« 溜まる一方・・・ | トップページ | 出資馬近況 »

アンソロジー復帰戦

アンソロジー、本日の札幌競馬第11R白老特別に出走しました。

昨年9月に礼文特別で勝ち上がった後に長期休養、さらに3月に1走しただけで放牧されていたアンソロジー、3か月振りの復帰戦です。
5歳夏で16戦目とは、大きな故障があった訳でもないのにいかにも少なすぎるので、最後の夏、得意の札幌でできるだけ頑張ってほしいところ。
まずはどれだけこのクラスで通用するかが課題で、私は場外でレースを観戦。

対戦相手をみると降級馬が多く、実績面では見劣りのするアンソロジー、さすがに予想は低評価で、専門紙でも全くの無印、人気も単勝55.0倍の11番人気と低人気。
馬体重は436キロと休養していた割には前走比-2キロと馬体減。

雨で重馬場でのレース、スタートでアンソロジーは出遅れ、後方からのレースとなります。
向正面、何とか集団について、後方5番手あたりで3~4角を周ります。
直線に入って、集団の真中から徐々に上位に上がっていき、最後は上位勢に差のないところまで詰めて、7着で入線しました。

まずは上位に入れて一安心。スタートでの出遅れがなければと思うと、まずまずの結果でしょうか。
次走は好条件でスタートがいつものようなら入着はできそうです。
しかし、最後の札幌、あと2走できればいいほうなので、早く結果が求められるところです。

サンデー公式サイトによるレースコメントです。

7/19(日)札幌・白老特別(芝1200m)に55kg秋山騎手で出走、馬体重は3月の前走からマイナス2kgの 426kgでした。やや遅めのスタートとなり、後方からのレースとなりました。後方4番手までポジションを上げて、直線では馬場の内から真ん中にかけて を、最後までしっかりと伸びました。勝ち馬から0秒6差の7着でゴールしましたが、4着からは0秒1差という接戦でした。レース後、秋山騎手は「昨年のい い時期に比べると、状態面ではまだ物足りませんが、ジッとしていたら、終いはいい脚を繰り出してくれました。このクラスでも十分やれますね」、調教助手は 「このまま札幌競馬場に滞在させて、次走を狙いましょう。もう少し飼い葉を食べてくれればいいのですが」と語ってくれました。

|

« 溜まる一方・・・ | トップページ | 出資馬近況 »

アンソロジー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/45681452

この記事へのトラックバック一覧です: アンソロジー復帰戦:

« 溜まる一方・・・ | トップページ | 出資馬近況 »