« ドリームマジシャン連続入着 | トップページ | 出資馬近況 »

出走レース解説

セゾン公式サイトによる出走レース解説。

◆ドリームマジシャン
8/4(土)小倉競馬第11レース、西部スポニチ賞、芝2000m、11頭立て、4枠4番、武豊騎手騎乗で出走し、5着でした。
まずまずのスタートを決めるとそのまま出たなりで7番手辺りから1、2コーナーを回り向正面へ。その後はリベルタス、エクセリオン等が先行してレースを引っ張り、1000mの通過を60.7秒とゆったりとした流れを形勢します。そんな中、同馬は道中の追走は折り合いを欠く事もなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、馬群が凝縮してきます。同馬も内にジェームズバローズを見る形の4番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとしっかり反応して脚を伸ばします。切れる脚では無かったものの最後までジリジリと脚を伸ばして勝ち馬等に迫りますが勝ち馬の勢いも止まらず、結局勝ち馬から0.6秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-2kg、490kgでした。騎乗した武豊騎手は「上手く流れに乗って落ち着いてレースを進められました。最後に差されてはしまいましたが、このクラスでも十分チャンスはあると思います」とコメント。宮本調教師は「結果を出す事は出来ませんでしたが、メンバーもそれなりに揃っていた中で再び芝でも見せ場は十分ありましたし、力はしっかり示せたレース内容ではあったと思います。今後は中1週でのレースでしたので、状態を確認してから続けていくかどうかを判断していきたいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。

|

« ドリームマジシャン連続入着 | トップページ | 出資馬近況 »

ドリームマジシャン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/55403017

この記事へのトラックバック一覧です: 出走レース解説:

« ドリームマジシャン連続入着 | トップページ | 出資馬近況 »