« アスペンアベニュー惨敗 | トップページ | ラロンハ入厩 »

アスペンアベニュー引退

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆アスペンアベニュー
レース後、馬体には特に変わりありません。ただし、前走はレース前からテンションが異常に高くなり、担当厩務員を蹴るなど 激しく暴れてしまいました。レース後もイレ込みが目立っており、通常の調教を行える精神状態にはありません。10月1週目まで組まれている限定未勝利戦に 使うとすればいったん栗東TCへ移動させることになりますが、長距離輸送によってさらにテンションが上がってしまうことが懸念されます。このような状況で はレースにいって力を発揮することは困難と思われることから、調教師および牧場サイドとも協議した結果、残念ながら本馬をこのまま引退・繁殖入りさせるこ とにいたしました。なお、詳細につきましては、後日書面をもってお知らせいたします。

やはりというか、スーパー未勝利戦終了を待たずして引退となりました。
昨日も書いたように、この状態では到底勝ちあがれそうにはないので、予感はしていました。
今日の昼から何度か公式サイトで確認していたのですが、夜になって情報更新。

私にとって、ここまで気性難の馬は初めてのこと。
昨年9月に山元TCに移動してから何やらおかしいなあと思っていましたが、最後までどうにもならなかったですね。
競走馬として今後のことが心配でしたが、意外にも繁殖入りということで、とりあえず一安心です。

社台・サンデーでは昨年のフロイラインローゼに続く2頭目の未勝利引退ですが、レースを一度も観戦することなく終ってしまったのは、ラフィアン・社台を通じて初めての馬で、全くもって残念でなりません。
また、いまさらですが、これで2006年産駒はラフィアン・社台で合わせて4頭全てが12戦して未勝利引退となりました。
まさに壊滅状態で、今年の2歳馬にはその代わりと願わざるをえません。

|

« アスペンアベニュー惨敗 | トップページ | ラロンハ入厩 »

アスペンアベニュー」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/46150286

この記事へのトラックバック一覧です: アスペンアベニュー引退:

« アスペンアベニュー惨敗 | トップページ | ラロンハ入厩 »