« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアン2006年産駒成績総括 »

ラロンハ復帰戦

ラロンハ、本日の阪神競馬第8Rダート1200mに出走しました。

4月に2勝目をあげ、1走した後に休養していたラロンハ、今日は5か月振りの復帰初戦。
BRFで充分に仕上げないまま、急遽栗東に入厩したため、厩舎で急仕上げをしたラロンハですが、動きはいいようで、降級戦ということもあって、ある程度は期待のレース、最低でも掲示板を確保してほしいところ。
久し振りのラフィアン出資馬出走というので、私は阪神競馬場で観戦。

パドックのラロンハ、馬体重は前走比+14キロの486キロと大幅な馬体増、しかし、見た目はそれほど変わらず、グリーンチャンネルの解説でも仕上がった馬体とのこと。
予想は、競馬ブックでは印の厚い本紙○で、他でも上々の予想。
これを受けて人気は単勝5.9倍の3番人気と高人気。

さてレース、スタート後の先行争いでは、ラロンハは行き脚がつかず、6番手あたりにつけてレース進行。
向正面をこのまま進んで、3~4角を周って直線に入ったところで、位置取り変わらず。
激しい5着争いで何とか掲示板をと思いましたが、最後は後続勢に抜かれてしまい、7着で入線しました。

最低でも掲示板はと思いましたが、7着と可もなく不可もない結果に。
やはりまだまだ仕上がっていないのか、次走に期待したいところです。

ラフィアン公式サイトによるコメントです。

幸騎手「馬群に揉まれてしまったのが失敗。敏感なところがあって周りを気にしていた。狭くなった4コーナーでは怯んで横を向いていた。調子の良い頃は掛かるくらいと聞いている。これを叩いてもっと良くなるのでは」

|

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアン2006年産駒成績総括 »

マイネラロンハ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/46392319

この記事へのトラックバック一覧です: ラロンハ復帰戦:

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアン2006年産駒成績総括 »