« ソシオ復帰戦決定など | トップページ | クリスマスキャロルデビュー戦 »

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ラロンハ
マイネラロンハは、栗東で調整していましたが中間から右後肢の踏み込みが悪くなってしまいました。疲労が原因とみられることから、予定していた今週の出走を取りやめ、ビッグレッドファーム明和へ移動して様子を見ることになりました。5日(木)に無事到着しています。

もう少し詳しいことがわかるのかと思っていましたが、最低限のことしか書いていませんね。
水曜日には栗東を出ていたようで、こういったことは臨時で更新していてほしいものです。
状態が悪いのに追い切って悪化した模様ですが、大事ないことを願います。

◆ソシオ
マイネソシオは、8日(日)福島12R・檜原湖特別・芝2000mに出走します。4日(水)の追い切りはウッドコースで6ハロン84秒台でした。少しタイムがかかったのはチップの入れ替え等により時計を要する馬場状態だったため。動きは問題ありません。岡田師は「放牧する前と比べていい意味で出来は平行線」と述べていました。以前に比べてテンションが上がりすぎないのは、トレセンから出てリフレッシュできた効果でしょう。牝馬限定戦にしてはそこそこ相手関係はそろった印象ですが、休養前の実績から差はないはずです。

こちらもイケイケの厩舎なので心配ですが、まずは無事に周ってきてくれますように。
状態さえ良ければ、ある程度は走れるはずです。

◆スペラーレ
マイネスペラーレは、31日(土)、京都でデビューし、4着でした。テンに置かれましたが、ラップが落ちた3ハロン目あたりから追い上げていき、直線でもじわじわと脚を伸ばす内容でした。脚質を考えると早めに動いていったのは好判断といえますが、もう少し早めに追い上げることができていたらもっと差は詰まっていたでしょう。道中、ムチが入っていましたが、騎手がコメントしていたように、真面目に一生懸命に走っていた点は評価してもいいでしょう。水曜日までは疲れを取ることに重点おいてプール中心のメニューで木曜日から騎乗を始めています。次走は京都3週目のダート1800mが有力です。

例によって遅いレース解説、次走は中2週で22日(日)のレースに臨むようです。
距離を伸ばして期待したいものですね。

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆リシアンサス
宇治田原優駿Sに在厩。周回コース2400mで準備運動を行ったあと、坂路コースでハロン18秒くらいのキャンターで乗っています。週2回の速めとゲート練習も続けており、順調な調整過程です。到着時と比べると、馬体もしっかりしてきましたのでこの調子で進めていきます。

◆フィールグルービーの08
初期馴致は無事終了しており、この中間から本格的な騎乗調教を開始しました。現在は常歩3000m、ダク1200mと周回コースで軽めキャンター1200mを消化しており、その後直線ダートコースに入ってハロン20秒のキャンター乗られています。体調面の問題はありませんが、気性的に自分を強く持っていて、指示に対して時折反発してきます。また、自分からハミを取って走るという感じではありませんので、これからしっかりと教育していかなければなりません。現在の馬体重は494kgです。

|

« ソシオ復帰戦決定など | トップページ | クリスマスキャロルデビュー戦 »

マイネスペラーレ」カテゴリの記事

マイネソシオ」カテゴリの記事

マイネラロンハ」カテゴリの記事

リシアンサス」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/46694032

この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況:

« ソシオ復帰戦決定など | トップページ | クリスマスキャロルデビュー戦 »