« ドリームマジシャンまたも惨敗 | トップページ | 年次収支 »

出資馬近況

セゾン公式サイトによる詳しいレース解説。

◆ドリームマジシャン
3/24(日)中山競馬第9レース、千葉日報杯、芝1800m、9頭立て、1枠1番、石橋脩騎手騎乗で出走し、8着でした。まずまずのスタートを決めると無理せず出たなりで3番手辺りに付けて1、2コーナーを回り向正面へ。その後は先手を主張したルナが軽快に飛ばしてレースを引っ張り、1000mの通過を61.0秒とゆったりとした流れを形勢します。そんな中、同馬は道中の追走はしっかり集中して徐々にポジションを上げながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も鞍上の手が動き始め徐々に馬群が凝縮してきます。同馬も鞍上が気合を付けながら内にダークマレインを見る形の3番手辺りから4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると既に手応えは怪しく脚色は変わりません。最後まで何とか前との差を縮めようと鞍上が追いますが結局、勝ち馬から1.2秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-2kg、492kgでした。騎乗した石橋騎手は「自らハミを取ってスムーズにレースを進められ、長く良い脚を使うイメージで前に付けてレースを進めました。最後は苦しくなってしまいましたが、芝の走りも悪くないですし距離も問題ないと思いますので、気持ちが乗ってくればもっとやれると思うのですが」とコメント。宮本調教師は「積極的にレースを進めて欲しいと話していましたので、思い描いていた通り良いポジションでレースは進められたのですが。距離も十分守備範囲でしたし状態も同馬なりに良さそうで、最後はもう少し踏ん張れるかと見ていたのですが申し訳ありません」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断して行きます。

|

« ドリームマジシャンまたも惨敗 | トップページ | 年次収支 »

ドリームマジシャン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/57032398

この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況:

« ドリームマジシャンまたも惨敗 | トップページ | 年次収支 »