« 社台からの通知 | トップページ | オルフェーヴル三冠達成 »

赤木騎手引退

今日のスポーツ新聞で知ったのですが、赤木高太郎騎手が、11月20日を最後に現役を引退し、調教助手に転身することになったようです。

赤木騎手といえば、園田競馬時代から好きな騎手の一人で、平成16年に試験を突破してまさかの中央競馬移籍を果たし、中央競馬でのデビューの際には中京競馬場まで横断幕を張って応援したものです。
昨年2月の落馬負傷以来騎乗数が大幅に減り、勝ち星にも恵まれなくなったので心配していたところですが、ここで早くも騎手引退を決断したようです。

実力で騎手試験にも合格するくらいの頭脳派のうえ、努力家なので、いずれは調教師を目指すのかと思っていましたが、やはり橋口厩舎に入り、調教師を目指すようです。
思っていたよりも早い引退となりましたが、第2の人生で頑張ってほしいものです。

私の出資馬には何度か乗ってもらったものの、残念ながら勝ち星をあげることができませんでしたが、ソルシエールの強烈なデビュー戦での騎乗は全くもって気の毒でした。
おそらく引退騎乗もあると思いますので、その時は何とか現地観戦したいものです。

|

« 社台からの通知 | トップページ | オルフェーヴル三冠達成 »

中央競馬」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/53051880

この記事へのトラックバック一覧です: 赤木騎手引退:

« 社台からの通知 | トップページ | オルフェーヴル三冠達成 »