« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

ソルシエール秋華賞出走

ソルシエール、京都競馬第11R秋華賞(GI)芝2000mに出走しました。

春はフローラステークス2着で優先出走権を獲得してオークス出走を果たしたソルシエール、賞金が足りるか心配していましたが、無事に秋のGI秋華賞出走を果たすことが出来ました。
出資者としては出走できるだけでも嬉しい限りですが、どこまで走れるかに注目で、上位半分に入ってくれることを期待して、京都競馬場で現地観戦。

競馬ブックの予想では全くの無印のソルシエール、各種情報でも良い話がなく、これを反映して、人気は全くなく、単勝万馬券状態で最終的に250.5倍の最下位人気、いくらなんでもの人気薄。
パドックのソルシエール、馬体重は前走比-2キロの450キロと輸送にもかかわらず体重を維持。
周回当初はいつものようにうるさい感じでしたが、次第に多少は落ち着いてきた様子に。

さてレース、そろったスタートから14号馬メモリアルイヤーがハナに立ち、集団を引っ張ります。
ソルシエールはまずまずのスタートも先行とはいかず、集団真ん中あたりに落ち着いてレース進行。
向正面では14号馬が後続勢をさらに引き離す大逃げで、ソルシエールは集団半ば変わらず進行。
3~4角を周ったところで、先頭14号馬があっという間に後続勢に飲み込まれ、4号馬アヴェンチュラがあっさり先頭にたって、そのまま追い上げ勢を引き離して楽々優勝、ソルシエールはよく先行勢を追走し、9着で入線することができました。

最下位人気を考えれば上位勢に入る9着は上出来の結果、実は現地観戦したものの直線で姿を見失ってしまい、後ろの方ばかり見ていたら意外と前の方を走っており、思っていたよりもレースについていけていたようです。
もう少し前目につけることが出来ていればと思いましたが、それは今後の課題でしょうか。
なお、9着なので出走奨励金はもらえるものと思っていましたが、今はなくなったようで残念。

私の出資馬としては初のGI出走を果たすことができたソルシエール、今後のレース選択が気になるところですが、来年降級するまでは牝馬重賞に出走してくれることを期待したいところです。
とりあえず、12月小倉の愛知杯に出走して、母と同様にあっといわせてほしいものです。

ラフィアン公式サイトによる騎手コメント。

柴田大知騎手「きょうはテンションが高く、返し馬の後からゲートに入るまでの間はカリカリしてきちんと歩けていませんでした。レースでも少し行きたがるところがあって。でも、馬は良くなっていました。力をつけていますね」

ところで、京都競馬場には気合を入れて朝9時半頃に到着したのですが、その時点で、まだラウンジシートが売れ残っていたので購入したところ、屋外一般席はゴール前近くに席取りがされていた程度、昼になっても場内ガラガラ、GIでこんなに場内が空いているとはねえ…

|

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »

マイネソルシエール」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/53010302

この記事へのトラックバック一覧です: ソルシエール秋華賞出走:

« 出資馬近況 | トップページ | 出資馬近況 »