« BRF・CVFツアー | トップページ | ドリームマジシャン特別戦出走登録 »

ラフィアン出資馬検討

ラフィアン2歳募集馬の近況が更新されました。
それまで短く愛想のない内容だったのが、1月末からセールストークを交えた詳しい内容になったのですが、補償があって出資馬を検討する立場からすれば、これが最後の近況更新。
調教の進み具体とその印象、血統的背景などの文章から、出資馬を決めることになります。

以前に出資馬を検討しましたが、父ステイゴールドということからカートゥーンの11に出資することにします。
5月の遅生まれが心配だったのですが、調教では他の馬との遅れはなく、それほど悪い様子もないので、予定通りこの馬に決めました。

あと関東馬なので最後まで迷いましたが、マイネソーサリスの11にも出資することにしました。
いうまでもなく元出資馬の仔ですが、近況に書くまでもなく、半兄のストラーノが、父ディープインパクトとはいえ、ホープフルS2着、共同通信杯3着と好走しており、マイネソーサリス産駒がしっかり走ってくれそうなので、2頭目として決めました。

ラフィアンでは新規出資しないことにしていましたが、補償が1頭分ほどありますので、思い切って2頭出資することにしました。
ラフィアンへの不満はもちろん山程ありますが、急変期と違って悪い意味で安定してきたので、覚悟しておけば腹も立たなくなってきました。

これで、社台のアイスドールの11、レイクサイドカップの11とあわせて久々の年間4頭出資になります。
2006年産駒のように全滅したこともありますが、昨年の2010年産駒のように1頭だけの出資だとやはりつまならいし、走った場合の税金処理のリスク管理もありますからね。おっと、レイクサイドカップの11は出資じゃないのか。

|

« BRF・CVFツアー | トップページ | ドリームマジシャン特別戦出走登録 »

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/56820639

この記事へのトラックバック一覧です: ラフィアン出資馬検討:

« BRF・CVFツアー | トップページ | ドリームマジシャン特別戦出走登録 »