« ドリームマジシャン完敗 | トップページ | 出資馬近況 »

出走レース解説

セゾン公式サイトによる詳しい出走レース解説。

◆ドリームマジシャン
9/9(日)阪神競馬第9レース、野分特別、芝1800m、10頭立て、2枠2番、幸英明騎手騎乗で出走し、7着でした。
まずまずのスタートを決めますが、他馬のダッシュも速く無理せず7、8番手辺りに付けてレースを進めます。その後はホッコータキオン、ブライトバニアンが後続を突き放してレースを引っ張り、1000mの通過を57.6秒とハイペースな流れを形勢します。同馬は道中の追走は、幾分周りを気にしている場面は見られたものの、集中を切らす事なく前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、先行する2頭との差は徐々に縮まり馬群が凝縮してきます。同馬も外にディープフィールドを見る形の7番手辺りから4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとこの馬なりに反応して脚を伸ばします。馬群の間から最後まで懸命に前を捉えようと鞍上が追いますが捉えるには至らず、結局勝ち馬から1.1秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から増減なく496kgでした。騎乗した幸騎手は「前の2頭は飛ばしていましたが、後ろは馬群が固まってゆったりとした流れでした。両サイドに挟まれてハミを噛み、上手くなだめる事が出来ませんでした。申し訳ありません」とコメントしていました。宮本調教師は「時計の速い中で同馬なりに良く頑張っていたと思います。上がり勝負の今回は厳しい内容でしたが、展開一つで十分チャンスはあると思います。ここまで続けて使ってきていますので、一度放牧に出して今後に向けて立て直したいと思います」とコメントしていました。今後については今週中にセグチレーシングステーブル本場へ移動する予定です。

|

« ドリームマジシャン完敗 | トップページ | 出資馬近況 »

ドリームマジシャン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/55667025

この記事へのトラックバック一覧です: 出走レース解説:

« ドリームマジシャン完敗 | トップページ | 出資馬近況 »