« ドリームマジシャンデビュー戦 | トップページ | 出資馬近況 »

ドリームマジシャンレース回顧

セゾン公式サイトによる出資馬レポートです。
初めてのレース回顧ですが、翌日更新で随分と詳しいんですね。

◆ドリームマジシャン
10/25(日)京都競馬第5レース、2歳新馬、芝の1800mに、11頭立て、7枠9番、角田晃一騎手騎乗でデビュし、4着でした。まずまずのスタート を決めると無理に出していかず、先手を主張した各馬を先に行かせ6、7番手につけます。鞍上が手綱を抑えるとやや行きたがる素振りを見せたものの、馬群中 団でなだめながら追走すると落ち着きを取り戻し、その後は上手く折り合いながら追走します。前半1000m通過が62.5秒と小頭数の新馬戦らしくゆった りとした流れの中、各馬一団となって3~4コーナーを回ります。直線に向き各馬一斉に追い出しを開始すると、同馬も鞍上の鞭にしっかりと反応し外目から良 い伸びを見せます。しかし先に抜け出した3頭の切れ味には及ばず、結局勝ち馬から1.2秒遅れての入線となりました。馬体重は478kgでした。騎乗した 角田騎手は「道中は馬群の後ろで上手く我慢し脚をためていたのですが。直線追ってからの反応がもう少し早ければ違っていたかもしれません」とコメント。宮 本調教師は「勝った馬は強かったですが、同馬も最後まで良く踏ん張ってくれたと思いますし結果が早く欲しい所ですね。走法を見る限りダートも合いそうなの で次走はその辺も考慮して検討して行きたいと思います」とコメントしていました。次走については厩舎に戻って様子を見てから検討していきます。

|

« ドリームマジシャンデビュー戦 | トップページ | 出資馬近況 »

ドリームマジシャン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/46592185

この記事へのトラックバック一覧です: ドリームマジシャンレース回顧:

« ドリームマジシャンデビュー戦 | トップページ | 出資馬近況 »