« 出資馬近況 | トップページ | G1サラブレッドクラブ »

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況です。

◆ソシオ
マイネソシオは、函館競馬場で調整中。ダートコースとウッドコースで乗り込まれています。26日(木)には丹内騎手が騎乗して追い切られました。単走でさっと流してタイムは5ハロン69秒程度でしたが、直線ではきちんと反応しており、合格点の与えられる内容です。担当の厩務員は「気性の難しいところがあり、稽古の時に周りに馬が多すぎても少なすぎても集中力を欠いてしまう。今はちょうどいい時間帯を選んで馬場入りできているので、精神的に安定している」と語っています。札幌4週目の牝馬限定・ダート1700mに出走する予定です。

◆ムジカ
マイネルムジカは、28日(土)、札幌2Rの芝1800mに中谷騎手で出走します。中1週で札幌への輸送もあるため、水曜日の追い切りは終い重点で半マイルから消化。長めから行っていないとはいえ、ラスト1ハロンは良い伸びでした。調教助手は「ガラッと変わった感じはないけど、叩かれて良くはなっている。跨がっている感触からは距離が延びてゆったり行けるのも良さそう。本当に良くなるのはもう少し先だと思うけど、現時点での良い状態では送り出せていると思う。あとは自分から走る気を出してくれれば」と話していました。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、栗東で調整中。坂路とニューポリトラックを主体に乗り込まれています。来週の小倉、芝1800mに向けて、きのう木曜日に坂路で追い切りを消化。終い重点の指示でテンに無理をさせていませんが、この馬なりには脚を伸ばしました。佐々木師は「最後は目一杯に追った。呼吸音は相変わらずだけど、最後はしっかりしていて止まる感じがなかったのは良かった。使って少しずつ上向いている感じ」と話していました。来週もしっかり追ってレースに臨みたい考え。騎手は現在調整中です。

社台公式サイトによる出資馬の近況です。

◆フィールザヴォーグ
引き続き、常歩4000m、ダク1200mと周回コースで普通キャンター1200mを乗り込まれています。同時に直線コース(1000m)でも2本のキャンターを継続しており、この中間からハロン15秒ペースの速め調教を取り入れ始めています。まだ速め調教では馬体を持て余しているところがありますので、調教が進むにつれて解消できればと考えています。距離には確実に対応できそうですので、今後も下半身強化を第一の目標として仕上げていきたいところです。現在の馬体重は前回と同じ520㎏です。

|

« 出資馬近況 | トップページ | G1サラブレッドクラブ »

フィールザヴォーグ」カテゴリの記事

マイネソシオ」カテゴリの記事

マイネソルシエール」カテゴリの記事

マイネルムジカ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/49270719

この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況:

« 出資馬近況 | トップページ | G1サラブレッドクラブ »