« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の24件の記事

出資馬近況

社台公式サイトによる1歳馬の近況。
社台・サンデーでは今月から1歳馬の近況が更新されます。

◆レイクサイドカップの11
初期馴致を無事にこなして、本馬は進度の高い組で調整しています。この中間は周回コースで常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター1200mのあと、直線コースで軽めキャンター1本を乗っています。調教時の動きからは十分なパワーを感じ取ることはできますが、スッと加速する素軽さが足りない印象ですので、鍛錬を重ねていきます。9月の牧場見学ツアー時の測尺は、体高153.0cm、胸囲175.0cm、管囲20.0cm、馬体重は450kgで、9月末の体重は453kgです。

◆アイスドールの11
現在は夜間放牧を継続しており、体力強化もしっかりとできてきました。夏を越して厚みがでた馬体は、放牧地でのパワフルな動きにもみられており、洗い場での練習では勝気な性格ですが、抵抗なく受け入れています。こちらで充分に基礎固めができていますので、近日中にNF空港の育成厩舎へ移動する予定で、本格的な騎乗馴致に移行したい考えです。9月牧場見学ツアー時の測尺は、体高161.0cm、胸囲180.0cm、管囲20.4cm、現在の馬体重は494kgです。

私自身が先週牧場見学に行ったばかりですが、一目瞭然、アイスドールの11が一回り大きい馬格でした。
今の時点ではまずは順調に成長することが大事なところです。

ところで今更ですが、レイクサイドカップの11はファンド馬ではなく、文字通り所有馬なんですが、今後何と表現すればいいのでしょう。
私は冗談抜きで”愛馬”という表現が気恥ずかしいこともあって嫌いなので、基本的には”自分の馬”にしておきますかね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和で調整中。中間から騎乗を開始。坂路1本をキャンターで乗り込まれています。屈腱部は落ち着いた状態で、トレーニングを始めてからも順調です。休養の間に大幅に馬体重が増えており、しばらくはペースを上げずに調整を進めます。馬体重は554キロ。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
10/13(土)東京。府中牝馬S(GⅡ)への出走に向けて順調そのものです。9/26(水)は坂路コースで追い切り、半マイル54.6-40.1-26.7-13.6の時計をマークしました(ドナウブルーと併せ馬)。

| | トラックバック (0)

ラフィアン二次募集馬カタログ送付など

今日帰宅すると郵便ポストが満杯状態。
一体何が…と中を確認すると、BRFからラフィアンとウインの二次募集のカタログ、社台から会報と経費の明細書が届いていました。
ちなみにこの他にケーブルテレビの番組表やダイレクトメールまであって、かさばることこのうえなし。

ラフィアンの二次募集は、私はまだ一次募集ですら申し込んでおらず、元々関心がありません。
そもそも現時点で9頭しか満口になっておらず、大半が半分も売れていない状態で、二次募集で一体全体何口売れるというのでしょうか。

社台の会報は、ざっと見たところ、トレセン紹介で吉村調教師が紹介されており、今年出資したアイスドールの11のことが書かれてありました。
厩務員時代からアイスドールに愛着があるようで、姉とともに期待をしているようです。何やらクラシック路線を目指すそうで…
外厩紹介ではグリーンウッドでクリスマスキャロルのことが書かれてありました。
社台の会報で、同じ月に出資馬2頭のことが記事になるとは異例のことで、単純に嬉しくなってしまいました。

| | トラックバック (0)

牧場見学2日目

北海道の牧場見学2日目です。

昨夜は静内市街に泊まりましたが、日頃の寝不足のためか、「あま屋」で少し飲み食いしただけで酔ってすぐに寝てしまいました。
今日も早起きする訳でもなく、のんびり9時頃にBRF明和に行って見学開始。

まずはソーサリスとその仔のソルシエール、今年の募集馬、当歳馬と対面。
ペンタグラムだけは放牧中でどこにいるのかわからなかったので対面省略。
ソーサリスはここ毎年そうなんですが、放牧されていてもすぐに私の方に寄って来ます。こんなに可愛げがあったかなあ。
産駒は毎年続けて見ていますが、段々違いがわからなくなってきました。
ストラーノは昨年でも余り良く見えなかったのですが。

この後は、CVF、真歌に行って、元出資馬と今年の募集馬を見学。
募集馬はいくら見てもわからないですねえ。
スタッフに聞いても、正直ベースでわからないようですが。
午後から暑くなってきたこともあって、早々に切り上げて見学終了。
今更ながら、ラフィアンでは出資馬は1頭しかいないんですよねえ…

明日は午前の航空便で帰るので、牧場見学もこれにて終了です。

|

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
NFしがらき到着後は輸送熱なども出ず体調面の心配はありません。さっそく軽めの騎乗調教を開始しており、新しい環境に慣らしながら徐々に進めていきます。現在の馬体重は518kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和で休養中。引き続き昼夜放牧を行っています。中間も左前肢屈腱部は安定した状態です。騎乗開始は9月下旬から10月上旬にかけてが有力です。

| | トラックバック (0)

牧場見学1日目

夏休みをとって2泊3日で北海道まで牧場見学に来ています。
本当なら8月中に改装前の札幌競馬場観戦とあわせて来たかったのですが、仕事の都合で断念し、この時期になってしまいました。

今日は朝の航空便で北海道入りして、社台・サンデーの出資馬を見学しました。
昼休みを挟むので、移動時間と共に無駄な時間が多く、相変わらず効率の悪い牧場見学でした。
この後は日高に移動して1日目は終了。

余談ですが、今日は早朝発の航空便だったのですが、寝過ごしてしまい、目が覚めたら、出発時刻のちょうど1時間前(笑)
空港に着いたのは5分前で、なんとか間に合いました。
いや~、神戸空港は便利だ(笑)

|

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
この中間は順調に乗り込まれており、明日9/20(木)に幾らか時計を出すつもりです。10/13(土)東京・府中牝馬S(GⅡ)に向けて、来週から本格的にペースアップしていく予定で、来週の追い切りはレースでも跨ることになった秋山騎手騎乗で行います。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
セグチレーシングステーブル本場に滞在中。昨日は獣医に急患が入ってしまい、本日に同馬の状態を診てもらいました。担当スタッフは「全体的にそこまで大きなダメージは感じられませんでしたが、左トモにはだいぶ張りがありましたので、その場で針治療を施しています。この夏場は十分頑張ってくれたと思いますので、ここはしっかりリフレッシュして欲しいと思います」とコメントしていました。今後しばらくは軽めのメニューで様子を見ながらしっかり英気を養っていきます。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
NF天栄で半日休んだ後、NFしがらきへ移動し、9/13(木)に無事到着しています。こちらで栗東TC入厩に備えます。

多少は滞在するのかと思っていましたが、天栄は経由しただけで、しがらきに移ってきました。
ここで、調整しながら入厩待ちとなりますが、無事に入厩できますように。
この馬は大丈夫だと思いますが、ここから時間がかかった出資馬もいましたからねえ…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
9/13に栗東トレセンからセグチレーシングステーブル本場へ移動しました。長距離輸送となりましたが輸送熱もなく、まずは無事に到着しています。宮本調教師は「前走同馬には厳しい展開となってしまい、結果を思うように出す事は出来ませんでしたが、芝のレースでハイペースになった今回の内容を考慮すると、同馬もこの時計ですし力は十分示せたのではないかと見ています。芝、ダート問わずこのクラスで戦えるのも強みですし、ここは一度放牧に出して立て直し、今後に備えていきたいと思います」とコメント。担当スタッフは「そこまで目立ったダメージは感じられませんが、まだ到着したばかりで気も張っていますので、今後は明日にでも獣医に診てもらった上でメニュー等は検討していきたいと思います」とコメントしていました。今後は獣医に状態を確認してもらい、しっかりとダメージを取り除いた上で騎乗を進めていく予定です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台・サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
10/13(土)東京・府中牝馬Sに出走予定です。この中間も順調で、9/12(水)は坂路コースで追い切り、半マイル57.9-43.2-27.6-13.8の時計をマークしました。春の連戦の疲れはもう残っていなさそうで、レースに向けてペースを上げていきます。

本番まで1か月あるというのに、早くも臨戦態勢に入ってきました。
復帰戦が重賞出走なので、さすがに厩舎も気合が入っているようです。

◆ルミアージュ
この中間も周回コースと坂路コースで乗り込まれ、坂路コースでのハロン14秒ペースの調教でも良い走りを見せていることから、今後はNFしがらきで入厩に備えることとなりました。9/11(火)発でNF早来から中継地のNF天栄(福島県)へ移動しています。

いよいよ入厩に備えて、北海道を離れて本土移動です。
再来週に北海道まで牧場見学に行くつもりだったのですが、仕方ないですね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧を行っています。放牧地ではすっかり貫禄が出て、他馬をリードして行動する存在です。中間、左前肢屈腱部のエコー検査を行い、順調に回復していることが確認できました。そろそろ騎乗再開の時期を検討しても良さそうです。

| | トラックバック (0)

出走レース解説

セゾン公式サイトによる詳しい出走レース解説。

◆ドリームマジシャン
9/9(日)阪神競馬第9レース、野分特別、芝1800m、10頭立て、2枠2番、幸英明騎手騎乗で出走し、7着でした。
まずまずのスタートを決めますが、他馬のダッシュも速く無理せず7、8番手辺りに付けてレースを進めます。その後はホッコータキオン、ブライトバニアンが後続を突き放してレースを引っ張り、1000mの通過を57.6秒とハイペースな流れを形勢します。同馬は道中の追走は、幾分周りを気にしている場面は見られたものの、集中を切らす事なく前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、先行する2頭との差は徐々に縮まり馬群が凝縮してきます。同馬も外にディープフィールドを見る形の7番手辺りから4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとこの馬なりに反応して脚を伸ばします。馬群の間から最後まで懸命に前を捉えようと鞍上が追いますが捉えるには至らず、結局勝ち馬から1.1秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から増減なく496kgでした。騎乗した幸騎手は「前の2頭は飛ばしていましたが、後ろは馬群が固まってゆったりとした流れでした。両サイドに挟まれてハミを噛み、上手くなだめる事が出来ませんでした。申し訳ありません」とコメントしていました。宮本調教師は「時計の速い中で同馬なりに良く頑張っていたと思います。上がり勝負の今回は厳しい内容でしたが、展開一つで十分チャンスはあると思います。ここまで続けて使ってきていますので、一度放牧に出して今後に向けて立て直したいと思います」とコメントしていました。今後については今週中にセグチレーシングステーブル本場へ移動する予定です。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン完敗

ドリームマジシャン、阪神競馬第9R野分特別・芝1800mに出走しました。

芝で走るようになってから入着続きで、中1週と出走が続くドリームマジシャン、そろそろ勝って休養といきたいところ。
阪神競開幕週での出走で、強敵もいて不安もありますが、勝ち上がりを期待して現地観戦。
一体今年になってから何度目の現地観戦なのか(笑)

レース結果は後方追走のまま何もできすに10頭立てで7着と完敗。
中1週といった近走はもちろん、長い目でみれば昨年11月からレースが続いていますので、さすがにここでしんばらく休養でしょう。

| | トラックバック (0)

園田競馬ナイター開催

園田競馬で今日から”そのだ金曜ナイター”として、ナイター開催が始まりました。

関西の競馬場としては初めてとなるナイター開催ですが、兵庫県競馬組合としては、売り上げ減少の打開策として、禁じ手とも言えるナイター開催を少々強引とも思える手法で進めてきました。
そして、ナイター開催として、場内では照明設備の整備はもちろん、売店、トイレといった施設も整備されたようです。
公式サイトをみると、なんと閉店されていた売店が7店も新設されるようです。
観客減であれだけ閉店に追い込まれていた訳なので、金曜日のナイターだけでは心配ですが。

レースダイジェストを見ると、場内は結構観客が入っており、観客数は6700人と上々のスタート。
関西初のナイターですから、はじめのうちは話題性だけである程度の観客は入ると思いますが、これを契機に園田競馬に足を運ぶ競馬ファンがどれだけ増えるか、電話投票を含めた売り上げがどれだけ増えるかに注目でしょう。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
引き続き状態に変わりなく、前回の調教量を維持できています。週3日は周回コースでハロン20秒のキャンターを3000m、その他の週3日は坂路コース(800m)で1本、ハロン14~15秒のキャンターを継続しています。見た目以上に馬体全体に筋肉がしっかりと付いてきた印象で、素直な性格でもあり順調に調教が進められている1頭です。いまの調教量を守って、移動の声を待つばかりとなりました。現在の馬体重は506kgです。

9月を迎え、いよいよ入厩態勢に入りました。
まずはNFしがらきへ移動、そして入厩の運びかと思いますが、順調にいきますように。
今更ながら、私の社台・サンデーの出資馬は、年内にデビューできるかどうかにかかっています。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン出走確定

ドリームマジシャン、登録通りに出走が確定しました。
セゾン公式サイトによる出資馬近況。

◆ドリームマジシャン
9/9(日)阪神競馬第9レース、野分特別、芝1800m、10頭立て、幸英明騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後2時25分です。9/5には坂路にて最終追い切りを消化。単走で4ハロン54.6秒、3ハロン39.0秒、ラスト1ハロン13.0秒の時計を一杯に追われてマークしています。宮本調教師は「この夏場の成績もそうですが、追い切りの動き自体も良くなっている印象で、ここまで続けてレースに使ってきている中でも状態は良く、力はしっかり出せる状態にあると思います。頭数も少なくメンバー的には十分チャンスはあると思いますので頑張って欲しいところですね」とコメントしていました。ご声援ください。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

社台公式サイトによる出資馬の近況。

◆クリスマスキャロル
10/13(土)東京・府中牝馬Sに向けて順調で、ジョッキーは現在調整中です。9/5(水)は坂路コースで追い切り、半マイル57.8-43.2-27.6-14.0の時計をマークしました。これから調教のピッチを上げていきます。

引退する馬がいる一方で、社台・サンデー唯一の活躍馬、順調にレースの臨めるように。
鞍上はこれまで一定していなかったので、誰か有力ジョッキーでも確保するのでしょうか。

| | トラックバック (0)

ボルボレッタ引退決定

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
レース後変わりありません。本馬は4回阪神開催の限定未勝利戦(前走5着以内もしくは通算5戦以内の馬が1回限り出走できる3歳未勝利戦)への出走資格は有していますが、該当馬が多いため場合によれば出走間隔から出走できない可能性もありそうです。また、これまでの2戦の内容から一変を期待するのは難しいと言わざるを得ません。そのため会員の皆様のご負担も考慮して、松田国調教師と協議した結果、前走をもって本馬を引退・繁殖入りさせることにしました。会員の皆様におかれましてはまことに残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようよろしくお願い申しあげます。なお、詳細は後日書面を持ってお知らせします。

残念ながら予想通り、引退決定となりました。

ボルボレッタについては、募集時に大人気し、勝ち上がり率の高いウォーエンブレム×フサイチエアデールという良血馬だっただけに期待が大きかったのですが、競走馬として成長できなかったことに尽きます。
元々遅生まれで小さめ、非力だったのですが、昨年の今頃から成長したとあって期待も膨らみましたが、この馬なりに成長していたに過ぎなかったようです。

今年になると、クラブ近況もトーンダウン、春にはどうやら入厩も覚束ないと怪しい状態になってしまいました。
私としては、この時点でもうあきらめていたのですが、クラブとしては、格好だけつけて何とか入厩させましたが、能力不足は如何ともし難いものでした。
良血馬なので、繁殖に上がれるのが不幸中の幸いで、競走馬としてはさっぱりでしたが、第2の余生を過ごしてほしいものです。

今更ながら、クリスマスキャロルを除いて4世代連続して、3歳夏にデビューするのがやっとで、そのまま未勝利引退という体たらくに終わってしまいました。
都合4頭でわずか9戦入着なしですから、お話しになりません。
今年こそと言い続けて、今年も出資、選馬眼がないのは自覚していますが、そろそろ何とかしてほしいものです。

| | トラックバック (0)

吉田稔騎手引退

名古屋競馬のトップジョッキー吉田稔騎手が現役引退を発表したようです。

言うまでもなく、地方競馬では安藤勝己騎手と並ぶ東海の名ジョッキーで、名古屋競馬で2500勝を記録、中央競馬でも160勝と活躍していましたが、このたび43歳と少々若い年齢での引退を決め、育成牧場で第2の人生を歩むことになりました。

吉田稔騎手といえば、不可解な中央競馬騎手受験不合格ですが、実力がありながら門戸を閉ざされ、一時は騎手を続ける意欲もなくなったそうで、今回の引退はやはり騎手としての目標がなくなったことは否定できないでしょう。
ちなみに、この引退の報で、あっという間に、このブログの過去の記事が上位検索されるようになりました。
私の一口馬主としての関わりでは、ガリレイで名古屋交流戦に勝ってくれたのがいい思い出です。
改めて長い間お疲れ様でした。

| | トラックバック (0)

小倉競馬観戦

この夏は、ドリームマジシャンがまさかの芝レースの連戦で、私も小倉競馬観戦が続きました。

今週もドリームマジシャンがてっきり中1週で出走するものと思い、ボルボレッタの出走もあるので、宿泊観戦を決め込み、ホテルと列車を予約したところ、当てが外れてしまい、ボルボレッタの出走のみになってしまいました。
しかし、昨年と同様にラフィアンの会員懇親会が開催されるので、そのまま宿泊することとし、昨日土曜日にはその懇親会に参加してきました。
昨年もお目にかかった会員さんが多かったのですが、今年は2次会まであって、競馬談義を楽しむことができました。
元々関西でも会員が少ないラフィアンですが、九州の会員さんも大事にしてほしいものです。

さて今日の小倉競馬は、私にとってのメインレースの第3Rが終わり、することがなくなってしまいました。
最近はここでさっさと競馬場を後にするのですが、本当のメインレースの小倉2歳Sにラフィアンから有力馬2頭出しとなるので、そのまま居残ることにしました。
ビールを飲んで昼寝したりしていたのですが(笑)、意外と涼しくなったので、久々に競馬場全体をぶらぶら歩いて周りました。

小倉競馬場は10年前に初めて来場した競馬場ですが、当時はリニューアルのすぐ後だったので、施設も綺麗なものでしたが、今では飲食店舗が次々となくなり、佐賀競馬場の場外馬券売り場も閉鎖されるなど、気がつけば随分と寂れてしまいました。
この日は小倉2歳S開催というので、場内大混雑だったのですが、普段の時はガラガラなので、一層寂しい感じがしますね。

| | トラックバック (0)

ボルボレッタ惨敗

ボルボレッタ、小倉競馬第3R芝2000m・牝馬限定戦に出走しました。

3歳7月にようやくデビューを迎えたボルボレッタ、前走は惨敗に終わり、やはりまだまだ一人前の競走馬にはなっていないことを実感させましたが、そのまま引退という訳にもいかないので、3歳未勝利戦の最終週に出走することに。
調教で数をこなすようになってきたので、多少ともなり前進を望みたいところ。
このまま引退もありうるので、私は小倉まで現地観戦に。

ボルボレッタ、馬体重は前走比-6キロの436キロ。細めの馬体変わらず、パドック周回。
競馬ブックでは一つだけ△がついており意外な予想も、人気は単勝万馬券172.3倍の13番人気。
走っていないだけ他の成績の悪い馬よりマシな人気でしょうか。

さてレース、ボルボレッタはスタートから勢いがつかず、集団後方につけてのレース展開。
集団後方のまま周回し、3~4角を周り直線に入りますが、他の馬についていけず最後方に下がります。
また殿負けかと思いましたが、最終的には12号馬が故障したので、ゴールは17着で入線しました。

後方のまま集団についていくのがやっというレースで、やはり能力不足としか言いようのない結果でした。
これから限定未勝利戦となりますが、とても勝てそうになく、そもそも出走できるのかも疑問なので、このまま引退も致し方ないところだと思います。

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ボルボレッタ
9/2(日)小倉3R・芝2000m(牝)戦に高倉騎手で出走、馬体重は6kg減の436kgでした。スタートの出が悪く、後方からの競馬となりました。道中は馬群の後方、外目を追走し、そこからの巻き返しが期待されましたが、勝負所からは手応えが怪しくなり、直線でも盛り返すことができませんでした。勝ち馬から4秒1差の17着で入線しています。騎乗した高倉騎手は「ある程度前の位置につけたいと思っていたのですが、ゲート内でソワソワしていて出が悪くなりました。その後もいい位置が取れず、後方からの競馬になってしまいました。勝負所からもワンペースでしか走れず、最後は手応えが悪くなってしまいました。手前などはしっかり替えているのですが、いかんせんまだ体がしっかりしきれていないので、なかなか難しいですね……」とコメントしていました。

未勝利戦にしては詳しいレース解説でした。
残念ながらこれでお終いの感じがします…

| | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »