« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の21件の記事

社台・サンデー募集馬発表

社台・サンデー公式サイトで今年の募集馬が発表されました。

昨年は私にすれば高額の人気牝馬に出資できたので、今年はどうするのか決めかねていますが、リシアンサスの補償もわずかながらあるので、堅実そうな安馬にでも出資しようかと思っています。
サクラバクシンオーが死亡したので、その産駒でもと思っていたら、関西馬では牡馬1頭しかいません。もっと募集してくれるとよかったのですが。

さて、今年から補償がなくなるので募集価格がどうなるのかが最大注目事項で、5月中旬の募集価格発表待ちです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ムジカ
マイネルムジカは、久々の前走がタイムオーバー。立て直しを図ることになり、きのう28日(木)に栗東の中村厩舎からビッグレッドファーム鉾田へ移動しました。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、トレセンに戻ってからも順調に乗り込まれています。若干の疲れがあるとはいえ、この程度ならすぐに解消するでしょう。次走はオークス。持ち味をフルに発揮させた柴田大知騎手が本番でも手綱を取る予定です。

祝日でも近況更新されてやれやれと思ったら、随分と簡単な内容ですな。
特にフローラS2着でオークス出走権獲得のソルシエールは体調面など詳しく知りたかったのですが…
このクラブはレース前後の出資馬の情報がさっぱり入らなくなってしまいましたね。

なお、さすがにオークス目指して厩舎で調整するようで安心しました。
鞍上が丹内騎手でなくてさらに安心。柴田大騎手なら本番で惨敗しても仕方ないです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆フィールザヴォーグ
引き続き右前脚へ水冷治療とレーザー治療を行いながら、ウォーキングマシン運動を午前と午後の2回(計2時間)しっかり歩かせています。獣医師の検査でも順調な回復が確認されていますが、まだ北海道は寒さも残っており、騎乗再開はもう少し基礎運動を重ねて気候が温暖になってからを予定しています。楽をさせていることで、馬体重は526kgと増えていますので、今後は増えすぎないように注意していきたいところです。

騎乗再開はまだまだ先の模様…
スーパー未勝利戦に間に合えばいいと思ってるのでしょうか。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。坂路とポリトラックコースを併用して乗り込まれています。中間は、坂路中心に体を解す事に専念しペースアップに備えていました。精神的にも落ち着いている様子で、動きもしっかりしている事から、今週は予定通り追い切りを消化しています。4/27にはポリトラックコースで追い切り、単走で6ハロン75.8秒、3ハロン36.4秒、ラスト1ハロン12.5秒の時計を一杯に追われてマークしています。宮本調教師は「この日は雨の影響で馬場状態が悪く、以前より馬場を少し気にする所がありますので、その影響の少ないポリトラックコースで追い切りました。長めから入ってしっかり負荷を掛けていますので、さすがに最後は少し脚は上がってしまいましたが、この追い切りでしっかりしてくると見ています。以前の様にそこまで掛かる事も無く精神的にも成長している様子で順調ですね」とコメントしていました。今後は週末に動きを確認して来週のメニューを検討して行きます。次走については5/8京都競馬、ダート1900mに出走予定。浜中俊騎手に騎乗依頼しています。

復帰戦の鞍上も決まりました。このまま順調にレースに臨めますように。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間も変わりなく、本日4/27(水)は坂路コースで、半マイル53.2-39.3-25.9-13.1のタイムをマークし、しっかりとした動きでした。来週5/8(日)新潟・芝2000m(牝)戦への出走を予定しており、丸山騎手に騎乗依頼しています。

| | トラックバック (0)

社台サンデー募集予定馬発表

社台・サンデーから経費の明細書にあわせて、今年の募集予定馬リストと牧場見学ツアーの案内が郵送されてきました。

募集予定馬については、昨年はオーナーズと地方競馬オーナーズ募集予定馬が明示されていたのですが、今年はオーナーズの明示がありません。
ということで、通常のクラブ募集馬が何なのかはわからない状況です。
間もなくホームページで発表されるクラブ別の募集馬発表を待つしかないようです。

牧場見学ツアーですが、実際にどうするのかは未定ですが、とりあえず申し込んでおこうと思っています。
今年はラフィアンの新規出資を見送るので、ラフィアンのBRFツアーには行かないつもりなので、行くとしたら社台のツアーでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ムジカ
マイネルムジカは、23日(土)、京都5Rに出走し、15着でした。久々が堪えたのかタイムオーバーとなってしまい、5月23日まで出走することができません。レース後の状態次第ですが、再度立て直して出走を目指すことも検討しています。
FromRaceCourseのコメント
中谷騎手「4コーナーで手応えがなくなってしまった。馬体重が減っていた影響があったと思う」

タイムオーバーだったんですな。
以前ならこの時期でタイムオーバーなら即引退だったと思いますが、もう1回走らせるようです。
もっとも、”目指すことも”というのが…

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、23日(土)、東京11RフローラステークスG2に出走し、2着と健闘しました。これでオープンクラスとなり、次走は5月22日のオークスに向かいます。
FromRaceCourseのコメント
柴 田大知騎手「内枠の利を活かして積極的な競馬ができた。二、三完歩めが少し遅い感じで軽く促してあの位置へ。折り合いもついて直線に入ったら長く脚を使って伸びた。最後まで本当に一生懸命に走っていた。あそこまでいったら勝ちたかったのだが…。癖もなくて乗りやすい馬だった」

ということでめでたくオークス出走です。
今日は週刊競馬ブックなどの競馬雑誌でレース回顧を堪能しました。

| | トラックバック (0)

ソルシエール オークスへ

ソルシエール、本日の東京競馬第11Rオークストライアル・フローラステークス(GII)芝2000mに出走しました。

2勝目を上げるまでもなく、パッとしない成績のまま3歳春の出走を続けてきたソルシエール、一旦は休養の話しもでましたが、手塚調教師の進言もあって続戦となり、何と今回はオークストライアルのGIIレースに出走することに。
これまでの出走内容、対戦相手からみてとても上位を狙えるとは思えず、なんでまたこのレースにというのが正直なところ。何が何でもクラシックへのクラブの意向が働いたのかと思えるところも。
本来なら私の出資馬としてはソーサリス、インティマに続く3頭目の重賞出走で、初のGIIレース出走なので、東京まで行って現地観戦するところですが、あまりにも期待できそうにないことから自宅でテレビ観戦。

パドックのソルシエール、馬体重は前走比+2キロの448キロで、馬体自体はそれほど変わらず。
競馬ブックの予想はもちろん全くの無印、ここは荷が重いの寸評もあって、単勝199.1倍の15番人気。

さてレース、最内枠のソルシエールは好スタート、内枠を活かして先行勢にとりつき、先頭11号馬から5番手あたりにつけてレースを進めます。
向正面も5番手で気持ちよくレース進行、3~4角に。
そのまま直線に入って、ソルシエールは最内から中に運びます。
東京の長い直線、各馬必死に追いますが、それほど先行勢の位置は変わりません。
そのなか残り200でソルシエールの前を行く4号馬ピュアブリーゼが先頭に立ちます。
ソルシエールも先行勢についていき、これは入着あるかと思ったところで、馬の間を割ってジリジリと上がっていき、さらに先頭のピュアブリーゼに並び交わします。
まさか勝ったかと思ったところで外から強襲のバウンシーチュンが並んでゴール。
スロー映像で見ると外のバウンシーチュンがやや有利。
果たして結果はとドキドキしながら待つと、残念ながら2着での入線となりました。

何度も繰り返しますが、明らかに無理目のレースだと思っていたので、2着の好走にびっくり。
初勝利のレースでも同様でしたが、まさかまさかのレースでした。
ついていくのに精一杯かと思いましたが、ジリ脚とはいえ最後の脚はなかなかのものでした。
好走時とそうでない時の内容に差がありすぎますが、どうやらうまく先行させて気分良く走らせるのが鍵のようです。
オークス出走をという調教師コメントをひややかに見て、何で無理なレースに出走させるのかなあと思っていましたが、今回は調教師のレース選択に脱帽です。

何はともあれこれでオークス出走権を確保できました。
私の出資馬としては、初めてのGIレース出走となりました。
今回のレースと同じように走れるのかも定かではなく、厳しいレースになるのは確実ですが、権利を取っての堂々の出走なので、私も久々に東上して現地で応援したいと思います。

また、本賞金も加算できたので、これで晴れてオープン馬に。
好走できるかどうか不安を抱えた馬ですが、うまくいくと牝馬重賞路線に乗れそうです。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメント。

柴田大知騎手「内枠の利を活かして積極的な競馬ができた。二、三完歩めが少し遅い感じで軽く促してあの位置へ。折り合いもついて直線に入ったら長く脚を 使って伸びた。最後まで本当に一生懸命に走っていた。あそこまでいったら勝ちたかったのだが…。癖もなくて乗りやすい馬だった」

多分オークスではイサベルに松岡騎手が乗るのですが、ソルシエールには丹内騎手は勘弁したいので、このまま柴田騎手でいいかな。

最後に、現地観戦はもちろん、応援馬券すら買わずにテレビで見ていたレースですが、結果発表まではこのまま勝ったらと、いろいろと妄想してしまいました。
ソーサリスと親仔での人気薄の重賞制覇かとニヤニヤしたり、何で馬券を買わなかったかと後悔したり、配当金はいくらになるのかと暗算したり(笑)
その一方で、現地観戦しなかったレースで勝ってもなあと思い、2着に終わってほっとしたのも事実。
やはり私にとってはテレビで見るレースの好走より、目の前のレースでの好走が嬉しいようです。

| | トラックバック (0)

ムジカ復帰戦惨敗

ムジカ、本日の京都競馬第5R芝1600mの未勝利戦に出走しました。

昨年夏にデビューし、初戦8着も、その後2戦連続でブービーに終わり、故障もあって長期休養に入ったムジカ、ようやく復帰し、7か月振りの出走となりました。
クラブ近況では、故障の回復度合いも定かではなく、競走能力の向上も見受けられなかったムジカ、例によって入厩して即復帰戦で、クラブの調教師コメントでも正直に期待できそうにないとあって、どこまで走れるのか正念場のレースとなりました。
このレースが最後のお別れになるかもしれないと現地観戦するつもりでしたが、疲れが溜まっていたのと、大雨だったので、競馬場には行かず、グリーンチャンネルで生観戦。

パドックでのムジカ、馬体重は何と前走比-24キロの454キロと大幅な馬体減。
3歳この時期の半年振りの復帰戦で、これほどの馬体減とはカイ食いがいまひとつという状態ではありません。
映像ではそれほど細くも見えなかったのですが、これで先行き真っ暗に。
競馬ブックの予想はもちろん無印、人気は単勝177.0倍の14番人気、さらに2頭下がいるのが不思議な程。

さてレース、各馬そろったスタートからムジカは行き脚なく後方にさがっていき、最後方から3、4番目あたりで集団を追走します。
そのまま向正面を進んで3、4角、集団から離れて最後方の11号馬の前あたりまでムジカは下がってしまい、レース映像にはほとんど映らなくなります。
ゴールでは他の馬が次々となだれ込んでいきますが、優勝馬から4.6秒差離されて、16頭中15着で入線しました。

終始後方のままレースを走っただけで、全く内容がなく、復帰前から3戦連続してのブービーに終わってしまいました。
中村師のコメント通り、とても競走馬としてレースを走れる状態ではなかったようです。
牧場で何をやっていたのかと怒るというか、あきれるやらの結果でしたが、馬自身に問題があるのではいたし方ありません。
この状態では引退も止む無しで、今回の復帰が会員に引導を渡すためだけだとしたら残念でなりません。

クラブのレース後コメントを見ようとしたら、京都出走がこの馬だけだったためか、アップされていません。
このレースで引退か、念のためもう1回ダートで使って引退かと思うのですが・・・

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ムジカ
マイネルムジカは、23日(土)、京都5Rの芝1600mに出走します。先週のレースを回避しましたが、元から厩舎では飼い食いがそれほど良い馬ではなく、この中間も同じ状況です。出走に向けエネルギーを消費しすぎないように、水曜日の追い切りは坂路で流す程度にとどめました。中村師は「牧場から乗り込まれているのは分かる状態だが、正直休む前に比べて変わり身が見られない。もともと歩様もゴツゴツしていて、同馬のことが分からない騎手だと最後まで追ってくれない可能性もある。それで以前跨がったことのある中谷騎手に依頼した。叩いてからだと思うが、素質の一端を見せてくれれば」と述べていました。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、23日(土)、東京11RのフローラS・芝2000mに柴田大知騎手で出走します。当初は新緑賞を予定したものの、想定等を参考にしてこちらへ出走することに。追い切りはエチゴイチエとテンを追い掛けてラストで一緒にゴールしたもの。相手が手綱を抱えたままだったのに対し、こちらは軽く促していました。手塚師は「相手は稽古で動く馬だし、追い掛けている分がある。少し間隔が空いていた前走を叩いて調子は上向いている。距離が延びて広いコースに変わるのはプラス。積極的なレースでオークスの優先権を取って欲しいね」と述べていました。

競馬ブックの調教師コメントでは、ムジカ中村師「乗り込んではいるが、カイ食いがもうひとつ、動きにも精細を欠いて…」ということで、とても期待できそうにありません。復帰戦から正念場となりました。
ソルシーエル手塚師「前走は距離不足で最後は脚を余した。距離延長はプラスになるし、調子の方も上々だから末脚に期待」ということで、あいかわらず期待だけは大きいようです。寸評通り、ここは荷が重いと思うのですが。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
4/21(木)は坂路コースで57.9-43.1-27.8-14.4秒の時計をマークしています。今週は追い切りは行わない予定でしたが、予定を変更してごく軽めに時計を出しました。5/8(日)新潟・芝2000m(牝)戦に向けて出走態勢を整えていきます。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
4/20に宇治田原・優駿ステーブルから栗東トレセンへ入厩しました。体調や脚元にも問題無く無事に到着しています。早速4/21には坂路で動きを確認。時計は15-15程度でしたが、行きっぷりや息遣いも良くこのまま問題無く調教を進めて行けそうです。宮本調教師は「牧場でもゆるめず乗り込んで来ていますので、息もしっかりしていますしこのまま進めて行けそうです。体も余裕がある訳でもありませんし、態勢が整うまではそれ程時間は掛からなさそうですね」とコメントしていました。次走について宮本調教師と相談した結果、5/8京都競馬、ダート1900mを目標に進めて行く事になりました。今後は週末にある程度の所をやって、来週には速い所を行う予定です。

ドリームマジシャンは予定通り入厩、早くも復帰戦も明示され、クリスマスキャロルと同日出走の見込み。
ともに私の出資馬では有力馬なので、活躍を期待したいものです。降級前に3勝目をあげてくれると嬉しいのですが。

| | トラックバック (0)

ソルシエール、ムジカ出走確定

ソルシエールとムジカ、出走が確定しました。

◆ソルシエール
東京競馬 23日(土) 11R フローラステークス 柴田大知 芝2000m 17頭            

◆ムジカ
京都競馬 23日(土) 5R 3歳未勝利 中谷雄太 芝1600m 18頭         

ソルシエールは新緑賞ではなく、フローラステークスへの出走となりました。
新緑賞が全馬牡馬出走となったので、フローラステークスに回ったのかもしれませんが、クラブの何が何でもクラシックの意向なんでしょうか。
ソルシエールにとって、これまでの出走内容からはオークストライアルの重賞レースは明らかに無理目の出走。
ソーサリス、インティマに続く出資馬3頭目の重賞レース出走なので、めでたいはずなのですが、あまりにも意味のない出走になりそうです。
ソルシエール、ムジカともにこの時期でこれほどワクワクしない出走というのも記憶にないですね。

ラフィアン公式サイトによる調教タイム。

◆ソルシエール
4/16 助手 美南P 良 - - - 68.6 53.2 39.2 12.5 4 馬ナリ余力
ヒシサッチモ(三未勝)一杯の内同入
4/20 嶋田 美南P 良 - - 84.9 68.9 54.3 39.3 12.1 7 強目に追う
エチゴイチエ(三500万)馬ナリの内を0.4秒追走同入

◆ムジカ
4/13 助手 栗東坂 良 - - - 55.1 40.4 26.6 13.5 - 一杯に追う
キンショーダッシュ(三未勝)強目を0.1秒追走0.9秒先着
4/20 助手 栗東坂 不 - - - 56.2 42.0 28.1 14.2 - 馬ナリ余力

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
5/8(日)新潟・芝2000m(牝)戦に出走予定です。牝馬限定戦であるこのレースに照準を絞って仕上げていく方針で、先週、今週と速めの時計を出しましたので、今週は追い切りは行わない予定です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ペンタグラム
マイネペンタグラムは、ビッグレッドファーム明和で調整中。この中間から坂路調教の前後に普通放牧を行って運動量を確保しています。左前肢の出はまだ多少ぎこちないものの、キャンター1本を駆け上がると逆にほぐれるのか歩様が良く感じられます。現在はまだ少し控えめのハロン17〜18秒ペース。このまま乗って問題がなければ、徐々に負荷を強めていきます。体も引き締まってきて、馬体重が前回から12キロ減の483キロになりました。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
宇治田原・優駿ステーブルで調整中。中間、宮本調教師と相談した結果、4/20に入厩する予定となりました。暖かくなると共に牧場では、元気一杯に坂路を力強く掛け上がる姿を目にするようになっており、この馬なりに調子も良さそうで入厩が楽しみです。

| | トラックバック (0)

ソルシエール出走登録

ソルシエール、来週の東京競馬新緑賞とフローラステークスに出走登録しました。
それぞれの登録頭数は24頭と21頭、頭数はそれほど多くはないのですが、出走できるのかどうかわかりません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ムジカ
マイネルムジカは、栗東で調整中。坂路とウッドコースを中心に乗り込まれています。特徴として手足の運びに少々の重さがあり、動き自体は地味ですが、すでに体力は一定以上に向上している印象。トレセン移動後、初めての追い切りとなった13日(水)、ゴールまで渋太くがんばっていました。中村師は「入厩時に疝痛や熱発があったし、飼い食いもちょっと細いから今週の出走は見合わせたい。京都開幕週のマイル(23日)が目標」と述べています。

入厩後に疝痛等があったので今週出走はなかろうと思っていましたが、やはりクラブは出走させるつもりだったようです。
それでも来週出走の予定が明示されました。出走できるかどうかわかりませんが…

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、13日(水)に美浦の手塚厩舎に入厩しました。23日(土)の東京の新緑賞・芝2300mへの出走を予定しています。師は「(自厩舎で有力視されると思われる)エチゴイチエもそのレースを予定している。でも、この馬には合っていそうな条件。ぶつかってしまうのは仕方ないと思う」と話していました。

予定通り10日競馬で来週出走の予定が明示。わかりやすい出走予定ですねえ。

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆フィールザヴォーグ
この中間も、右前脚への治療を継続しており回復に専念しています。腫れの症状はほとんど回復してきていますが、大切な場所だけに見切り発車はできません。歩様も改善されたことより、ウォーキングマシン運動を午前と午後の2回(計2時間)に増やしています。運動後には脚元へ入念なケアを行っており、状態は安定しています。まだ北海道は寒さも残っていますので、無理をせず気候が和らいでから徐々に騎乗調教を再開していく方針です。現在の馬体重は500㎏と休ませていますが、それほど太め感はありません。

半ばあきらめていますが、少しは残り時間も考えてほしいものです。
逆算して間に合わないと判断した時点での未出走引退は覚悟しています。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
宇治田原・優駿ステーブルで調整中。現在は600mダートトラックコース1本ダクにて体をほぐした後、同コースを5本キャンターでハロン20秒程度のペースで消化し、その後は800m坂路1本18秒程度のメニューで乗り込まれています。併せて週に2本800m坂路で15秒程度のスピード調教も取り入れています。乗り込みを進めるにつれて状態はどんどん上がって来ており、あと何本か追えば態勢は整う印象です。最近では騎乗者の指示にしっかりと従って、折り合いもしっかり付くようになっておりこちらも良い傾向です。担当スタッフは「だいぶ良いイメージに近づいて来たと思います。調教をやりながらも馬体は増えていますので状態はかなり良いですね」とコメントしていました。状態を宮本調教師に報告した所、来週か再来週での入厩を検討して行きたいとの事でした。今後はこのまま乗り込みを続け入厩に向けて備えて行きます。現在の馬体重は500kgです。

来週入厩の予定。少し休んだだけの復帰となりそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、環境にも慣れて飼い葉を食べ出しました。普段の坂路の動きも悪くなく、先日課した2本目と3本目の15−15の追い切りでもラストまで脚色が鈍ることなくしっかりした動きを見せました。馬体重も前走時から6キロ増えて452キロに。この状態を手塚師に報告し、東京開催でのレースを目指して入厩することに。きょう13日(水)にビッグレッドファーム鉾田から美浦トレセンへ移動しました。

鉾田経由の10日競馬で23日のレースに出走させるつもりのようです。

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間も変わりなく、本日4/13(水)は坂路コースで、半マイル55.8-41.4-27.2-13.4のタイムをマークしました。5/8(日)新潟・芝2000m(牝)戦を目標に仕上げていくことになり、丸山騎手に騎乗依頼しています。

当初は5月1日のレースに出走予定で、仕上がりが順調なので、予定を早めるものとばかり思っていましたが、さらに先のレースに目標を定めました。
外厩から入厩して10日で出走のラフィアンと、同じく外厩から入厩してさらに1か月以上厩舎で調教する社台と、両極端すぎますね。

| | トラックバック (0)

ムジカ入厩

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ムジカ
マイネルムジカは、6日(水)にコスモヴューファームから栗東トレセンに移動しました。久々の長距離輸送で到着時に疝痛と熱発がありましたが、幸いどちらも症状は軽く、木曜日に調教を休んだだけで済みました。きょうは厩舎周りの曳き運動にとどめ、あすから騎乗して乗り込んでいきます。中村師は「復帰戦については跨がった感じ次第で決めたい。ただ牧場で乗り込まれているのは分かっているし、大きく間隔が空くことはないと思う」と話していました。

予定よりも早く入厩したようです。放牧でどこまで調子が上がっているのか知る由もありませんが、ここから勝利を目指しての最後の戦いが始まります。とても勝てそうにはありませんが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆フィールザヴォーグ
無事移動後も、引き続き右前脚の膝裏部分への治療を続けています。腫れは順調に治まっていますが、まだ若干残っています。現在は、ウォーキングマシン運動(約1時間)行っており、歩様にはそれほど見せていません。北海道は寒さも残っていますので、騎乗再開は脚元の完治を待っ てから行う予定です。現在の馬体重は500kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター600m4本程度の運動をしています。食の細さを考慮して軽めの乗り込みに控えていますが、思い返せば、2月に滞在していた際もトレセンから到着後の数日は飼い葉を食べ残していました。環境や生活サイクルに慣れてくれば多くを口にできるようになるでしょう。

調教師の意見が通って続戦と思っていましたが、よく考えると鉾田に移動しているので、厩舎で預からせてくれ→駄目ということには違いないままです。

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間も順調で、本日4/6(水)坂路コースで半マイルから55.1-40.1-26.2-13.0の時計をマークしています。復帰戦は5/1(日)京都・芝1400m戦あたりを考えていましたが、乗り込みが順調に進んできたこと、また当初の予定を1週前倒しして、4/23(土)から新潟開催が始まることが発表されたため、馬の状態を見ながらですが新潟戦に使うことも検討しています。

順調なので、さすがに前倒しで出走を考えているようです。
とはいえ長距離輸送は望ましくないのですが・・・

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ペンタグラム
マイネペンタグラムは、ビッグレッドファーム明和で調整中。ダクにおいてはやはり左前肢の出が少しぎこちなく見えます。しかし、キャンターではまったく気になりません。それに加えて走ればある程度までほぐれることがわかり、坂路入りを継続して経過を観察することになりました。ひとまずはじっくり乗り進めていきたい考え。馬体重は大台を割り、495キロ前後で推移しています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、阪神競馬場からトレセンに戻り、きょう1日(金)にビッグレッドファーム鉾田へ。まとまった休養を取るつもりでしたが、手塚師から「東京開催に長めの距離のレースが組まれるかもしれない。馬も元気。もう少し情勢を見てから今後を決めましょう」との連絡があり、北海道に戻さずに待機することになりました。

クラブからは休養のコメントがでましたが、調教師の意見が通ったようです。
こういうこともあるんですね。肝心のレースがあるかどうかが問題ですが。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
引き続き1日おきに坂路コースでのキャンターとトレッドミルでの運動を交互に行っています。週3日は坂路コース(800m)でハロン17~18秒のキャンターを1本、また残りの週3日はトレッドミル上での運動を行っています。現在も成長を促しながらの調教なので軽めのメニューとなっていますが、順調に調教をこなしており、馬体にも着実な成長がうかがえます。また週3回の坂路キャンター時は走る気をしっかり出していい走りを見せています。まだ非力なところはありますが、素質の片鱗を引き出せるよう、もうしばらくは馬の状態にあわせた調教メニューを消化していく方針です。3月末時点の測尺は、体高158cm、胸囲181.5cm、管囲19.7cm、馬体重は443kgです。

引き続いて成長をみながらの調教。
特に問題もないようで、このまま順調にいきますように。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
宇治田原・優駿ステーブルで調整中。現在は600mダートトラックコース1本ダクにて体をほぐした後、同コースを3本キャンターでハロン20秒程度のペースで消化し、その後は800m坂路1本18秒程度のメニューで乗り込まれています。併せて週に2本800m坂路で15秒程度のスピード調教も取り入れています。順調に乗り込みが進められており、ここに来てだいぶ態勢も整って来た印象で、柔らかな大きいストライドで坂路を駆け上がっています。もともと気性が前向きな馬ですので、今後はオーバーワークにならないように気を付けながら進める予定です。担当スタッフは「体調面にも問題は無く好調です。このまま良い状態で送り出して上げたいですね」とコメントしていました。今後はこのまま乗り込みを続け4月中旬~下旬の入厩目標で調整を進めて行きます。現在の馬体重は499kgです。

概ね外厩で聴いた通りの状況です。
このまま順調に復帰できますように。

| | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »