« アンソロジー突然の引退決定 | トップページ | ラロンハ復帰戦 »

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆トラヴェル
マイネルトラヴェルは、左前肢の球節が腫れてきたため、レントゲン検査を行ったところ骨膜が出ていました。近々、ビッグレッドファーム浦和に移動して休養させます。

かなり心配なコメント。大事ないことを祈ります。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、4日(日)、阪神8R・ダート1200mに出走します。30日(水)にはCWコースで6ハロン79.4秒をマーク。ラストは一杯でしたが、先週よりもさらにタイムを詰めてきました。担当の厩務員は「飼い葉を食べるし、球節やヒザの不安がないので、しっかり負荷がかけられる。息の入りは良くなっている。入厩時よりもすっきりしてきたが、プラス体重での出走となるかもしれない」とコメントしています。2つの勝ち星をあげている相性のいい阪神で、好走を期待したいものです。

久々の復帰戦、どんな状態で臨めるでしょうか。

◆スペラーレ
マイネスペラーレは、栗東で調整中。角馬場でダクを踏んでから坂路1本を駆け上がるメニューを主体に、この中間はゲート練習も織りまぜて乗り込まれています。きのう木曜日には試験を受けましたが、1回目は合格レベル良だったものの2回目でゲートへの寄り付きが悪く、ダッシュも遅れて不合格になってしまいました。姉のMエスポワールと違ってカリカリしやすく、その性格が不慣れな試験で出てしまったようです。金曜日のけさも練習しましたが、特に問題はありませんでした。来週にも再度試験を受ける予定です。

最近の近況で徐々に明らかになってきましたが、エスポワールとは随分とタイプが違うようです。
同様の活躍を期待するのは難しいかもしれません。

社台公式サイトによる1歳出資馬の近況。

◆フィールグルービーの08
夏からの夜間放牧を継続しながら初期馴致を開始しており、現在はサイドレーンを装着してウォーキングマシン内を歩かせる訓練を行っています。ここまでは特に問題ありませんので、このまま鞍をつけて人が跨る乗り慣らしをへて、馬場入りしての騎乗調教へと移行していきます。馬は元気一杯で、体調面の良さは心配ありません。9月の牧場見学ツアー時の測尺は、体高158.5cm、胸囲178cm、管囲20cm、現在の馬体重は502kgです。

はじめての近況です。まずは馴致開始から。

|

« アンソロジー突然の引退決定 | トップページ | ラロンハ復帰戦 »

マイネスペラーレ」カテゴリの記事

マイネラロンハ」カテゴリの記事

マイネルトラヴェル」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/46375386

この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況:

« アンソロジー突然の引退決定 | トップページ | ラロンハ復帰戦 »