« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の24件の記事

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間も変わりなく順調で、元気に坂路コース入りしています。6/17(日)阪神・マーメイドS(GⅢ)に引き続き秋山騎手で出走を予定しており、しっかりと態勢を整えていきます。

本当に順調のようですね。このまま無事に出走できるように。

◆ボルボレッタ
栗東TC入厩後も順調で、坂路コース入りしています。飼い葉は食べていますので、デビューへ向けてしっかりと乗り込みを重ねて態勢を整えていきます。

時計も出したようですね。阪神競馬で出走できるかどうか。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
宇治田原・優駿ステーブルで調整中。現在は引き続きダートトラックコースにてダクとキャンターを消化後、坂路1本を基本メニューに乗り込まれています。中間も休まず乗り込みが進められており、入厩に向けて少しずつペースアップしています。担当スタッフは「調教では自らハミを取って元気一杯にメニューを消化しています。少しペースを上げてはいますが、体も緩む事なく維持していますので、馬なりで気分良く走らせる様に進めています。今週末には坂路での15-15を取り入れて、入厩に向けて乗り込みを進めていきたいと思います」とコメントしていました。今後はこのまま乗り込みを進め、来週中には入厩する予定となりました。現時点で次走については阪神開催での出走を視野に入れています。現在の馬体重は508kgです。

こちらは阪神競馬出走で意外な感じ。適鞍が宝塚記念開催日のダート1800mしかありません。
その後の中京、小倉でも適鞍のレースが少なく、ちょっと厳しいかもしれません。

| | トラックバック (0)

岩田騎手ダービージョッキーに

今日は中央競馬の日本ダービー。
とはいうものの、最近はダービーですら、テレビ観戦もしないくらい不真面目な競馬ファンになっています。

さてレースは、岩田康誠騎手騎乗のディープブリランテが、好位追走から抜け出して優勝。
またも、サンデー馬のクラシック制覇でしたが、ノーザンファームの産駒ではなかったようで、微妙(笑)
岩田騎手は初めてのダービー制覇でウイニングランでは歓喜の涙だったようです。
あの岩田騎手がダービージョッキーとは感慨深いものがあります。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボッタ
5/26(土)に栗東TCへ入厩しました。同馬はゲート試験には合格済みですので、デビューに向けて仕上げていきます。

6月中の地元阪神競馬に出走できるといいですね。
ただし、6月16日~17日には社台牧場見学ツアーに行くので、かち合うのは避けてほしいものです。
ここまで待って、デビュー戦を観戦できなければ何をやってるのかわかりません。

| | トラックバック (0)

ボルボレッタようやく入厩

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
この馬なりに体質もしっかりしてきました。坂路コース(800m)でハロン15秒のキャンターも継続的に消化できています。5/26(土)の栗東TC入厩が決まり、デビューに備えます。現在の馬体重は465kgです。

ボルボレッタようやく入厩です。
しかし、この馬なりに…というコメントから、残り時間から判断した入厩でしかないようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
快勝後もかわりありません。疲れもそれほど感じられませんので、次走は6/17(日)阪神・マーメイドS(G3・芝2000mハンデ)への出走を検討していきます。

春から4戦しましたが、馬体に変わりないということで、随分と丈夫になったものです。
マーメイドSと言えば、愛知杯を勝って、優勝候補として出走するはずだったソーサリスが故障回避したレース。
それから7年、重賞出走へ向けて態勢を整えてほしいものです。
ただし、残念ながらレース当日は社台牧場見学ツアーの参加日で、ノーザンホースパークで観戦となります。こうなったら大勢の会員の前での好走を期待します。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。この中間に普通放牧から昼夜放牧の管理へ移行しました。放牧時間が再度長くなりましたが、馬自身にこたえた様子はありません。Mクイーンが調教を始めたことで、現在はコスモネモシン、コスモルーシーの3頭で管理されており、3頭と共に行動して青草を食べることに夢中になっています。ただ相変わらず1番に馬房へ帰りたいようで、集牧する際はスタッフの元へ一番に駆け寄ってきています。主任は「どんどん休養馬らしい体つきになってきています」とコメントしていました。

全治9か月の屈腱炎なので、放牧期間が長いのは覚悟のうえ。
今のところは、無理せずにじっくり治療に専念を。

◆ペンタグラム
マイネペンタグラムは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。この中間も追い切りを織りまぜながら順調に乗り込まれました。おっとりした性格のせいで普段の稽古では前向きさに欠けるものの、追い切りで併せ馬を課せばきちんと反応。軽快なフットワークで先日も4ハロン58秒台で楽に動きました。主任は「落ち着きもありますし、状態も上向いてきました。骨膜が出た左ヒザも落ち着いていて問題ありません。残された時間は決して多くありませんが、結果を出して欲しいと思っています」と述べていました。24日(木)に現地を出発し、25日(金)に美浦の奥平厩舎へ入 厩する予定です。

こちらはびっくり、早くも入厩です。
乗り始めてまだ1か月では明らかに乗り込み不足だと思うのですがねえ。
厩舎なら故障しても見舞金が出るので多少は無理をさせても構わないということでしょうか。
BRFとは違って、厩舎で状態に合わせた調教をしてくれることを願います。

| | トラックバック (0)

クリスマスキャロルレース不観戦記

クリスマスキャロル、見事に1000万特別戦を勝ち上がりましたが、実は競馬場でレースを見ていません。

私は今度こそを期待して口取りも申し込んで、京都競馬場に出掛けたのですが、法事のため、このレースだけ観戦と競馬場に車で向かったところ、何と道中で事故渋滞発生。
渋滞を抜けてから、これでは間に合わないので、引き返そうと思いましたが、行くだけ行ってみようと車を飛ばして競馬場の駐車場に到着したのはレース間際。
車を降りて競馬場内へ走っていき、地下通路で耳に入ってくるレース中継で、クリスマスキャロル勝利の報。
そのまま集合場所に到着し、スタッフが待ってくれていたので口取りだけはできましたが、レースを見ておらず、嬉しいやら何だかなのバタバタした観戦?でした。

ところで、車で競馬場に向かい、何らかのトラブルで間に合いそうにない等々あわててレースに臨んで勝ったのは、トラヴェル、ドリームマジシャンに続いて3頭目で、ジンクス健在です。

| | トラックバック (0)

クリスマスキャロル1000万特別勝ち

クリスマスキャロル、京都競馬第10R御室特別芝2000mの牝馬限定戦に出走しました。

3月に復帰してから牝馬限定の特別戦で5着、2着、2着と好走のクリスマスキャロル、使う時には使うという石坂師の本領発揮か、中2週で距離を伸ばして本日のレースに臨みます。
前走に続いて週刊競馬ブックでは今度こその期待馬。競馬ブックの予想でも本紙本命。

レースは8頭だての少頭数、社台の関係馬ばかりでしたが、クリスマスキャロルは中団のレース進行から4角から直線で外目を走り、一気の脚を見せて先頭にたち、後続馬の追い上げも抑えて、見事に優勝しました。

社台公式サイトによるレースレポートです。

◆クリスマスキャロル
5/19(土)京都10R・御室特別に出走、馬体重は444kg(+2)でした。五分のスタートをきると無理せずに中団の5番手につけて内を追走していきました。4コーナーに入るあたりから外側に進路をとり、直線へ向くとゴーサインに反応していい脚を使い、逃げていた馬を捉えました。後続とは3/4馬身差で、勝ち時計2分01秒1、11カ月ぶりの嬉しい3勝目を挙げています。秋山騎手は「馬場のいいところを通れました。それに頭数も少なかったのでスムーズなレースができました。コンスタントに出走していますが、いい状態を維持できており、今日も力を出すことができました。」とコメントしています。石坂調教師は「疲れがないようであれば、次走は6/17(日)マーメイドSに挑戦したいと思っています。」と話しています。

昨年6月末に2勝目を上げてから特にどこも悪くないのに半年以上休養し、いらだつこともありましたが、3月に復帰してからは、懸念の馬体も随分と安定し、走りも充実してきました。
特別戦で5着、2着、2着と惜しいレースが続き、着順からも内容からもこのクラスでは明らかに力上位。
とはいえこのまま勝てないかもと思うこともあったので、ついに勝つことができて嬉しい限りです。

これで晴れて準オープン馬になり、これまでの内容からも今後が楽しみです。
牝馬限定戦にこだわる調教師なので、牝馬限定重賞への出走も続くかもしれません。

なお、今日の優勝賞金1400万円で獲得賞金は5000万円を突破、また配当はシミュレーションによると26万円もあり、社台馬で初めての黒字馬になりました。
これが一番嬉しいのが正直なところかも。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集馬ラインアップ発表

ラフィアン公式サイトで、募集価格と東西入厩予定先が掲載された募集馬ラインアップが発表されました。
何故かこのクラブは毎年のように発表方法が変更されます。

募集価格をみると、最高価格が3600万円の牡馬3頭、2000万円以上は牡馬12頭、牝馬4頭の16頭。
最高価格は抑え目ですが、平均的にみると、やはり高目の価格のようです。
なお、また全馬100口募集に戻っています。
入厩先をみると、美浦37頭、栗東17頭とこちらはあいかわらずの美浦偏重です。

ゆかりの馬では、ダイイチコパンの11が栗東となっていますが、マイネソーサリスの11、コスモバレンシアの11は予想通り美浦になりました。
ダイイチコパンの11は昨年牧場では見た記憶がありませんが、もう少し安ければ間違いなく候補のところ。
後は実馬次第で様子見になるでしょう。

今年は昨年に続いて社台の牧場見学ツアーには参加を決めていますが、ラフィアンの方はどうするのか決めていません。
そもそも運営体質が気に食わないので新規出資しないことにしていますが、補償を行使して1頭だけは申し込むつもりなので、一応は募集馬を見ておきたいのと、ウインとの協同化でクラブ運営がどうなるのか関心があるので、ツアーに参加するかどうするか決めかねています。
帰りの航空券を確保するのが面倒ですが、顔なじみの会員さんとの懇親会と思えば参加してもいいのですがねえ…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
引き続き状態に変わりなく、現在も週3日は周回コースでハロン20秒ペースのキャンターを2400m消化しています。その他の週3日は坂路コース(800m)で1本、ハロン15秒のキャンターを乗り込んでいます。馬体に変化は感じられませんが、メリハリの付いた体型になってきたのは嬉しい知らせです。それに伴って動きにも良化が感じられますし、夏場を上手く乗り切ることで、さらなる成長がみられることでしょう。この中間からゲート練習もおこなっていますが、戸惑うことなく無難にこなしていました。現在の馬体重は496kgです。

最近出始めたPOG雑誌では、仕上がりの良さから紹介されており、気を良くしているところです。
しかし、先日クラブ事務所に電話で入厩予定などを尋ねたところでは夏デビューではなく、秋デビューを目指しているとのことで、この近況でも、この夏はまだまだ鍛えるつもりのようです。

| | トラックバック (0)

クリスマスキャロル出走確定

クリスマスキャロル、登録通り出走が確定しました。
出走頭数は8頭の少頭数で、面子は社台の馬ばかりで、強敵はアマファソンとロベルタの2頭。
久々の2000mですが、馬体を維持してここで何とか。

社台公式サイトによる出資馬近況。

◆クリスマスキャロル
5/19(土)京都10R・御室特別(牝馬限定・芝2000m)に秋山騎手で出走が確定しています。このレースは8頭立てになりました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
今週5/19(土)京都・御室特別(牝馬限定・芝2000m)に秋山騎手で出走予定です。このレースは8頭の出走表明にとどまっています。5/16(水)は坂路コースで追い切り、54.3-39.9-26.5-13.4の時計をマークしました。脚元も落ち着いており、状態はいい意味で平行線というところです。ここのところいい競馬が続いていますし、今回も楽しみな一戦となりそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
宇治田原・優駿ステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターを消化後、坂路1本を基本メニューに乗り込まれています。移動後から緩めない様に少しずつペースを上げて乗り込みが進められていますが、レース後のダメージもなく落ち着いて調教が進められています。担当スタッフは「前走に喉が気になったと聞いていますが、ここまでの様子を見る限り異常はなく問題なさそうです。レース後で体は時計を出せる状態にはありますので、状態に合わせてペースを調整していきたいと思います」とコメントしていました。今後についてはこのまま乗り込みを進め、出走が叶いそうな状況で再び入厩する予定です。現在の馬体重は510kgです。

| | トラックバック (0)

クリスマスキャロル特別戦出走登録

クリスマスキャロル、予定通り、次週京都競馬の御室特別に出走登録しました。
登録頭数は12頭、前走2着のクリスマスキャロルはもちろん出走できます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
坂路コース(800m)でハロン18秒くらいのキャンターを乗りながら、週1日ハロン15秒にペースアップしています。時折スクミの症状をみせることもあって、まだ体質的にしっかりしきれていないところはありますが、全体としては上向いていますので、このまま鍛えていきます。現在の馬体重は469kgです。

NFしがらきに戻って1か月、そろそろ入厩しないと次世代の新馬戦も始まってしまうのですが、そんな動きは微塵のかけらもありませんねえ…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
来週5/19(土)京都・御室特別(牝馬限定・芝2000m)に秋山騎手で出走予定です。両前脚の腫れは念のためにエコー検査を行いましたが幸い異常は確認できず、順調に腫れもひいてきました。これからペースアップして、出走態勢を整えていきます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。日中だけの放牧に加えて、運動量を確保するために1日1時間程度ウォーキングマシンを課しています。コスモネモシン、コスモルーシー、Mクイーンの4頭で現在は一緒に過ごしており、普段は群れて生えてきた青草を探して食べることに夢中になっています。ただ集牧になると一番早く馬房へ戻りたいようで、同じ考えのMクイーンとスタッフの取り合いになることもしばしばです。

◆ペンタグラム
マイネペンタグラムは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。順調にペースを上げており、先日休養が明けて初めてとなる追い切りを課したところ、縦列から併せて4ハロン58秒をマークしました。主任は「久々の追い切りにしては動いた方でしょう。ゴール後の息の荒さなどはありますが、四肢には反動なく進められていて、これからさらに負荷をかけていきます。背肉が付きにくいタイプで馬体が若干寂しい感じは否めませんが、未勝利馬で時間が限られていることもあり、できる範囲内でしっかり仕上げていきます」と話していました。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集予定馬発表

社台・サンデーの募集馬価格発表と日を同じくして、ラフィアン公式サイトで今年の募集予定馬が発表されました。

募集頭数は昨年とほぼ同様の54頭で、内訳は牡馬30頭、牝馬24頭と、例年になく牝馬の比率が高くなっています。
何より驚いたことに、購入馬がわずか6頭で、自家生産馬が9割を占める状態。
選馬眼もなければ購入資金もないので、自家生産馬ばかりになったというのが実情でしょうか。

ラフィアンは元々は先代社長の購入馬の選馬眼が売りだったので、それに期待して入会した会員は相当の落胆でしょうね。
近年の成績低迷を募集馬の質の低下が原因と説明してきたのに、これだけ自家生産馬ばかりでは、問題解決には全く至っていないと思うのですが、詰まるところは何も考えていないのでしょうね。

なお、種牡馬別ではコンデュイット19頭、ステイゴールド10頭と、この2頭の産駒で過半数を占めます。
ちなみにあのロージズインメイは1頭のみ。種付の時点である程度わかっていたことですが、まあやることの極端なこと。

最後に、私のゆかりの馬では、マイネソーサリスの11(父コンデュイット)が募集されていますが、それ以外に繁殖に上がった馬の産駒は募集されていません。
以前にここに書いたように、今年はムジカとペンタグラムの補償で出資することを考えていますので、とりあえずはまた様子見です。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー募集馬価格発表

社台・サンデー公式サイトから募集馬の価格が発表されました。

今年の最高募集価格馬はサンデーのポルトフィーノの11(父ディープインパクト)とドナブリーニの11(父ゼンノロブロイ)の1億2000万円。
昨年に引き続いて補償がなくなったことなど全く関係なしの価格帯の感じで、やはり昨年同様に一口馬主掲示板では高い高いという書き込みばかりです。

私が狙い目としていている1400〜1600万円クラスの安い牝馬があまりおらず、気になるところは2000万円いかないと駄目かなあという感じです。
先日ここであげたダンスオールナイトの11(父サクラバクシンオー)はその2000万円。サクラバクシンオーの牝馬でこの価格とはねえ…

なお、オーナーズと地方競馬オーナーズは比較的安い感じで、地方競馬オーナーズならば牝馬では800万円で十分、ソレイユドールの11(父フジキセキ)でも1200万円です。
今年は地方競馬オーナーズ1頭だけでもいいかもしれません。

さて、今年は即行で申し込んだ社台の牧場見学ツアーは、希望日の6月16日の1泊コースで確定の通知が今日届きました。
カタログで予習して、後は牧場ツアーで候補を決めていきたいと思います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
5/4に栗東トレセンから宇治田原・優駿ステーブルへ移動しました。特に問題なく無事に到着しています。担当スタッフは「到着後はテンションが上がる事もなく落ち着いています。今週一杯はレース後という事もありますので軽めの運動で状態を確認して行きたいと思います」とコメントしていました。今後は緩めない様に乗り込みを進め、出走が叶いそうな状況で再び帰厩する予定です。

| | トラックバック (0)

兵庫大賞典

今日は久々に園田競馬場に行って伝統の兵庫大賞典を観戦。
昨日は交流重賞の兵庫チャンピオンシップがあったのですが、あまりにも面子がしょぼかったので観戦を回避。

さて兵庫大賞典、園田競馬の誇るオオエライジンが久々出走ということで注目を集めていましたが、休み明けも何のその、最後の3角から持ったままで先頭に立つと、直線であっという間に後続勢を引き離して楽々優勝、格の違いを見せつけました。
この馬のレースを実際に見るのは初めてだったのですが、さすがに全勝のまま大井競馬の重賞を勝っただけのことはあります。
これから復調して交流重賞で活躍してくれることを期待したいですね。

ちなみに、強豪馬2頭の固いレースでしたが、3着に人気薄の馬が入り、好配当の3連単馬券を獲得できて馬券的にも大満足のレースでした。

ところで、今日は風が強く、曇り空と今ひとつの天候でしたが、場内大混雑で、レース時にはコース前がほぼ一杯。
また、カメラ集団もかなりの数で、オオエライジン効果かなと思える観客の入りでした。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
引き続き順調で休まず乗り込むことができています。現在は週3日周回コースをハロン20秒ペースで2400m、ほかの週3日は屋内坂路コース(800m)をハロン15秒ペースで1本と、コンスタントにハロン15秒の調教を消化しています。乗り込みの成果で力強さを身につけており、このペースでもしっかり走れるようになりました。気性面でも普段は落ち着いているのですが、調教中ピリっとした面を見せるようになってきたのは好印象です。現在の馬体重は498kgです。

引き続き順調の模様、順調ならばそろそろ入厩予定くらいはと思うのですが・・・


| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。前走後は、レースに使ったダメージもそれ程感じられず、無事に運動を再開しています。宮本調教師は「早速翌日には内視鏡検査を行い喉の状態を確認しましたが、検査で異常は何ら見られず、レースでのダメージもそれ程なさそうで、現在は運動しながら指摘のあった喉の異音などがないか確認しています。現状では特に気になる音などは確認できませんし獣医も特別問題はないと話していましたのでまずは安心しています。今後は続けてレースに使っていく予定ですが、今週の想定を見る限りでは出走間隔を空けないと難しい状況ですので、一度短期で放牧に出して状況を見ながら再び帰厩させたいと思います」とコメントしていました。今後は出走間隔調整で明日、宇治田原・優駿ステーブルに放牧へ出る予定です。

検査の結果では大事なかったようで一安心。
前走の惨敗で、出走スケジュールが立たなくなったこともあり、再放牧はやむなし。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
レース後は両前脚に外傷性の腫れがみられますが、軽症ですので安心しています。今週一杯は楽をさせて様子をみますが、状態をみながら、5/19(土)京都・御室特別(牝・芝2000m)を目標にしていく方針です。

次走予定が明示、予想通り中2週での京都競馬牝馬限定戦出走です。

| | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »