« 出資馬近況 | トップページ | 詳しい出走レース解説 »

ソルシエール オークス出走

ソルシエール、東京競馬第11R優駿牝馬(GI)芝2400mに出走しました。

前走フローラステークスであわや優勝かと思う接戦の2着で優先出走権を獲得して、大舞台の出走となったソルシエール、ここはどこまで自分の持ち味を発揮できるかが注目。
前走のようにはまって掲示板となれば最高ですが、上位半分に入れば上出来というのが正直なところ。
私の出資馬初のGI出走、しかもクラシック、牝馬最高の舞台のオークス出走ということで、一口馬主生活10年目での晴れのレース、もちろん東京競馬場で現地観戦。
顧みれば4年前のインティマ出走レース観戦以来の東京競馬場。その時ついでに見たオークスに自分の出資馬が出走するとは感慨もより一層。

この日はフローラSの爆走から時計のかかる馬場ならということで雨を期待していたところ、午後3時くらいから崩れるという天気予報。
午前中は快晴だったので半信半疑でしたが、午後から曇りだし、前の10Rパドックから雨が降り始め、当レースパドック途中からは大粒の激しい雨に。好機到来の予感も。

パドックのソルシエール、馬体重は前走比ー6キロの440キロとやや馬体減で、すっきりした印象。周回ではややうるさいところを見せて、落ち着かない感じ。
競馬ブックの予想は全くの無印、他の予想もほぼ同様、これを受けて単勝140.5倍の16番人気。トライアル2着馬にいくら何でもという低人気。

さて激しい雨中でのレース、ソルシエールは好スタートから先行争い、正面では集団4~5番手で先行勢を形成、18号馬が先頭に立ちます。
1~2角を周って、やや縦長の展開、ソルシエールは全体の4番手に位置取りしてレースを進行します。
向正面でもそのまま進行、前走同様の展開に好予感。
3~4角を周って長い直線、前走ではここから伸びてきましたが、各馬激しい追い上げで逆にじりじりと後退、やがて後方勢に飲み込まれてしまい、最後は優勝馬から1.2秒離されての12着で入線しました。

前走同様の先行してのレース展開から、これは頑張れば入着あるかと期待しましたが、さすがにGI、他馬の勢いが優り、着外に沈んでしまいました。
それでもこの馬の持ち味は充分見せることができ、思うようなレース運びもできたので、レース内容としては上出来でしょうか。
現地でレース観戦していて、聞こえるはずもない残り400あたりでは声援も飛ばすことができ、出資者としても満足のいくレース観戦でした。
大きく減ったとはいえ大観衆の中の晴れの舞台での出資馬の出走、レース観戦ができて本当に良かったと思いました。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメント。

柴田大知騎手「道中はスタンド前だけ多少ハミを噛んだだけで、それ以外はハミも抜けて力むことなく良いリズムで走っていた。4コーナーの手応えも抜群で、直線でじりじりと伸びてはいたのだが、切れる馬に一気に来られてしまって。馬場は良馬場発表だが、かなり軟らかくはなっていて、もっと降って欲しいと思ったほどだった。自分では悔いのない騎乗はできたが、結果を残せなかったのは悔しい」

やはり鞍上としても満足のいく騎乗だったようです。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 詳しい出走レース解説 »

マイネソルシエール」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/51762206

この記事へのトラックバック一覧です: ソルシエール オークス出走:

« 出資馬近況 | トップページ | 詳しい出走レース解説 »