« 出資馬近況 | トップページ | リシアンサス最後も惨敗 »

ムジカ関西初出走も惨敗

ムジカ、本日の阪神競馬第1R2歳未勝利戦ダート1800mに出走しました。

8月に札幌でデビューしたものの、8着、13着とぱっとしない成績を残して、栗東に移動してきたムジカ、地元関西初出走で、芝からダートに替わってどこまで走れるかに注目。
私は阪神競馬場まで行って初めてのレース観戦。

今年の6月末の牧場見学ツアーで対面して以来のムジカ、パドックではクビを下げトボトボと歩き、全体に覇気がない感じで周回。やたらと口を開けているのも気になるところ。
馬体重は前走変わらず478キロですが、体重の割にはまだまだ幼い感。
調教では好時計のため、競馬ブックの予想は本紙△とまずまず。
しかし、人気はなく、単勝35.4倍の7番人気。

さてレース、ムジカはスタート後勢いがつかず後方に。
大本命で1番人気の7号馬が先頭にたって集団を引っ張り、ムジカは後ろから5番目で集団を追走します。
1~2角を周っての向正面も位置取り変わらずレース進行。
さらに3~4角を周り直線に入っても全く変わらず、先頭からそのまま押し切って優勝した7号馬から3.4秒離された15着で入線しました。

全く内容がなく、後方追走のまま惨敗に終わってしまいました。
芝もダートも変わりなく、現時点で実力不足としか考えられません。
これ以上走っても意味がないので、成長を期して放牧に出すしかないと思われます。
血統的には問題ないはずなので、競馬ブックの”素質あるはず”というコメントを信じるしかありません。
僚馬のハミルトンと殿1,2フィニッシュで、共に早くも土俵際に追い込まれてしまいました。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

浜中騎手「指示どおりに早めに動いていったが、終始内にもたれて、まともに追えなかった」
中村調教師「追いきりの動きを考えると、もっとやれると思うのだが…」

|

« 出資馬近況 | トップページ | リシアンサス最後も惨敗 »

マイネルムジカ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/49631967

この記事へのトラックバック一覧です: ムジカ関西初出走も惨敗:

« 出資馬近況 | トップページ | リシアンサス最後も惨敗 »