« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の29件の記事

ラフィアン2011年度出資見送り確定

ラフィアンの2011年度募集が終了しました。

私はムジカの補償があり、2月末まで申し込みができたので、ぎりぎりまで出資するか否か、具体的にはマイネソーサリスの10に出資するか否か迷っていました。
昨年新規出資はしないと決めたものの、多くのマイネソーサリス出資者がそうであるように、この血統には愛着があるので、ここで出資を見送って走られたら…と思っていたからに他ありません。
幸か不幸か当初募集で大きく売れ残り、その後も多数口売れ残っていたので、様子見を決め込んでいました。
昨日もクラブスタッフに電話をかけて今の様子を聞いたりして、迷った挙句に、ディープインパクト産駒に出資するのも今後なかろうと申し込むことにしたのですが、今日の定刻までに申し込むのをすっかり忘れていました(笑)

ラフィアンでは例にない良血馬でずっと気にかけていた馬ですが、申し込みできなかったのも何かの運命かもしれません。
今後は心の愛馬として陰ながら応援したいと思います。

ということで、ラフィアンに入会して11年目の2011年度の出資は見送りで確定しました。
ムジカの補償は持ち越しで、ペンタグラムで新たに補償が発生することは確実なので、合わせて結構多額の補償額になり、これはいつか使うことになるでしょう。

最後に、2歳出資馬はサンデーのラタフィアの10の1頭だけになったので、頑張ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間も順調で、坂路コースでハロン13~14秒のキャンターも取り入れて、動き・馬体とも良化しました。入厩態勢が整いましたので、予定を少し早めて本日2/29(水)栗東TCに入厩しました。仕上がり具合を見ながら復帰戦の予定を決めていくことにします。

散々文句を言ってきましたが、遂にというか、やっというか、入厩しました。
故障した訳でも何でもないのに、ただ乗り込みを重ねての半年以上の放牧生活でした。
馬体重の増加が競走能力の成長につながっていればいいのですが、今更ここで再調整なんてことにはならずにすぐに出走することを願います。
いまくいけば、3月25日の阪神競馬の牝馬限定戦に出走できるはずです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、25日(土)に美浦の手塚厩舎からビッグレッドファーム明和へ移動しました。到着時に熱が高めだったので心配しましたが、幸い大事には至りませんでした。きょう28日(火)現在も38.4度とまだ若干熱があるため大事を取って舎飼いで管理しています。もう少し様子を見た上で放牧へ移行する予定です。

◆ペンタグラム
マイネペンタグラムは、ビッグレッドファーム明和で調整中。左ヒザは落ち着いており、15日(水)から調教を始めていくことに。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。休養が3週間程度と短かく筋肉がそれほど緩んでいないせいか、時を待たずして他馬と同じ17-17を主体としたメニューへ移行できました。主任は「反動もなく、飼い葉も落ちることなく順調に乗り込めています。ただお腹は出ているのですが、少し背肉が足りない感じです。このあたりを意識して調教していきます」と話していました。

今日クラブに電話して状況を聞いたところ、ペンタグラムの骨膜炎の程度はあまり大したものではなく、3か月すれば復帰できるということでした。現地の判断を信じるしかないですね。
ソルシエールはさすがにそれより重症で、とりあえずの休養期間のようです。

| | トラックバック (0)

2月末の成績

今年の中央競馬開催も早くも2月が終わりました。
先月号の社台会報誌で今年の3歳馬の通信簿という記事があり、成績一覧が掲載されていましたので、ここで3歳馬の成績をちょっと見てみたいと思います。

社台では、募集馬70頭中、56頭が出走(出走率80.0%)、うち勝ったのが18頭(勝ち上がり率32.1%)。14頭が未出走で、そのうち4頭が引退。
サンデーでは、募集馬76頭中、62頭が出走(出走率81.6%)、うち勝ったのが25頭(勝ち上がり率40.3%)。14頭が未出走で、そのうち1頭が引退。

この時点で概ね8割の馬が出走し、そのうち3分の1強は勝ったことになります。
以前は社台・サンデーは早期デビューにこだわらないという印象でしたが、ここ数年来は強豪馬でも2歳早期デビューが当たり前というご時世で、デビュー率が随分と高くなっています。また、早期デビューした時点で成績もきっちり残していることがわかります。

社台・サンデーで特徴的なのは、未出走馬でも一旦は入厩した馬がいることで、もちろん故障馬もいますが、再度外厩等で出直しという馬が結構います。
この時点で入厩すらしていないのは、故障持ち、成長が遅いなど問題を抱えた馬といえそうです。
引退した馬は未出走で故障等により見切られた馬ばかりで、出走馬で成績不振により引退した馬は1頭もいません。

私の出資馬では、3年連続して、アスペンアベニュー、リシアンサス、フィールザヴォーグと2歳デビューはおろか3歳夏にようやくデビューという情けない状態で、今年のボルボレッタも未だ入厩すら果たしていません。
実のところ悠長に考えていましたが、単なる成績不振以上に、成長等に問題のある馬を4年連続して出資してしまったのが、とんでもなく選馬が悪かったということを改めて実感せざるを得ないところです。

ついでながら、ラフィアンについては、募集馬79頭中、74頭が出走(出走率93.7%)、うち勝ったのが20頭(勝ち上がり率27.2%)。5頭が未出走。出走馬のうち6頭が引退。

今更ですが、デビュー率は相変わらず高いのですが、デビューしただけでそれ程成績を残していません。
社台・サンデーのように身体が出来ていないと厩舎から出戻りになることもないので、何でこんな状態で出走させたのかと思う惨敗が目立つのがラフィアンの特徴です。
社台・サンデーでは1頭もいない成績不振による引退が6頭いますが、以前のような3アウト即引退であればとっくに引退してもおかしくない成績不振の馬がそれ以上おり、能力不足でもとりあえずデビューだけでもさせておけという方針が明らかです。

この様な簡単な成績だけでも、社台・サンデーとラフィアンの傾向が大きく異なることがわかりますね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間はさらに調教負荷を強めており、現在は坂路コース2本に加えて周回コースも1周、ハロン15~16秒ペースのキャンターで乗っています。調教を進めて馬体に筋肉の張りが目立つようになり、また動きにも硬さは見られず良化が進んでいる印象です。3月中の入厩に備えてしっかり乗り込みを続けていきます。現在の馬体重は469㎏です。

1月からずっと3月入厩、3月入厩の繰り返し。
強豪馬でもあるまいし、こんなにスケジュールにこだわらなくても…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる詳しいレース解説。

◆ドリームマジシャン
2/25(土)阪神競馬第12レース、4歳以上1000万下、ダート1800m、16頭立て、5枠9番、幸英明騎手騎乗で出走し、5着でした。まずまずのスタートを決めると無理せず他馬を先に行かせ、中団9番手辺りに付けると1、2コーナーを回り向正面へ。その後は、勢い良くハナへと立ったカレ ンジェニオ、スマートタイタンと続き、先行を争いながらレースを引っ張り、前半1000mの通過は62.5秒と淡々とした流れ。そんな中、同馬は道中の追走は折り合いを欠く事もなくしっかり集中して進出するタイミングを計りながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、馬群は一気に凝縮してきます。同馬も遅れる事なく鞍上に促されながら進出を始め、内にトップオブカハラを見る形の8、9番手から4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとしっかり反応して脚を伸ばします。前を行く勝ち馬等を捉えようと鞍上が最後まで懸命に追いますが捉えるには至らず、結局勝ち馬から1.5秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-2kg、498kgでした。騎乗した幸騎手は「全体的に少しペースが速かったので、あの位置からとなってしまいました。最後は京都コースの様にスッと動いてはくれませんでしたが、最後の坂でも良く頑張ってはくれていました。現状では京都の方が得意なのかも知れません」とコメント。宮本調教師は「今回は少し脚抜きも良く時計も速かったと思います。でもその中でもスムーズにレースを運べていましたし、最後もこの馬なりには伸びていたのですが。ここまで続けてレースに使って来た事もありますし、ここは一度放牧へ出す事も検討したいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断して行きます。

勝ってほしかったのはもちろんですが、苦手な阪神で入着は及第点です。
なお、やはりというか、ここで一旦放牧のようです。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン完敗

ドリームマジシャン、阪神競馬第12Rダート1800mに出走しました。

前走昇級戦2着を受けて中2週での出走、苦手な阪神競馬場ですが、何とか勝ちあがってほしいところ。
馬体重は前走比ー2キロの498キロ、パドックはいつもよりも大人しい感じの周回。
競馬ブックの予想は本紙△とやや低評価、人気は単勝7.8倍の4番人気。

レースはまずまずのスタートから前走同様中団に位置取りしてレース進行。
向正面も位置取変わらず、3~4角で徐々に上がっていき、5番手辺りで直線へ。
直線に入ったところで先行の1番人気の10号馬が先頭に替わり、一気に後続勢を引き離して独走状態で優勝。
ドリームマジシャンは離された2着争いとなり、優勝馬から1.5秒差、2着馬から0.2秒差の5着に終わりました。

優勝馬が人気通りの強さを発揮して、全く勝負になりませんでした。
ただし、2着以下は詰まっていたので、このクラスでの入着はもちろん、相手や展開次第で勝ちあがりは期待できそうです。
次走は改装された中京競馬出走を願いたいところですが、秋からこれで5戦したので、小休養すると思います。

| | トラックバック (0)

ソルシエール故障発症

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、東京競馬場から美浦への帰厩後、左前肢の屈腱部に腫れが見られました。エコー検査を行ったところ、2.8%の狭い範囲ながらも腱の炎症を確認。全治9ヶ月以上の見舞金の対象になることが判明しました。獣医からは「時間が経つに連れて炎症の範囲が多少広がる可能性はありますが、屈腱炎の症状としては比較的軽度な部類です」との説明があり、北海道で休養することに。間隔を空けながら大事に使われてきただけに残念です。きょう金曜日にトレセンからビッグレッドファーム明和に向けて出発しています。

残念ながらソルシエール、屈腱炎を発症してしまいました。
故障した馬のケア、立て直しなど管理能力全般に疑問のあるBRFだけに、私としてはここで一旦あきらめるしかありません。
私の出資馬としては初めてクラシックに出走した馬で、昨年は楽しませてもらいました。

なお、元々ここで夏の降級に向けてしばらく放牧する予定であったことと、比較的軽度であるようなのが不幸中の幸い。
時間を気にする必要がないので、無理をせずにまずは治療回復に努めてほしいものです。
あとは回復状態や復帰できるか等々をうまく見極めてくれるといいのですが、多分今のBRFでは無理でしょうねえ…

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン出走確定

ドリームマジシャン、予定通り、25日(土)阪神競馬ダート1800mへの出走が確定しました。
復帰以来好調を持続、何とか勝ち上がってほしいものです。

セゾン公式サイトによる出資馬近況。

◆ドリームマジシャン
2/25(土)阪神競馬第12レース、4歳以上1000万下、ダート1800m、16頭立て、幸英明騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後4時10分です。2/22には坂路で最終追い切りを消化。併せ馬で4ハロン57.3秒、3ハロン42.5秒、ラスト1ハロン14.5秒の時計を叩き一杯でマーク。併せたプリンシペアスール(3歳未勝利、一杯)を0.1秒先行し0.4秒遅れています。先週よりは良かったものの、この日も水分を多く含んだ力の要る馬場状態の中でしたので、時計自体は少し物足りなく映りますが、動き自体はしっかりしており、引き続き好調をキープ出来ている印象です。宮本調教師は「中間も順調で、中2週のローテーションで調整を進めて来ているのも、同馬にとっては合っている印象です。最終追い切りでは、相手に遅れてはしまいましたが、もともと時計は出るタイプではありませんし、気持も走りにしっかりと向いていて、この馬自身の動きは出来ていました。引き続き好調をしっかりキープ出来ていると思いますので、頑張って欲しいと思います」とコメントしていました。ご声援ください。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、19日(日)、東京10R・アメジストSに出走し、12着でした。道中は中団を追走し、流れに乗って差を詰めていきます。直線に入って追い出されると自分の位置は守っていましたが、ラストでポジションを下げてしまいました。今回の同馬の上がり3ハロン34.0秒はデビュー依頼最速です。同馬にとっては上がりが速すぎたようです。昨年の9月からコンスタントに使ってきたため、この後はリフレッシュのため北海道のビッグレドファームに移動する予定です。

| | トラックバック (0)

ソルシエール惨敗

ソルシエール、東京競馬第10Rアメジストステークス芝2000mに出走しました。

ソルシエールは、前走から中5週での出走で、軽量を活かして入着を目指したいところ。
鞍上は津村騎手、馬体重は前走ー6キロの462キロ。人気は全くなく、単勝39.4倍の11番人気。
レースはまずまずのスタートから、集団中団でレース進行。
3~4角から大外を周って直線へ入り、追い上げていきますが、途中で脚がなくなり、14頭中12着と惨敗に終わりました。

グリーンチャンネル観戦でしたが、直線でここからと思ったところで脚が止まってしまいました。
何とか入着をと思いましたが、このクラスはやはり少々敷居が高いようです。
半年走ってきたのでそろそろ休養した方がいいかもしれません。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

津村騎手「前が楽をしていましたし、早めに動いて射程圏内にいれようとしたのですが、レース全体の上がり3ハロンが33秒台の瞬発力勝負の決着では、この 馬には厳しかったです。ラストも極端に甘くなってはいなく、頑張ってくれたのですが。競馬自体に影響はないと思われるものの、レース中、まだ手前を頻繁に かえようとしますが、一時期に比べるとだいぶ回数は減って落ち着いてきています」

手塚調教師「斤量差があるとはいえ、牡馬の強いメンバー相手に戦ってきました。夏には降級がありますし、ここで一度、リフレッシュのために北海道への放牧を検討したいと思います」

やはりここで休養のようです。
降級後に備えて牧場で鍛え直してほしいと思います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
坂路コース(800m)2本をハロン17~18秒のペースで乗っており、週2日ハロン15秒にペースを上げています。順調に乗っており、体力もずいぶんと備わってきました。厩舎の馬房の状況次第では、ゲート試験を受けるために入厩することも視野に入れて進めています。現在の馬体重は473kgです。

ようやく”入厩”の言葉が出ました。
馬房次第でしょうが、できるだけ早くなることを願います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間はこれまで続けてレースに使って来ていますので、無理はせず状態をしっかり確認しながら乗り込みが進められています。その為、精神的にもちゃんと落ち着いており、引き続きダメージ等もなく好調をしっかりキープ出来ている様子です。宮本調教師は「中間も順調ですしこの馬なりに落ち着いていて、状態は良い意味で変わりありません。ダメージが抜け切らない様であれば、再来週の出走も視野に入れていましたが、現状では来週の出走で進めて行きたいと考えています。週末に15-15程度を消化し、来週に追い切ってレースに挑みたいと思います」とコメントしていました。次走については2/25阪神競馬、4歳以上1000万下、ダート1800mに出走を予定しています。

好調なため、中2週で出走することに決定。
阪神競馬場は苦手というより、余り走っていないので、ここで何とか。

| | トラックバック (0)

ソルシエール出走確定

ソルシエール、予定通り、アメジストステークスへの出走が確定しました。
ハンデ戦最軽量を活かして上位を狙ってほしいものです。

◆ソルシエール
東京競馬 19日(日) 10R アメジストステークス 芝2000m 津村明秀 52.0K 14頭

| | トラックバック (0)

小倉選馬会休止

一口馬主の世界では超有名サイトの小倉選馬会が突然運営を休止したようです。
管理人さん自身がラフィアンの大口会員だったはずですが、多くの会員同様にクラブ運営に嫌気が差したのか新規出資を中止、サイト運営も低調になり、とうとう休止の運び。

私が一口馬主となったのは2001年夏ですが、当時は各種情報を入手するのはこのサイトくらいしかありませんでした。
以来いろいろとお世話になったサイトだけに寂しさを感じるのは私だけではないはずですが、まずはお疲れ様でした。

| | トラックバック (0)

園田競馬ナイター化へ

園田競馬を運営する兵庫県競馬組合が14日の議会で平成24年度予算案を可決、ナイター競馬を実施するための設備費が承認され、この9月からナイター競馬が開催されることになりました。

昨年夏にナイター開催案が立ち上げられ、地元説明会が何度か開催されましたが、反対意見が多数。また、地元県会議員等も反対していたので、実現は難しいと思っていましたが、競馬組合は、今後も引き続き住民と話し合いを続けながら、計画実現を推し進めるようです。

実施ありきで事業を進めるということで、今時珍しい少々強引な手法には疑問も感じますが、予想に反しての園田競馬ナイター化の動きです。

大阪・梅田から阪急電車でわずか10分の市街地にある競馬場なので、ナイター化されるとどのくらいの観客が来場するのか、肝心の売り上げはどこまでになるのか等々、競馬ファンとしては興味津々です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ペンタグラム
マイネペンタグラムは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧をしています。現在の生活にして2週間が経過しました。骨膜と診断された左ヒザは引き続き落ち着いていて歩様も問題ありません。放牧すると元気に駆け出していくなど、馬自身も違和感がなく生活ができているようです。この感じであればそろそろ調教を開始できるものと思われます。

調教云々にびっくり。全治3か月というものの、大したことなかったんでしょうか。
無理しないことを願うばかりです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間も順調で、引き続き坂路コースを毎日2本、ハロン15〜16秒ペースのキャンター調教と、週2日はハロン13〜14秒ペースの速め調教を行っています。乗り込みながら馬体重は465㎏と増やしており、馬体には筋肉の張りも出てきました。今後も緩めることなく乗り続けて3月上旬〜中旬の入厩を目指します。

山元トレセンで早くも2か月が経過。
牧場で乗り込んでいたはずなのにさらに1か月調整して入厩。
入厩したらどうせ再調整とかで、競馬場で走るのは一体いつになることやら…
4月末に京都競馬で牝馬限定1800mの特別戦があるので、せめてこのくらいは目指してほしいもの。

| | トラックバック (0)

ソルシエール特別戦出走登録

ソルシエール、18日(土)東京競馬初音ステークス、19日(日)東京競馬アメジストステークスに出走登録しました。
ともに獲得賞金順で出走できますが、相手関係で両睨みのようです。

| | トラックバック (0)

2012年収支確定

各クラブの確定申告用の書類が揃いました。
毎月の明細書を含めての配当の源泉徴収額は次の通りです。

             配当        JRA源泉 クラブ法人源泉 愛馬会源泉
ラフィアン    270,743円  19,028円   15,052円    12,427円
社台       894,889円  28,354円       0円          0円                  
セゾン      178,390円  16,351円   10,709円    8,564円

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、美浦で調整中。到着翌日の木曜日から順調にウッドコースを中心に乗り込まれています。19日(日)、東京のアメジストS・芝2000mに出走する予定にしており、今週末から追い切って態勢を整えていきます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが、テンションはそこまで上がっておらず、身のこなしにも硬さはなく、無事に運動を再開しています。宮本調教師は「前走はクラスも戻ってそれなりにハードなレース内容だったと思いますが、現在は余程体調も良いのか、馬体重も現在で504kgと直ぐに戻って来ています。以前に比べると牡馬らしく逞しく成長もしてくれていて何よりですね。でも続けてレースに使って来ている事にはちゃんと配慮して、無理せず状態を確認しながら次走を検討して行きたいと思います」とコメントしていました。そこで宮本調教師と次走について相談した結果、ここまで続けてレースに使って来ていますので、目に見えないダメージには配慮して行きたいとの事で、間隔はある程度取った上で状態を確認しながら出走を判断して行く事になりました。次走については2/25阪神競馬、ダート1800mを本線に、3/3阪神競馬、吹田特別、ダート1800mも視野に入れ調整を進めて行く予定です。

続戦の次走予定が明らかになりました。
吹田特別といえば5年前にトラヴェルが勝った思い出のレース。
ここですっきり勝ってくれれば嬉しいですね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、この中間も追い切りを織りまぜながらしっかり乗り込まれました。6日(月)に3本目を併せ馬で、4本目には単走で15-15の追い切りを消化。3本目は併せ馬だったこともあり14.2秒と予定よりも少し早くなりましたが、4本目は落ち着いてまずまずの動きを見せました。きょう8日(水)にビッグレッドファーム鉾田から美浦の手塚厩舎へ移動しました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
2/4(土)京都競馬第12レース、4歳以上1000万下、ダート1800m、16頭立て、3枠5番、幸英明騎手騎乗で出走し、2着でした。まずまずのスタートを決めると無理せず他馬を先に行かせ、後方13番手辺りから1、2コーナーを回り向正面へ。その後は、ハナを行くネオファンタジアが軽快に飛ばしてレースを引っ張り、1000mの通過は62.3秒とハイペースの流れを形勢し縦長の展開となって3コーナーへと入ります。そんな中、同馬は道中の追走は折り合いを欠く事なくスムーズで、3コーナーを過ぎた辺りからは前との距離を計りながらすかさず鞍上の手が動くと馬群の外を通って徐々に進出して行きます。すると残り600mを過ぎた辺りからは、後続の各馬も進出を開始し馬群が一気に凝縮してきます。同馬も外の6、7番手から手応え良く4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとしっかり反応して脚を伸ばします。上がり2番目となる37.3秒の脚を使って残り200m付近で先頭へと抜け出しそのままゴールを目指しますが、ゴール直前で大外から勢い良く脚を伸ばして来た勝ち馬の強襲に遭い、惜しくも勝ち馬からハナ差遅れての入線となりました。馬体重は前走から+2kg、500kgでした。騎乗した幸騎手は「状態はレースに使ってきながら上がってしっかりしていましたし、最後も良く伸びてくれ勝ったかと思ったのですが」と悔しそうにコメント。宮本調教師は「レースに使ってきながらこの馬なりに調子も上げてきており、最後も堅実に伸びてこれる様になっています。クラスも戻りましたがペースが流れ易い分、レース自体は同馬にとって進めやすいと思いますし、現在は状態も良いので、続けて次走を検討して行きたいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断して行きます。

希望通り、調子がいいので続戦となりました。

| | トラックバック (0)

デジタル一眼レフカメラ購入

競馬撮影用として一眼レフカメラのミノルタα7を購入したのは10年程前の2001年。
当時はまだデジタル一眼レフカメラは一般的ではなく、当然ながらフィルムカメラでした。
ボディだけで10万円程、その後AFアポテレズーム80~200mmF2.8Gを購入したので、本体+レンズで約30万円という結構高価なカメラを持って専ら地方競馬場を周っていました。

その後しばらくしてデジタル一眼の低価格化が一気に進み、気がつくと周囲ではデジタル一眼ばかりになっていきました。
ミノルタがソニーになり、私もそのうちデジタル一眼と思っていましたが、あまり良い機種がありません。
キャノンに乗り換えた知人が多かったのですが、中途半端に高いレンズを買っていて、もったいなかったので、乗り換えるに乗り換えられませんでした。

もちろん安い望遠デジカメも持っていたので、そのうちに競馬場で写真を撮る時はほとんどそのデジカメばかりになり、最近まできましたが、そのデジカメも壊れてしまい、さすがにもうこれ以上はと、ソニーの新型デジタル一眼を購入することに決めたのは昨年夏。
ところがタイの洪水で発売が遅れに遅れてしまい、この度ようやく発売の運び。

ということで、デジタル一眼レフカメラのソニーα65を購入しました。
古いレンズとの相性が心配ですが、本体価格が思っていた程ではなかったので、駄目ならあきらめます。
今更のデジタル化ですが、それにしても遅かった(笑)

競馬場で写真を撮るのはパドックばかりで、その写真もホームページにロクにアップしない状態でしたが、しばらくは写真撮影を楽しみたいと思います。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン昇級戦惜敗

ドリームマジシャン、京都競馬第12Rダート1800mに出走しました。

前走勝ち上がりからの昇級初戦、昨年このクラスで2着2回だけにここでも好走を期待したいところ。
競馬ブックでは印の厚い本紙○、これを受けて人気は単勝4.5倍の2番人気。
馬体重は前走比+2キロの500キロ。パドックでの様子も好調持続。

さてレース、ドリームマジシャンはまずまずのスタートも控えて後方に。
1~2角を周って向正面も位置取り変わらず後方でのレース進行。
3~4角で外から一気に上がっていき直線勝負へ。
ここで脚を伸ばして先頭に立ち、このまま勝ったかと思ったところで、後方追走の1番人気馬スズカホープが猛追、ゴール前できっちり差されてハナ差で2着に終わりました。

先頭に立ったところでは勝ったかと思いましたが、残念ながら安藤勝己騎手の好騎乗の前に惜しくも敗れてしまいました。
少々動くのが早かった感もありますが、後方から狙いをつけられており、一枚上がいたとあきらめるしかありません。
昇級初戦でも2着で、好調を持続しているうちに何とか勝ってほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
坂路コース(800m)2本を中心に乗り込んでおり、調教量に比例して動きが良くなってきました。スクミの症状も落ち着いており、週1日は坂路コースでハロン15秒近くにまでペースを上げています。入厩態勢が整うにはもうしばらく時間が必要かもしれませんが、この調子で進めたいものです。現在の馬体重は477kgです。

輸送による調子落ちからようやく回復してきたようです。
ただし、近況通り入厩はまだまだ先で、新馬戦のある3月デビューには到底間に合いません。
これで社台では4年連続新馬戦デビューならずで、話になりませんな…

◆ラタフィアの10
引き続き順調な毎日で、気性面で心配いらないのが好調の証しといえます。週4日は屋内周回コースでハロン20~22秒のキャンターを2400m消化しており、その他の週2日は坂路コース(800m)でハロン16~17秒のキャンターを1本乗られ、さらにペースを上げています。周回コースよりは坂路コースのほうが良い動きを披露しており、柔らかさに関しては群を抜いているようで、この時期としては申し分ないと仕上がりといえそうです。現在の馬体重は494㎏とさらに成長しており、肩と腰部分に良い筋肉が付いてきました。

こちらは動きはいいようです。何はともあれ早期デビューしてほしいものです。

| | トラックバック (0)

マジシャン出走確定

マジシャン、予定通り4日の京都競馬第12Rへの出走が確定しました。

セゾン公式サイトによる近況です。

◆ドリームマジシャン
2/4(土)京都競馬第12レース、4歳以上1000万下、ダート1800m、16頭立て、幸英明騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後4時10分で す。 2/1には坂路にて最終追い切りを消化。単走で4ハロン53.6秒、3ハロン40.0秒、ラスト1ハロン13.7秒の時計を一杯に追われてマークしています。宮本調教師は「中間は15-15で最後にサッと伸ばす程度で状態を確認しましたが、引き続き好調をキープ出来ている様子でした。追い切りでは、他馬も多く馬場も少し荒れてはいましたが、それでも普段のマジシャンの動きは出来ていましたので状態は引き続き良いと思います。クラスは戻りましたがここでも実績は十分ですし頑張って欲しいところです」とコメントしていました。ご声援ください。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター600m3~4本の運動をしています。目標レースが近付いてきたこともあり、中間に2度の追い切りを消化。共に1、2本目を20-20で流してから、3本目に17-17を4本目に併せ馬で15-15を課しました。主任は「終始余裕のある動きを見せており、今週にはさらに強い追い切りを行うことにしています。この時期なので太くならないように気をつけています」と話していました。来週半ばに美浦へ入厩する予定です。馬体重は479キロ。

| | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »