« 出資馬近況 | トップページ | ドリームマジシャンレース回顧 »

ドリームマジシャンデビュー戦

ドリームマジシャン、25日京都競馬第5R芝1800mに出走、無事にデビューを果たしました。

マジシャン、2007年産出資馬4頭の先陣をきってのデビュー戦となりました。
昨年のような悲惨な状態にならないように不安と期待をもってのデビュー戦で、牧場ではまずまずの動きである程度は期待したいところ。
レース自体が超良血馬2頭出走するとあって注目されることとなりましたが、こちらも重賞馬ソーサリスの半弟、まずは最低でも入着は目指したいもの。
わざわざ入会したセゾンでの初レースでもありますが、これはどうでもいい感じ。
私としてはデビュー戦なので現地観戦したかったのですが、仕事のため現地観戦できず、後でグリーンチャンネルでの録画観戦。

競馬ブックの予想では、超良血馬のヴィクトワールピサとローズキングダムの2頭で決まり、マジシャンは本紙△。
人気はその2頭に集中、マジシャンは単勝30.3倍の6番人気。
パドックのマジシャンは馬体重478キロ、映像ではなかなかの好馬体。グリーンチャンネルの解説でも推奨馬に。

さてレース、そろったスタートからマジシャンは集団真ん中あたりに位置取り。
馬自体は行きたそうな様子でしたが、騎手は抑えてやや折り合いを欠いた感じで向正面を通過。
そのうち折り合いもついて、レースを進行、集団がかたまった状態で3~4角を周ります。
直線に入って各馬スパート、人気の2頭ともう1頭が抜け出し、マジシャンもこれを追走。
しかし、人気2頭が後続を大きく引き離してワンツーフィニッシュ。
マジシャンはよく追い上げましたが、4着で入線しました。

評判の超良血馬2頭が実力通りの走りを見せましたが、マジシャンはこれには及ばないものの4着で、最低限の目標は達成。
ソーサリス同様に切れる脚はないものの、まずまずの脚を見せて、普通の相手なら勝てそうに思いました。叩いての2走目に大いに期待したいところです。

ところで、このレースは4着入着となりましたが、私の出資馬としては、何と5月のソシオ以来12戦振りの入着。
出走レースも少ないのですが、内容もさっぱりの今年の不振を象徴している感じですが、早く勝って今年の両目を開けてほしいところです。

|

« 出資馬近況 | トップページ | ドリームマジシャンレース回顧 »

ドリームマジシャン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/46610987

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームマジシャンデビュー戦:

« 出資馬近況 | トップページ | ドリームマジシャンレース回顧 »