« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の31件の記事

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧を続けています。昼間はだいぶ暑くなってきましたが、変わらず元気に過ごしています。

| | トラックバック (0)

JRA認定戦変更

クリスマスキャロルがマーメイドSに出走、2着となったので、レース回顧を読もうと、久し振りに「優駿」を購読しました。
雑誌中の「地方競馬トピックス」で、地方競馬のJRA認定競走制度が大幅に変更された記事が掲載されていました。

道営競馬を除いて、2歳新馬戦等での認定戦がなくなり、オープンや重賞レースのみが認定戦として行われるという内容でした。
例えば園田競馬ではファーストトライ、セカンドトライと新馬戦だけではなく多くの認定戦が行われていたのですが、これが全てなくなり、既に勝ち上がった馬によるレースだけが認定戦になるという次第です。

高額賞金目当て、あるいは何はともあれJRA出走ということで数多くの認定戦が組まれていたのですが、強い競走馬だけに絞るのが目的のようです。
地方競馬では大きな変更ですが、こんな話は全く知りませんでした。
スポーツ新聞等でも全く報道されていなかったのではないでしょうか。
私は今年から正真正銘の地方競馬馬主なので(笑)、直接関わる大きな変革です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。坂路とプール調教を併用して乗り込まれています。中間に宮本調教師より連絡があり「当初はある程度間隔を取って次走へ向かう予定でしたが、中間の動きを見る限り前走でのダメージは感じられませんし、引き続き状態も好調を維持していて順調に調整が進められています。そこで今週の登録状況を見る限りでは出走頭数も少なく、出走が叶いそうな状況でしたので登録を進める事と判断しました。具体的には今週の動きを確認した上で出走を判断していきたいと思います」とコメントしていました。次走については今週の動きを確認した上で判断していきますが、8/4小倉競馬、西部スポニチ賞、芝2000mへの出走を視野に入れています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間は左前脚の骨膜炎の症状も落ち着いてきたことから、ゆっくり乗りだしています。現在は周回コースを2周、馬なりのキャンターで乗っており、調教後の脚元も変わりありません。歩様を見ると幾分前捌きに硬さが残りますが、継続する治療で改善されてきていますので、今後も 慎重に乗り進めながら馬体をほぐしていきます。現在の馬体重は463㎏です。

クラブ事務所に電話でも問い合わせましたが、骨膜炎はあまり重症ではなかったそうで、一安心。
ちょうど良い休養となって10月の復帰戦に臨めますように。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン特別戦出走登録

ドリームマジシャン、次週の小倉競馬・西部スポニチ賞・芝2000mに出走登録しました。
登録頭数は14頭、このままなら出走できます。

クラブの近況では、間隔を開けて中3週で出走するような話しでしたので、ここで出走登録するとは思いませんでした。
芝で走れるとなると、相手次第で中1週でもということでしょうか。
中1週でもというのなら、ダートで登録していないのも変な話しで、何やら行き当たりばったりになってきました。

| | トラックバック (0)

ペンタグラム補償

ラフィアンからペンタグラムの補償証書が送られてきました。

ラフィアンでは最後の補償になりますが、全くもって情けない出走結果に終わった高額馬にもかかわらず、見舞金やらあったので、補償金額は69,890円にしかなりませんでした。
昨年度から補償はなくなったので、これはこれでありがたい話なのですが。

昨年のムジカの分とあわせてこれで補償金額が都合12万円程になりましたので、今年の募集馬から1頭だけ出資する予定です。
現時点で9頭満口になっているので、残りの馬から牧場見学に行って実馬を見て、その後の成長振りから申し込みます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが、特に問題はなく無事に運動を再開しています。宮本調教師は「久々の芝でのレースでしたが、厩舎に戻ってきてからの状態も普段と変わりありませんし、脚元等にも特別問題は見られませんでした。これまで毛色から判断し先入観で夏場の暑い時期はどうかと見ていましたが、現状でも飼葉は良く食べてくれますし、このまま進めても問題はないと見ています。今後今週一杯は何時ものプール調教でクールダウンさせながら次走に備えていきたいと思います」とコメントしていました。レースに使った後のダメージは限定的との事ですが、さすがにこの時期ですので無理は禁物です。そこで宮本調教師と次走について相談した結果、間隔はある程度取って無理なく調整を進めていきたいとの結論に達し、次走については小倉4週目、TVQ杯、ダート1700mもしくは不知火特別、芝1800mを両にらみで検討していく事になりました。

| | トラックバック (0)

売買契約書

社台・サンデーから経費と支払額の明細書が届きました。

クリスマスキャロルのマーメイドS2着による賞金1400万円が配当されましたが、先月の御室特別優勝の配当と同様にほとんどが利益分配になるので、配当金は16万円ほどしかありません。
黒字馬になるとこのように現時点での配当は少なくなってしまうのですが、来年の年次分配と確定申告では、この2走分で25万円ほど返ってくるので、これはまた極端なことになってきます。

あわせて、今年の募集馬の代金の請求書と契約書等が届きました。

今年はクラブ馬のアイスドールの11に加えて、地方オーナーズのレイクサイドカップの11を購入することになるのですが、今更ですが、クラブ馬は出資であるのに対して、オーナーズでは売買になるので、何もかも内容が異なっています。
代金は、競走馬出資金ではなく馬代金。
契約書は、出資契約書ではなく馬匹売買契約書。
ファンドではなくただの売買なので、内容が非常に簡単なものになっています。
驚いたことに引退時の買取申出書までついています。
希望すれば引退時に自分の馬にすることができるようです。

9月に代金がダイナースカードから引き落とされるのですが、クリスマスキャロルの配当が少ないので、資金を準備しておかないといけません(笑)

ところで、ダイナースカードがこの度大幅にリニューアルされるようです。
ポイントが従来の1万円=1ポイントから100円=1ポイントに切り替わるのが個人的には重要点。
私はANAのマイレージを貯めるためにVISAとダイナースの2つのカードを持っているのですが、小額でもマイレージが貯まるのならダイナースに一本化してもいいかもしれません。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
レース後変わりありません。前走は完敗でしたが、既走馬相手のデビュー戦で、調教時計も出ていなかっただけに、やむを得ない面もあります。このまま厩舎で調整しながら、次走へ向けてしっかりと仕上げていきます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧で管理しています。習性上、夜間は昼間以上に動き回るため、かなりの運動量を消費しているはずですが、へこたれることなくいつも元気に過ごしています。穏やかな表情をしており、常にリラックスできているようです。主任は「仲間の刺激を受けて活発に動き回っています。体調も安定しており、とても健康的に見えます」とコメントしていました。

| | トラックバック (0)

レース解説

セゾン公式サイトによる出資馬のレース解説。

◆ドリームマジシャン
7/22(日)中京競馬第10レース、有松特別、芝2000m、10頭立て、5枠5番、幸英明騎手騎乗で出走し、4着でした。
まずまずのスタートを決めると無理せず他馬を先にいかせ後方7番手辺りから1、2コーナーを回り向正面へ。その後は勢い良くハナへと立ったシゲルササグリがレースを引っ張り、1000mの通過は63.1秒とゆったりしたペースを形勢します。同馬は道中の追走は、幾分いきたがる素振りは見られたもののしっか り集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、馬群が凝縮してきます。同馬も最内から徐々にポジションを上げ7、8番手で4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとしっかり反応して脚を伸ばします。他馬が外へと進路を取る中、内から粘り強く脚を伸ばして前を追いますが惜しくも勝ち馬等を捉えるには至らず、結局勝ち馬から0.7秒遅れての入線になりました。馬体重は前走から+4kg、492kgでした。騎乗した幸騎手は「久々の芝で前半は走りやすいからか行きたがるところがありましたが、荒れた馬場を苦にせずしっかり走れていました。最後は他馬が外を通る分、内目から積極的にいきましたが渋太く伸びてくれました。次回は状態の良い芝での走りも見てみたいですね」とコメント。宮本調教師は「久々の芝での走りも問題なく、普段ダートを使っている分、最後は同馬に乗り慣れた幸騎手の好判断で上手く内を突いて脚を伸ばしてくれたと思います。今後のレース選択に幅の出る結果で良かったと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。

| | トラックバック (0)

レース解説

サンデー公式サイトによる出資馬のレース解説。

◆ボルボレッタ
7/22(日)中京6R・芝1600m戦に川須騎手で出走・デビュー、馬体重は442㎏でした。レースはスタートでやや後手を踏んでしまいましたが、そこから行き脚をつけて道中は中団の外を追走していきました。勝負所の位置取りもほぼ同じで、手応えを残しながら最後の直線を迎えましたが、直線では思ったほどの伸び脚は見られず、勝ち馬と1.9秒差の14着でデビュー戦を終えています。レース後、調教助手は「スタートはいまひとつでしたね。調教でも時計を詰め切れていませんし、まだ仕上がり途上のようですね。1度レースに使ったことで状態は上向いてくれるはずです」とコメントしていました。

| | トラックバック (0)

中京競馬観戦

ボルボレッタとドリームマジシャンの2頭が出走というので、中京競馬場に行ってきました。

中京競馬場は一昨年の春からコースとスタンドの改修工事を行っていましたが、この春にリニューアルオープン。
第2回開催の最終日にようやく観戦することができました。

名鉄の中京競馬場前駅から歩いていき、西入場門から入場すると、前と変わりがありません。
ツインハットスタンドの方は全く変わっておらず、施設内を進むと、新しいペガサススタンドになりました。
旧施設の方は古いままなので、新施設とのギャップがあり過ぎて奇妙な感じです。
パドックは、改修前はスタンドから離れた極端な堀割り型でしたが、ちょうど先週行った函館競馬場と同様に、施設と一体となっています。

ペガサススタンドの観客席ですが、前はゴール前でも1階、2階と簡単に行き来できて、楽にレース観戦できたのですが、動線が変わって見づらくなってしまい、この点では前の方が良かったように思います。
私にとっては、ソーサリス愛知杯優勝の思い出の観客席だった訳なので、思い入れ込みですが(笑)

肝心のコースの方はゴール前が坂路になっているのが一目瞭然、ドリームマジシャンが4着に終わったのはこの坂路のためかと思います。

さて、この日は中京記念開催日ということもありましたが、記憶にない程の大観衆で、11時前に到着したにもかかわらず、場内どこにも座るスペースがなく、暑くて参ってしましました。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン芝で好走

ドリームマジシャン、中京競馬第10R有松特別芝2000mに出走しました。

この2走、体調は悪くないながらも惨敗し、適鞍がないドリームマジシャンは、約2年振りに芝のレースに出走することに。
やや成績を落としただけで芝からダートで連戦するようになった同馬ですが、血統的にはソーサリス同様に芝で走れるはず。
今回は出走相手はやや強敵揃いですが、芝でも走れるところをみせてほしいところ。

レースはまずますのスタートから集団中団でレース進行。
集団が固まった状態で3~4角を周り、直線に入ったところで前が開き、脚を伸ばして先行勢に。
先頭馬を追走する形になり、これはと思ったところで、外から前を塞がれ内に押し込まれ、荒れた最内を走るはめになり、最後に4着で入線しました。

直線でいい展開になったのですが、前を塞がれてしまったのが残念でした。
何とか入着はあるかと思いましたが、1頭に交わされ惜しくも3着ならず、次走優先出走権を確保できませんでした。
ともあれ、芝でも走れるところを見せることができたので、多少は次走以降の展望が開けたように思います。

| | トラックバック (0)

ボルボレッタデビューも予想通りの惨敗

ボルボレッタ、中京競馬第6R芝1600mに出走、ようやくデビューを果たすことができました。

ボルボレッタは、競馬ファンなら誰でも知っているような良血馬だけに、私としては期待の馬でした。
血統の割に格安だったので不安もあったのですが、不安的中、案外の成長でこの時期になっても競走馬としてはまだまだ足りないようです。
これまで何度も書いてきましたが、残り時間がないので見切り発車でのデビューとなり、こんな形のデビューとなってしまい残念至極。
何はともあれデビュー戦なので、改装なった中京競馬で現地観戦。

馬体重は442キロ。牧場や外厩では見てきたボルボレッタですが、パドックではかなり細身の感。
途中から2人引きとなりましたが、覇気にも欠ける印象。
専門紙の予想はさっぱりながら、良血なので意外と人気はあり、単勝42.6倍の9番人気。

さて、レース。ボルボレッタはスタートでやや出遅れ、これはいつもの惨敗パターンかと思いましたが、そこから中団まで上がってレース進行。
3~4角を周ったあたりで他の馬についていくことができず、直線ではあっという間に後退、最後は16頭中14着に終わりました。

残念ながら予想通りの惨敗に終わってしまいました。
普通なら叩き1走を期待したいところですが、地力不足は素人目にも明らかで、小倉あたりで適当なレースを走って終わりだと思います。

| | トラックバック (0)

ボルボレッタデビュー決定など

ドリームマジシャン、ボルボレッタの出走レースが決まりました。
ドリームマジシャンは22日(日)の中京競馬10R有松特別、ボルボレッタは同じく中京競馬6R未勝利戦への出走です。

ドリームマジシャンは動きは上々のようですが、適鞍がなく、ここにきて久々の芝レースへの出走で不安一杯。
仕方ないかもしれませんが、ダートでは勝ち負けしていた馬だけに、展望が無さ過ぎのように思います。

一方で、ボルボレッタは入厩後も動きは相変わらずの模様で、明らかに時間がなくなってきたことによる見切り発車となりました。
クリスマスキャロルを除くと、この4年間の社台・サンデー出資馬のデビュー時期は、3歳の6月、5月、8月、7月ですから、お話しになりません。
ボルボレッタは良血馬だけに期待していたのですが、こんなデビューになってしまい残念でなりません。

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
7/22(日)中京競馬第10レース、有松特別、芝2000m、10頭立て、幸英明騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後3時00分です。7/18には坂路にて最終追い切りを消化。単走で4ハロン53.9秒、3ハロン39.6秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を一杯に追われてマークしています。宮本調教師は「時計も同馬にしては良い方ですし、身のこなしも力強く追ってからの反応も上々でした。だいぶ暑さも厳しくなってきていますが、十分活気もありますし調子自体は良さそうですので、状態面には特に不安はありません。そこで出走させる事を前提にレース選択し、今回は久々に芝を使ってみたいと 思います。以前未勝利を勝ったのも芝ですし、その時期に比べ同馬自身も力はしっかり付けてきていますので、スムーズにレースを運べれば十分チャンスはあると見ています。状態は良さそうですので頑張って欲しいところです」とコメントしていました。ご声援ください。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
7/22(日)中京6R・芝1600m戦に川須騎手で出走・デビューが確定しています。このレースは16頭立てになりました。

改装なった中京競馬場、ボルボレッタはデビュー戦、出資馬2頭出しということで現地観戦の予定です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
今週7/22(日)中京・芝1600m戦に川須騎手で出走・デビューすることを検討しています。本馬は初出走の優先出走権があり、確実に出走が可能です。本日7/18(水)は坂路コース併せ馬で追い切られ、半マイル56.8-40.7-26.9-13.8の時計をマークしました。手応えに余裕がなく、案外の動きでした。実戦タイプの可能性もありますが、もう1週待って来週の小倉戦で使うことも考えています。

今週末の中京競馬への出走を予定していますが、追い切りでの手応えが悪かったようで、見送りもあるようです。
良くなるはずもないのですが、ギリギリまで良化を待って、最後は見切り発車になるでしょう。
残念ながら最後に1回走って終わりの可能性も出てきました。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン特別戦出走登録

ドリームマジシャン、近況通り、来週の新潟競馬麒麟山特別(ダート1800m)と中京競馬有松特別(芝2000m)に出走登録しました。

麒麟山特別は登録頭数29頭で、出走できそうにありません。
一方、有松特別は登録頭数14頭で、出走できそうですが、何せ久々の芝レースでは…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間はゆっくり調教を進めていたのですが、左前脚の捌きにやや硬さが見られました。念のためレントゲン検査を行ったところ、若干ですが左肘部分に若干ですが骨膜炎の症状が見つかりました。ただし、運動を控えるほどのものではありませんので、ウォーキングマシン運動は続けています。毎日レーザー治療を施している効果で症状は徐々に落ち着いてきていますが、まだ若干痛みが残っているようですので、もうしばらくは無理せず、回復を優先していきます。現在の馬体重は458㎏です。

日曜日の更新があったので何事かと思いきや、やはりロクな近況ではありませんでした。
ここにきて晩成型が花開き、オープン入りし、残り半年に期待していたのですが、故障発症とは…
何はともあれ、大事無いことを願うしかありません。
何とか12月の愛知杯あたりには間に合えばいいのですが、無理せずに引退というのはご勘弁を。

| | トラックバック (0)

函館競馬観戦

連休ということもあって函館競馬観戦に行ってきました。

函館競馬はフロイラインローゼの未勝利戦観戦のために来て以来4年振りの観戦になりますが、一昨年に全面リニューアルされたので、初めての競馬場のようなもの。
元々出資馬が出走するような当てもなく、新しい競馬場見物がてら見に行こうかと思った次第ですが、夏の稼動馬がこんなに少ないとは予想外で、正真正銘のただの函館競馬観戦となりました。

新競馬場は、既報通りで、これまでの古めかしく地方競馬と大差ない施設だったものから、今風の劇場型パドックなど、ゆったりとした施設に変貌していました。
何よりもレンガ風の造りなど随所におしゃれなところが多々見受けられ、驚くばかりでした。
ただ狭いことに変わりはなく、重賞開催ということで、場内大混雑だったので、気分的にはあまりゆったりできませんでしたが…
昨年はここでクリスマスキャロルが優勝した訳ですが、いつかは出資馬の口取り体験を願いたいものです。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン出走除外

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。今週の中京競馬、御嶽特別、ダート1800mに出走を予定していましたが、残念ながら除外となってしまいました。7/11には坂路にて追い切り、単走で4ハロン53.4秒、3ハロン39.4秒、ラスト1ハロン13.3秒の時計を一杯に追われてマークし、もともと時計は出るタイプではありませんが、今回の馬場状態を考慮すると十分で、同馬なりに状態も良さそうだっただけに残念です。宮本調教師は「新潟開催も今週から始まり、そこまで登録頭数も多くはないのではないかとも見ていたのですが。目標を来週に切り替えたいと思います。そんな中、以前は見た目の毛色から判断し、夏場の暑い時期は苦手と見ていましたが、現状では気持ちもしっかり走りに向いていて飼い食いも良く、状態は同馬なりに良さそうなのは良い傾向です。今後はこのまま状態をキープしていけるよう調整を進めていきたいと思います」とコメントしていました。次走については来週の新潟競馬、麒麟山特別、ダート1800mもしくは中京競馬、有松特別、芝2000mを両にらみで検討していく予定です。

案の定、除外となりました。
次走に適鞍がないと思っていましたが、何と新潟競馬遠征、はたまた中京競馬芝レースの両にらみの模様。
さてどちらのレースに出走できるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
この中間も順調で、本日7/11(水)はCWコース3頭併せで追い切られました。6F85.7-69.4-54.0-40.0-13.3のタイムをマークしています。飼い葉は食べており、動きのほうも徐々に良化気配がうかがえます。来週7/22(日)中京・芝1600m戦でのデビューを予定しており、騎手は調整中です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。引き続き昼夜放牧で管理しています。この中間から放牧地のメンバーがガラリと変わりました。Mサヴァラン、Mエミリー、Mエポナなどの3歳牝馬たちと一緒に仲良く過ごしています。適度に変わるメンバーが日常生活の良い刺激になっているようで、新しい仲間たちと放牧地を駆け回ったりしていました。現在は落ち着いていて青草を食べるいつもの生活を過ごしています。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン特別戦出走登録

ドリームマジシャン、週末の中京競馬御嶽特別に出走登録しました。
登録頭数は27頭、優先出走権がないので、出走できないと思います。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー大量売れ残り

今日は社台・サンデーの1.5次及び2次の申し込み日でした。

1次で大量に売れ残っていたので、どうなるかと思っていましたが、中央競馬ファンドでは、社台の関東馬・関西馬で11頭・4頭、サンデーの関東馬・関西馬で15頭・3頭と都合33頭と大量に売れ残りました。
一昨年は完売、昨年は1頭売れ残りだったので、ラフィアンと違って好成績を持続しているにもかかわらず、わずか1年でのこの落ち込みは予想外の結果でした。

売れ残っている馬をみると一目瞭然で、牝馬を中心に安い馬ばかり。
一口馬主掲示板ではこの日だけで数多くの書き込みがされましたが、私のような普通のサラリーマンであろう大多数の会員が、クラシック制覇、オープン入りなど、ある程度の成績を期待して希望する馬だけ申し込んで、外れたら無理に他の馬に申し込まずにそれでおしまい。または、そもそも今年は見送り、の結果でしょうか。
超良血の高額馬はあいかわらず売れていますから、お金を持っている会員はそれなりの馬を確保したと思いますが、特に格安馬の買い漁りもしなかったようです。

以前は9月の牧場見学ツアー時期でも結構売れ残った馬がいて、その時に成長振り等から改めて申し込みという状態だったと聞いたことがありますが、今年はそんなことになりそうです。
それにしても、社台・サンデーでこの売れ行きの悪さでは、他のクラブは一体どうなるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

ラフィアン出資馬検討

前期募集終了時点でたった1頭しか満口にならなかったラフィアンですが、今日の時点で3頭追加されて4頭が満口になっています。
残り口数が少ないところで、残り21口以下が5頭なので、第1次募集の満口は9頭は確実でしょう。
21口の次が37口なので、ここから上乗せがあるかどうかわかりません。
それにしても前期募集だけで20頭近くが満口となり、その後も多くの馬が売れたのが、わずか3~4年前とは信じられないような転落振りです。

さて、改めて私の出資馬検討を記します。
新規出資しないことにしていましたが、補償が結構あるので、1頭だけ出資することにしました。

まず、社台が牝馬ばかりなので、牡馬に出資することに。
流行のステイゴールド産駒から、カートゥーンの11とマイネアモーレの11。
カートゥーンの11は社台系の母親で、好成績を残していますが、かなり年寄りなのが気がかり。
マイネアモーレの11は、ラフィアンでは名牝の母親ですが、やはり年寄りで、産駒の成績も峠を過ぎた感。私はスペラーレで外したので、雪辱をと思いますが、募集価格がやや高め。

ゆかりの馬から、ダイイチコパンの11。
大物はでませんが、堅実さが売りのダイイチコパン産駒。例年人気するのですが、今年も同様で、現時点で満口になってしまいました。

その他から、タイノーブルレディの11。
入厩先がアンソロジーでお世話になった中尾厩舎、種牡馬が早世したものの社台では期待の高かったチチカステナンゴ、牡馬で15万の格安馬、ということで候補に考えました。
実は私は芦毛馬は苦手なのですが、走ればかまいません。

ツアーに行けなかったので、そのうち牧場見学に行って実馬を見て、その後の成長振りから出資馬の申し込みをするつもりです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。坂路中心にプール調教も併用して進められています。中間は前走でのダメージもすっかり感じられなくなった事から、先週末からはペースアップして調整が進められています。宮本調教師は「中間も順調にきていますので、先週末からは少しペースを上げ調整を進めています。栗東も徐々に湿度が高くなり暑さも増してきていますが、現状では飼葉も良く食べていますし元気一杯で調教に励んでいます。次走については出走間隔の問題があり除外される可能性はありますが、状態自体は良いので予定通りこのまま進めていきたいと思います。今後は週末には15-15程度のところを消化し、来週にはしっかりと追って態勢を整えていきたいと思います」とコメントしていました。次走については来週の中京競馬、御嶽特別、ダート1800mに出走を予定しています。前走手綱を取った浜中騎手は先約があるとの事で、改めて国分恭介騎手に騎乗依頼しています。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
本日7/4(水)は坂路コース併せ馬で追い切られ、半マイル56.8-41.4-27.3-14.0の時計をマークしました。動きに関してはまだ物足りませんので、今週のデビューも見送ることにします。飼い葉は食べていますので、来週からさらに負荷をかけて追い切ることを検討しており、デヒューに関しては7/22(日)中京・芝1600m戦を本線に考えています。

先週は出走させるかもと頼りない予定でしたが、やはり無理だったようで、中京競馬の最終週までデビューは延期です。
ギリギリまで待って出走という、いつものパターンにはまってきました。
7月末中京、8月末小倉と走ってそれでお終いでしょうか。

| | トラックバック (0)

ラフィアン申し込み状況発表

ラフィアンの第1次募集の前期募集が終了し、公式サイトで募集馬の最終申込み状況が発表されました。
リストにするまでもなく、満口馬は次の1頭だけでした。
10 コスモプラチナの11 【申込総数】111 【出資可能ポイント数】 7,002ポイント

結局、昨年以上の売り行きの悪さで、満口馬1頭というのは、私が入会してから最低の成績です。
過半数以上の申し込みがあった馬はこの他に13頭だけで、多くの馬が半分どころか20口も売れていません。
社台・サンデーでも記憶にない程の売れ残りの多さでしたが、ラフィアンではそれをはるかに上回る状況です。
補償もないのでじっくり選ぶ会員が多くなったといえば聞こえはいいのですが、これから多くは望めませんので、ラフィアンもついにここまできたかという感です。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー出資馬決定

社台・サンデーから出資馬の申込み結果が届きました。

◆中央競馬ファンド馬
第1希望 アイスドールの11 ・・・ ○

◆地方競馬オーナーズ
第1希望 レイクサイドカップの11 ・・・ ○

中央競馬ファンドでは事前の情報通りに決まりました。
これで入会以来8年連続の出資となりました。
昨年に続き、牧場見学に行って、希望馬に出資できたので、現時点では大満足です。
後は無事にデビューしてくれるといいのですが、肝心のこれがなかなか(^^;;

地方競馬オーナーズでは、満口馬だったのであきらめていましたが、第1希望のレイクサイドカップの11に決まりました。
何口売れたのかわかりませんが、抽選を突破したことになります。
これで晴れて、正真正銘の地方競馬の1/20馬主です。
いわゆる一口馬主はファンドなので、私は自分の馬のことを基本的に”出資馬”と言ってきましたが、地方競馬オーナーズでは、何と言えばいいのでしょう。”私の馬”と言っていいんですよねえ(笑)

さて、昨年同様に駄目元で申し込んだので、2頭とも確保は嬉しいのですが、資金繰りで悩みそうです。
ボーナスは半分以上が住宅ローンで消えるので、クリスマスキャロルの配当賞金を合わせても全く足りず、またもや貯金取り崩しになってしまいます。

ところで、申し込み結果とあわせて2次募集の案内が同封されていましたが、2次募集馬のリストを見て、数の多さに今更ながら驚きました。
私が入会以来こんなに多いのは全く記憶にありません。

今年の1.5次は残り少ない数頭から無理やり選ぶのではなく、選択幅が広がることになりますが、1.5次、さらに2次でどれだけ売れるのでしょう。
2次でお金持ちがここぞと買い漁ることもあるでしょうが、さすがに今年はかなり売れ残るのではないかと思いますが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
放牧後は馬体チェックを行いましたが、異常はありませんでした。春の連戦の影響も感じられず、約5日間の休養を経て疲れもすっかり取れたことから、先週より騎乗を再開しています。現在は周回コースを毎日1周、ハッキングキャンターで軽く乗り始めています。前走後に減っていた馬体重も451㎏まで回復しましたが、このあと、もうしばらくはリフレッシュを兼ねてキャンター調整を行っていきます。

しばらく休養と思っていましたが、5日間休養しただけで乗り込み再開です。
オープン馬になった途端、これまでののんびりモードを解除して本気モードです。
体調に問題なければ、復帰は早くなりそうで、9月には復帰でしょうか。

| | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »