« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアンへの出資中止 »

ようこそ競馬の聖域へ

本屋に寄ったら、一口馬主掲示板等で話題になっている「ようこそ競馬の聖域へ」が販売されていました。
購読しようかとも思いましたが、内容が薄そうだったので、主なところを立ち読みでざっと読みました。

内容は作者が岡田繁幸氏との関わりを通じて競馬界の裏事情を語るというものですが、「ラフィアンへの警鐘」という章で、近年話題のレーシングマネージャー氏を相当非難し、ラフィアン成績低迷の要因として書いています。

作者の金子某という人がどのような人かもわからないうえ、さらによくわからないX氏(ラフィアン会報を見れば鈴木秀敏氏のこと)を一方的に批判している内容なので、真偽の確かめようもないのですが、最近、ネットで批判され、私も文句を垂れている、特定騎手偏重と騎乗指示、厩舎との関係の件は、おそらくは多少の誇張はあるものの、今の状態を示しているのだろう思われるものでした。

この本を読めば、ラフィアン会員ならば、腹立たしく思わない人はいないでしょう。
ただ、こんな特定ネタの話題がよく本になったなあと思うと同時に、何故今の時期にというのが不思議でなりません。

そもそも、私は、ラフィアンの競走馬が勝てなくなったのはレベル低下だと思っているので、最後の騎手起用などの実戦だけを成績不振の要因として決め付けるのも如何なものかと思っており、ラフィアンとBRFの責任体制そのものに大きな問題があるように考えています。

さて、この本ですが、私はこの内容を全てにおいて鵜呑みしているわけではありません。
というのも、「中央競馬と地方競馬」という章で、多少は地方競馬のことを知っておれば、それくらい常識だろうということを、あたかも衝撃の事実のように記載されていたためです。

園田競馬をもとにした、賞金の格差、調教とレースの日々等々、中央競馬に比べて厳しい環境の騎手の記述などは、こんなことも知らなかったのかとあきれてしまいました。
レースを見て、今は中央競馬にいる小牧、岩田、赤木の3騎手が秀でているのが一目でわかった云々などは、明らかに嘘としか思えず、他にも見下したような態度が見受けられ、批判しているX氏と同じ穴のむじなという印象を抱かざるをえません。

|

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアンへの出資中止 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/50213052

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ競馬の聖域へ:

« 出資馬近況 | トップページ | ラフィアンへの出資中止 »