効果は短距離に比べ長距離の方が大きい印象。3キロ減の国分恭介騎手を配して臨むことになりました。岡田師は「オンとオフがはっきりしたタイプで調整はうまくできている。連闘後の中1週だが、疲れは感じられない。馬体もふっくらしている。レース後は放牧も検討したい」とコメントしています。

| | トラックバック (0)

出走確定

ソシオとトラヴェル、出走が確定しました。
ソシオは芝2500mの出走となりましたが、相手関係を見ると、近走入着級の馬ばかりで、楽な相手とも思えず、何でこのレースにしたのやら…
適性からでは芝1800mだと思うのですがねえ。
降級前最後の出走、何とかここで勝てるといいのですが。

◆ソシオ
中京競馬 6月14日(日) 12R 500万下 國分恭介 芝2500m 16頭

◆トラヴェル
中京競馬 6月14日(日) 11R 1000万下 和田竜二 ダ1700m 16頭

ラフィアン公式サイトによる調教タイムです。

◆ソシオ
6/10 助手 栗東坂 良 - - - 55.6 40.9 27.2 13.8 - 馬ナリ余力

◆トラヴェル
6/10 助手 栗東坂 良 - - - − 38.2 25.8 13.3 - 叩き一杯

| | トラックバック (0)

アスペンアベニューデビュー決定

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆アスペンアベニュー
札幌競馬場へ移動しており、無事到着しています。6/21(日)札幌・芝1200m戦でのデビューを予定しています。藤岡 佑騎手に騎乗依頼しました。普段のキャンターでも動きはよく、あとはゲート次第と言えます。陣営でも入念に作戦を練って、そこを乗り切ろうとしています。

ゲート試験を通過し、札幌開幕週でいよいよというか、ようやくデビューが決まりました。
私の出資馬としてはこれまでで最も遅いデビューとなりました。
夏競馬開催の2歳馬のデビューと同時期になり、複雑な気分ですね。
動きはいいという言葉を信じて、この札幌開催中でできるだけ頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

ソシオ・トラヴェル出走登録

ラフィアン公式サイトによると、ソシオとトラヴェルが週末の中京競馬に出走登録しました。
ソシオは芝2500mも視野に入れているようですが、新人騎手しか確保できないのかなあ…

◆ソシオ
中京競馬 6月13日(土) 11R 500万下 浜中俊芝 1800m
中京競馬 6月14日(日) 12R 500万下 國分恭介 芝2500m

◆トラヴェル
中京競馬 6月14日(日) 11R 1000万下 和田竜二 ダ1700m

| | トラックバック (0)

社台・サンデーカタログ送付

社台・サンデーから今年度の募集馬カタログが送られてきました。

例によって立派なスタリオンブック、繁殖牝馬名簿と一緒にカタログとDVDが送付。
スタリオンブックの表紙が少々安っぽい感じがするの気のせいでしょうか。
社台とサンデーの募集馬カタログが薄いのは、頭数が少ないからで気のせいではありません(笑)
DVDがただのプラケースに入っているなど少々経費削減の感も。

さて、カタログと繁殖牝馬名簿で、改めて申込み馬を検討したいと思います。
いつもの通り、2000万円以下の牝馬から選ぶつもりですが、オーナーズの募集価格が随分と安いなあと今さらながら実感しました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧されています。一緒に過ごしている仲間とすっかり打ち解けている様子。3頭が寄り添って青 草を食んでいる姿をよく見かけます。思っていたほどふっくらしてこない点が少し気になりますが、1、2週リフレッシュ期間を延長しても大きくは変わらない でしょう。一息入れて1ヶ月になる来週あたりから坂路入りを開始するつもりでいます。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー募集馬

社台・サンデーの公式サイトで募集馬の入厩予定先とカタログが発表されました。
昨日は全くアクセスできず、明け方に起きて再度試みましたが、何とか時間をかけて見ることができる程度。
これでは駄目だとあきらめていましたが、先程アクセスしたところ全く支障がなく、ようやくカタログを見ることができました。
サーバがダウンしたのではなく、予想以上のアクセスが一時的に集中したため、アクセス制限をかけていたんでしょうね。

ということで、募集馬一覧が発表された時点で興味を覚えた安い牝馬をカタログで見ました。
綺麗な写真とコメントに欲しくなる馬ばかりなのは毎度のこと。
今のところ出資候補は次のようなところでしょうか。

49 ビーチフラッグの08(父シンボリクリスエス)加用正厩舎 1600万円
55 フィールグルービーの08(父フジキセキ) 宮本博厩舎 1600万円
175 ヴェイルデラルナの08(父キングヘイロー)鮫島一歩 1200万円

| | トラックバック (0)

社台・サンデー募集馬の厩舎・カタログ発表

社台・サンデーの公式サイトで募集馬の入厩予定先とカタログが発表されました。

・・・しかし、昨年と同様に全くサーバにつながりません。
余程アクセス数が多いのか、サーバがへたれなのかわかりませんが、これでは何のためにアップしたのかわかりません。
一口馬主掲示板に書いてあったように、会員専用ページに直接アクセスすると、入厩先は見ることができました。
もし、会員外の競馬ファンが一斉にアクセスしているのなら、カタログも会員専用ページ内にファイルを置いてほしいものです。
ということで、昨年もそうであったように、私はこれから寝て、明け方にでもカタログを見ることにします。

ところで、楽しみにしていた社台・サンデーの牧場見学ツアーですが、仕事がほぼ確定したため、残念ながら本日キャンセルしました。
まだ参加費自体を払っていなかったので、キャンセル料だけ請求されるようです(泣)
ラフィアンのツアーは行けるのでしょうか。こちらは、本日からキャンセル料発生です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、30日(土)に東京で出走して10着でした。初めてのマイル戦で追走に不安があったものの、不良馬場の割に前半は落ち着いたペース でうまく流れに乗っていました。しかしその分前が残りやすく、決め手のない同馬にとって厳しい展開になったのが残念です。勝ち馬とは0.6秒差と着順ほど 負けておらず、良馬場ならまた違った展開になっていたでしょう。帰厩後も順調で、曳き運動を経て1周500mの角馬場でのキャンター調整を始めています。 来週、中京のダート1700mに引き続き和田騎手での出走を予定しています。

◆ソシオ
マイネソシオは、30日(土)に中京で連闘して3着でした。堅実な反面、自分でレースを作れない弱みが出てしまった印象です。特にダートでは芝よりもジリ 脚になりがちで、安藤騎手もコメントしているように動きたいときに反応できず後手後手になってしまいました。勝ち時計は1000万下でも通用するほど早 く、持ちタイムのない同馬には余計に厳しい展開です。帰厩後も、いつものレースを使った後と変わったところがなく、連闘の反動は感じません。今後の状態を 見極め、無理せずに使えるようなら来週の中京への出走を視野に入れています。

| | トラックバック (0)

アスペンアベニューゲート試験合格

社台公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アスペンアベニュー
6/4(木)にゲート試験を受けて無事合格しました。当初の予定どおり6/6(土)に札幌競馬場へ移動いたします。

ついにゲート試験を合格、ようやくデビューできることになりました。
残り時間はわずか、どれだけ出走できるのかわかりませんが、能力はあるものと信じたいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況です。

◆アスペンアベニュー
この中間もゲート練習を中心に行っており、6/3(水)の練習ではゲートに入る前に暴れていましたが、ゲートの入りは大丈夫でした。明日6/4(木)にゲート試験を受ける予定で、ここで合格すれば週末に札幌競馬場へ移動して、滞在競馬でのデビューを予定しています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる2歳出資馬の近況。

◆スペラーレ
マイネスペラーレは、ビッグレッドファーム明和で休養中。本来ならきのう1日(火)にビッグレッドファーム鉾田へ移動し、現地で仕上げて栗東へ送り出す予 定にしていました。しかし、日曜日の集牧時にトモが跛行しており、大事を取ってこのまま明和で調整を続けていくことになりました。他馬に蹴られたようで両 トモの管骨の外側に腫れがあり、けさの時点でも跛行しています。昼夜放牧を中止し、もうしばらく舎飼いで様子を見ます。

鉾田に行く前に故障してしまいました(^^;;
大事無いことを願うばかりです。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集馬東西振り分け決定など

ラフィアン公式サイトで今年の募集馬の東西振り分けが発表されました。
例によって関東馬の比率が高く、関東馬47頭、関西馬25頭とほぼ2対1となっています。
気になる馬ではマイネマジック07が関東行きで、見送り決定です。
私は多分ソーサリス07に申し込むだけだと思いますが、後は入厩先とカタログ、ツアー次第。

そのツアーですが、申し込んではいるものの、今月の仕事の都合で行けるかどうか怪しくなってきました。
今週中に決めないとキャンセル料発生なので、早くスケジュールがわかるといいのですが。
なお、社台・サンデーのツアーは既にキャンセル料発生時期に突入しています(^^;;

ラフィアン公式サイトの移動情報によると、スペラーレが入厩準備のため鉾田移動とのことです。
近況ではそんな情報はなかったのですが、鉾田で仕上げをして入厩する模様です。
とかく悪い話ばかりの鉾田ですが、2歳入厩前の入厩は私にとって初めてなので不安一杯です。
それにしても移動情報をみると、現時点で2歳馬の厩舎入り6頭、鉾田入り8頭とは、以前なら考えられない仕上がりの遅さです。

| | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »