« ドリームマジシャン入厩 | トップページ | 出資馬近況 »

ルミアージュ デビュー戦好走

ルミアージュ、本日の中京競馬第6R新馬戦芝2000mに出走しました。

兄姉全てが好成績を残しているルミアージュ、私としては大いに期待しており、昨夏までは近況でも好調と伝えられていたのですが、秋にNFしがらきに移ったあたりから何やら怪しくなり、入厩も遅れに遅れて12月に入厩、この度ようやくデビュー戦を迎えることになりました。
社台・サンデーでは3歳夏デビューとお話しにならない出資馬が続いていましたが、新馬戦デビューということでまずは一安心。次に肝心なのはどこまで走れるかどうか。
デビュー戦ということで、私は中京競馬で現地観戦。

ルミアージュ、調教では動いており、調教師コメントでも初戦から楽しみということで、競馬ブックでは本紙対抗○の好評価。
これを受けて、単勝5.8倍の2番人気。
ほぼ◎の1号馬ディープストーリーが単勝1.6倍の一本被りの人気。

パドックのルミアージュ、馬体重は502キロと牝馬らしからぬ大きな馬体。
まだまだ絞れそうな感じで、周回では貫禄充分というか、落ち着いた状態で周回。

さてレース、各馬そろったスタートのなか、ルミアージュは好スタートを決め、内枠を活かしてそのまま先頭に立ちます。
1〜2角で14号馬が並びかけ、向正面を2頭が先行してレースを進めます。
3〜4角を周って直線勝負、2頭並走から坂に入ったあたりで先頭が14号馬に代わったところで、逆にじりじりと引き離しにかかり、これは勝ったかと思いましたが、後続から一気の脚を見せた大本命の1号馬に差されてしまい、さらにもう1頭にも交わされ、最終的に3着で入線しました。

ゲート試験で落ちたので好スタート、さらに先行には現地でびっくり。
距離が長いので、大丈夫かと冷ややかに見ていたのですが、直線でも粘りに粘り、一時は引き離しにかかったので、勝ったかと思いました。
私は直線でずっと騎手名を叫んでいたので最後はがっくり、終わってから恥ずかしい感じでした。

残念ながら前評判の高かった本命馬に差されてしまいましたが、相手が悪かったというところで、内容的には全く問題なし、牡馬相手でこの結果ですから、早いうちに勝ち上がれそうです。
この数年、デビュー戦で惨敗ばかり見ていたので何はともあれ安心すると同時に、今後が楽しみになりました。

サンデー公式サイトによるレースレポートです。

◆ルミアージュ
1/20(日)中京6R・芝2000m戦に幸騎手で出走・デビューし、馬体重は502kgでした。好スタートから内枠を利 して先手を取り、レースのペースを握りました。途中2番手の馬に絡まれる場面もありましたが、そのまま4コーナーを回ると先行2頭の競り合いから騎手の懸命の右ムチに応えて一旦は抜け出したのですが、後ろから来た馬2頭に差され、勝ち馬から1/2・クビ差の3着に惜敗しています。騎乗した幸騎手は「スタートは良すぎるぐらいでした。途中外の馬に絡まれて掛り気味になりましたが、直線でその馬は振り切りましたし、勝てはしなかったものの、ハミも噛んで、手前も上手く替えていました。性格も素直なのですぐに勝ちあがれますよ。」とコメントしています。

余談ながら、今日の観戦は、名古屋まで近鉄特急往復の安上がりルート。
朝5時半起きで、片道5時間近くかかり、ややぐったり。
さらにうっかりしてグリーンチャンネル録画を忘れるという失態。
久し振りの出資馬観戦とはいえ、ちょっと情けないものでした。

|

« ドリームマジシャン入厩 | トップページ | 出資馬近況 »

ルミアージュ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/56589258

この記事へのトラックバック一覧です: ルミアージュ デビュー戦好走:

« ドリームマジシャン入厩 | トップページ | 出資馬近況 »