« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の21件の記事

ワイン会

随分と前に書いたことがありますが、私の趣味の一つはワインです。
それで、その道の先輩諸氏のワイン同好会の末席に連なっているのですが、今日はその同好会のワイン会がありました。

ここで開けたワインは、シャンパン2本、BordeauのCH.Le Pin 2002 と、DRC Montrachet 2000、Romanee Conti 1995、La Tache 1995。

そう、あの Romanee Conti をはじめとするDRCを3本飲んだのです。
CH.Le Pin でさえ霞むような豪華ラインアップで、時価総額で200万円以上はいくだろうとのこと。
会費の積立金で比較的安い時期に購入し、ワインセラーで大切に保管していたものを、今日という日に開けた次第。

某ホテルのレストランで豪華な食事とともに錚々たるワインを飲むことができ、月並みですが、至福の時間を過すことができました。所詮素人の私には、Romanee Conti などを表現する言葉も見当たりません。

実は8年前にも同じようなワイン会を開いたので、これが生涯2回目の Romanee Conti 体験。
世界最高峰といわれるワインを飲む次の機会はあるのでしょうか…

| | トラックバック (0)

フェノーメノ天皇賞優勝

今日、京都競馬場で天皇賞が開催されましたが、別記のイベントがあって現地観戦しませんでした。
桜花賞は仕事で行けなかったのですが、天皇賞まで観戦しなかったのは久し振りでしょうか。

レースは大本命のゴールドシップが不発、2番人気のフェノーメノが優勝しました。
フェノーメノは昨年の時点で話題になりましたが、2010年にサンデーで2000万円で募集された格安牡馬。
私でも出資できた価格帯で、手に入れることができなくて悔しがる会員さんも多いとは思いますが、私の対象とする関西入厩馬ではなかったので、別に何とも思いません。

逆に高馬でなければ走らないといわれている社台・サンデーでこの価格帯で走る馬がいたことは嬉しい限りで、あわよくばそのうちにと思ってしまう私はやはり一口馬主中毒でしょうか(笑)

元出資馬のアンソロジー×ジャングルポケットが募集されることもあって、今年は初めて牡馬に出資してみようかと思い始めています。
まあ、アンソロジーの仔では大きなレースは期待できそうにもありませんが…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、26日(金)ビッグレッドファーム明和に移動しました。体調をうかがい、特に問題がなければ昼夜放牧を始める予定です。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。一定期間乗り込んできたので、次のステップに向けて一息入れています。広々した放牧地では仲間とともに走ったり、青草を探して動き回ったりと自然と運動量が確保できる環境です。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。次のステップに備えて中間から一息入れており、放牧しています。主任は「なかなか体重が増えてきま せんが、馬体が大きくなってくるのはこれからだと思います。一息入れている間に少しでもふっくらして欲しいですね」と話していました。馬体重は401キ ロ。

| | トラックバック (0)

牧場見学ツアー申し込み

社台の牧場見学ツアーの申し込みを速達で投函しました。
募集開始即満員の超人気ツアーですが、さすがに参加できると思います。
一方で、ラフィアン・ウインのBRF見学ツアーは、満員だったのですが、聞いたこともないようなところですが、宿泊先が追加されており、申し込みしておきました。

これで6月の牧場見学ツアーに2つとも参加することになります。
この春から職場が替わりましたが、大丈夫でしょうか(笑)

| | トラックバック (0)

出資馬等近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
4/25(木)に栗東TCへ入厩しました。状態を確認しながら、初勝利を目指し進めていきます。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ募集予定馬発表

社台・サンデー・オーナーズから経費明細書とあわせて、今年の募集予定馬リストと牧場見学ツアーの案内が郵送されてきました。
募集予定馬リストは、社台・サンデー・オーナーズとG1の各クラブ別に区分けされており、あくまで予定馬リストとはいうものの、これで出資馬検討ができそうです。

募集馬は種牡馬別にみると、新種牡馬のハービンジャー、リーディングだったキングカメハメハ産駒が筆頭格で、幅広く募集馬がいますが、高めの種牡馬ばかりのように思います。
ラストクロップに期待していたサクラバクシンオー産駒は残念ながらいません。

なじみの馬では、元出資馬のアンソロジー×ジャングルポケットの牡馬がサンデーから募集。
牡馬ですが、この血統では手が届くかと思います。社台・サンデーで初めての元出資馬の仔を考えてみてもいいかもいれません。
また、アスペンアベニュー×ゴールドアリュールの牡馬が地方オーナーズで募集。
地方オーナーズは毎年買うのかどうか決めていませんが…
ほかに、ラタフィア×キンシャサノキセキの牡馬がサンデーで募集。アイスドール×ホワイトマズルの牝馬はオーナーズです。

あとは5月の募集馬決定までのんびり検討です。
牧場見学ツアーは今年も行くつもりなので、明日申込書を速達で投函予定です。

ところで、ラフィアン・ウインのBRF見学ツアーが22日から募集開始されたところで、早くもホテルが満員になったようです。
ウエリントンホテルが潰れたので定員が減ったようですが、既に航空機便は別途予約しており、どうしたものでしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
この中間も順調に乗り込まれていることから、明日4/25(木)の栗東TC入厩が決まりました。

思っていたよりも早く入厩できそうです。
それでも復帰は早くても5月末の京都競馬でしょうか。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
この中間も順調で、周回コースでハロン20~22秒ペースのキャンターを消化するメニューを中心に、週2日は坂路コースをハロン15~16秒ペースで元気に駆け上がっています。常歩の歩様があまりよくないので、角馬場でじっくりと体をほぐすことを心がけていますが、その効果が少しずつ出てきています。近々の入厩を目指して、緩めることなくしっかりと負荷をかけていきます。現在の馬体重は500kgです。

相変わらず歩様が良くないようですが、のんびりもしておられないので、早く戻ってきてほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、前走後から左前肢の屈腱部に熱を持ち始めています。「もう1、2戦は耐えられそうな状態ですが、脚元への負担が表面化しはじめています」と手塚調教師。レース内容が良くなってきたところですが、放牧を選択することになり、きょう19日(金)に美浦からビッグレッドファーム鉾田へ移動 しました。体力を回復させた上で北海道へ移します。

復帰から3戦、多少はマシになってきたかと思いましたが、やはり脚許が怪しくなってきました。
ここで北海道での放牧ということですが、折角絞れてきたのに、また牛になるかもしれません。
残り時間もあと1年、放牧が長期化するともはや復帰は叶わないと思うのですがねえ。
それほど成績が期待できる訳でもなく、秋頃に復帰できそうにない見込みになれば引退を決めてほしいものです。

今年になってから出走だけはしていた出資馬ですが、残念ながら、これであっという間に稼動馬がいなくなってしまいました。
今年の出資馬の成績はかってないほど酷い成績になりつつあります。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンに滞在していましたが、4/17にセグチレーシングステーブルへ移動しました。長距離輸送となりましたが輸送熱もなく、まずは無事に到着しています。前走後は、レースに使ったダメージが感じられ歩様にはだいぶ硬さも感じられています。担当スタッフは「昨日の晩に無事に到着しており、その場で歩 様や馬体の確認を行いましたが、続けてレースに使っている蓄積したダメージが感じられ、触診でも全身に反応がありますし歩様もゴツゴツとして硬さが見受けられています。今後は週末に獣医に状態を確認してもらい、必要であればしっかりケアしていきたいと思います」とコメント。宮本調教師は「ここ数戦結果が伴ってきませんが、状態は決して悪いとは思いませんし、調教の動きを見ていても年齢的な衰えは感じられません。きっかけさえ掴めればもっとやれる力はあると思いますので、ここは一度放牧に出して立て直したいと思います」とコメントしていました。今後は週末に獣医に状態を確認してもらい、必要であればしっかりとケアしてダメージを取り除いた上で調整を進めていく予定です。

残念ながら検討の余地もなくセグチRSに直行してしましました。
先日も書いたようにこの放牧は甚だ疑問です。
宮本調教師はまだまだやれると見ているようですが、この判断が正しいことを願うほかありません。
休ませるにしても長期になってもますます弱体化すると思うので、放牧は調整程度で、すみやかに復帰しますように。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン現役続行

セゾン公式サイトによる詳しいレース解説。

◆ドリームマジシャン
4/14(日)阪神競馬第12レース、4歳以上1000万下、ダート2000m、16頭立て、2枠4番、岩崎翼騎手騎乗で出走し、10着でした。まずまずのスタートを決めると直ぐに内の馬と接触し、幾分掛り気味に7番手辺りから1、2コーナーを回り向正面へ。その後はワンダースキー、ノボリドリームが先行争いを繰り広げながらレースを引っ張り、1000mの通過を60.1秒とハイペースな流れを形勢します。そんな中、同馬は道中の追走は周りを気にする事もなく内で折り合いながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、馬群が一気に凝縮してきます。同馬も外にサンマルリジイを見る形の9番手辺りから4コーナーを回り最後の直線へ入ります。前の進路が狭く追い出しが遅れるロスはありましたが、いざ鞍上が追い出しを開始すると同馬なりに反応して脚を伸ばします。最後まで懸命に鞍上が追いますが勝ち馬などを捉えるには至らず、結局勝ち馬から2.3秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から増減なく492kgでした。騎乗した岩崎騎手は「スタートして直ぐに内の馬に寄られた事で、馬が怒って掛ってしまいました。4コーナーでゴチャつく場面もありましたし、上手くレースを進める事が出来ませんでした。申し訳ありません」とコメント。宮本調教師は「スタート後に寄られた事で、折り合いを欠いてしまいました。道中は内で落ち着いて進められていましたが、最後も前を上手く捌けず勢いを欠いてしまっていた様子です。放牧明けから状態は決して悪くはないのですが、何か噛み合わないといった印象を受けますので、一度放牧に出して立て直す事も検討したいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断して行きます。

やはりレースではかかっていたようです。ということもあって今回の惨敗の原因は折り合いを欠いていたということで、近況に引退の”い”の字もありませんでした。
昨日も書いたように、状態がいいといっても惨敗しているのは、もはや競走能力が落ちているからであって、かみ合う云々の話ではないでしょう。
こんな状態で放牧に出しても、何の足しにもならないし、原因がわからないと言っているのに立て直しのしようもないと思います。

得意の京都で最後と思ってメイチで仕上げてレースを走らせ、その結果で最終判断を下すというのが望ましいのではないでしょうか。
セゾンになる前のジョイの頃は引っ張りで有名なクラブでしたが、峠を過ぎてしまった6歳馬でここで放牧というのは願い下げにしてほしいものです。

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン出走結果

ドリームマジシャン、阪神競馬第12Rダート2000mに出走しました。

復帰戦から惨敗続きのドリームマジシャン、ラフィアンならそろそろ引退という崖っ淵の状態で、中2週で今日のレースに臨みます。
ここで2桁着順であればセゾンならどうなるのかわかりませんが、心のうちで最後のレースと思って阪神競馬で現地観戦。

パドックのドリームマジシャン、馬体重は前走から変わらず492キロ。
周回では尻っ跳ねをするわ、首を振り回すわと、このところない落ち着きのなさ。
競馬ブックでは現級2着3回の実勢上位ということで本紙△の予想。
しかしやはり人気は全くなく、単勝44.0倍の10番人気。

さてレース、ドリームマジシャンはまずまずのスタートも、ハミをかんでいないのか首を左右に振りながら進み、正面を集団中段の6、7番手あたり、最内に位置取りしてレース進行。
向正面もそのままの位置取りでレース進行、3~4角を周って直線に入ります。
直線で5号馬、16号馬の2頭が抜けて後続勢を大きく引き離してゴール。
ドリームマジシャンはその離された集団にもついていけず10着で入線しました。

このところ同じような内容で、直線に入ってから全く脚がなく、他の馬についていけずに惨敗に終わってしまいました。
レースにならないというほどの惨敗ではありませんが、勝ち負けには程遠い内容でした。

毎度事前の調教師コメントでは動きはいいとのことですが、それでレース結果がこれでは、もはやこれが限界と思うしかないでしょう。
また、条件をいろいろと変えてのこの結果ですので、これが現時点の実力以外の何物でもないでしょう。
ラフィアンであれば引退も納得の事態ですが、さてセゾンではどのような判断を下すのでしょうか。

| | トラックバック (0)

ソルシエール出走結果

ソルシエール、中山競馬第9R鹿野山特別芝2000mに出走しました。

2月の復帰戦から11着、7着といまいちの成績のソルシエール、中3週で芝2000mのハンデ戦に出走することに。
52キロの最軽量ハンデで最低でも8着、うまく走って掲示板入りを目指したいところ。
レース前の調教師コメントでは、「本来のデキにはひと息、まだ動きが物足りない」とのことで、まだまだのようですが…

パドックのソルシエール、馬体重は前走と変わりなく476キロと絞りきれず。
競馬ブックの予想では△の印が一つあるものの、人気は全くなく、単勝74.3倍の11番人気。

さてレース、揃ったスタートからソルシエールは控えて集団中段に位置取り。
その後、先頭から6番手あたりで、同クラブのシュライと併走してレース進行。
向正面から3~4角あたりで馬群がかたまり、直線で各馬スパート。
ソルシエールはついていくのがやっとでしたが、何とか8着で入線しました。

最低の目標と見ていた8着は確保できて一安心。
しばらくはこのまま厩舎に置いてもらって走れそうです。

当日更新となったラフィアン公式サイトによる関係者コメント。
調教師コメントが事前コメントから一転して大甘ですが…

和田騎手「2歳のときに乗せていただいたときと比べて随分しっかりしましたね。走りに力強さが出てきました。後肢に感じられる緩さ自体は以前の印象と変わりませんが、これは個性なのでしょう。手応え十分のまま勝負どころをむかえられたのですが、いざ追い出してからがじりじりという感じでしたね。それでもラストまで脚色は鈍りませんでしたし、うまく流れが向けば上位争いが可能なのではないでしょうか」

手塚調教師「使うごとに良くなってきています。軽ハンデだったとはいえ、競馬内容は良かったですからね。同じような条件を使っていきましょう」

次走候補には、5月11日の東京の秩父特別・芝2000m(牝)などがあがっていました。

| | トラックバック (0)

淡路島で大地震

今朝午前5時33分頃、県内淡路市で震度6弱を記録するなど近畿、中四国を中心に広範囲で大きな地震がありました。
近畿地方で震度6以上の地震はあの1995年の阪神・淡路大震災以降初めてのこと。

私は最近就寝中に催して目覚めることが多くなってきたのですが、ちょうど今朝も目を覚まして、用を足してから、そのまま新聞の朝刊を読んでいたところでした。
突然大きな揺れが来て、携帯の緊急地震速報が鳴り、これは大きな地震だと思い、すぐにテレビをつけると、同じく緊急地震速報の真っ最中。間もなく震度等の速報が報道され始め、淡路市で震度6弱とのことでした。

時間的にも私はあの阪神・淡路大震災を真っ先に思い出しました。
大きな被害が起きるかもと心配しましたが、私の住む神戸市では揺れの割りに震度4。幸い大きな被害はありませんでした。
しかし、淡路島内では結構被害が大きかったようで、被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

最近は南海トラフ地震が予想され、すっかり安心できない世の中ですが、生きているうちにあの阪神・淡路大震災と同じような体験をするのは勘弁してほしいものです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、美浦に滞在中。10日(水)の坂路での追い切りは50.6秒でした。この日のベスト20に入る好タイムです。手塚調教師は「計測開始地点から12秒台で入り、ラストも13.1秒でまとめて、今週も負荷をかけました。脚元の状態は安定していますし、ハンデも軽いので頑張って欲しいですね」と述べていました。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間もこれといって不安な点はなく、順調に与えられたメニューを消化。引き続き週1回のペースで併せ馬を行っており、ラストまでしっかり走れるだけの体力をつけています。馬体重は420キロ。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も週1回のペースで併せ馬での追い切りを課しています。素軽い走りができるのが同馬のセールスポイント。力強さを身につけるためにはもう一段の成長が必要ですが、現時点でも合格点が与えられる動きです。主任は「もう少し飼い葉を食べるようになって欲しいですね」と述べていました。馬体重は402キロ。

| | トラックバック (0)

出走確定

ドリームマジシャン、ソルシエール、出走が確定しました。

セゾン公式サイトによる出走情報。

◆ドリームマジシャン
4/14(日) 阪神競馬12R 1000万下 ダート2000m 16頭 岩崎翼騎手

4/14(日)阪神競馬第12レース、4歳以上1000万下、ダート2000m、16頭立て、岩崎翼騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後4時10分です。4/10には岩崎騎手を背にポリトラックコースにて最終追い切りを消化。併せ馬で5ハロン61.5秒、4ハロン47.4秒、ラスト1ハロン11.7秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたアースストライカー(3歳未勝利、強め)の外を0.8秒追走し3ハロンから併せてクビ差遅れています。宮本調教師は「続けてレースに使ってきていますので既に体はできており、精神的には少しピリピリとしてきています。そこで今回はポリトラックコースで前に馬を置いて折り合い重視の内容で追い切りました。その為最後は相手にやや遅れてはしまいましたがこれは想定内で、動きもしっかりしていて引き続き状態は同馬なりに良いと見ています。近走では結果がもう一つ伴いませんが、力は十分通用すると見ていますのであとはきっかけひとつだと思います。頑張って欲しいですね」とコメントしていました。ご声援ください。

ラフィアン公式サイトによる出走情報。

◆ソルシエール
4/14(日) 中山競馬9R 鹿野山特別 芝2000m 13頭 和田竜二騎手   

| | トラックバック (0)

ドリームマジシャン出走予定

セゾン公式サイトによる出資馬の出走予定。

◆ドリームマジシャン
4/14 (日) 阪神競馬12R ダート2000m 岩崎翼騎手

近況通りの出走ですが、鞍上は一体誰、と思ったら先だってデビューしたばかりの新人騎手ですか…
これではアンちゃんの稽古代わりのレースですね。

セゾンの競走馬の末路は知る由もありませんが、ドリームマジシャンもこのところの惨敗続きで、勝ち負けが望めなくなって、ただ周ってくるだけになってしまったようです。
ラフィアンなら3走続けて二桁着順で引退といったところなので、前走9頭中8着が微妙ですが、今回がお別れレースになるかもしれません。
それとも惨敗続きでも走らせるか、長期休養で引っ張るか、いずれにしても残念なことになってしまいました。

| | トラックバック (0)

ソルシエール特別戦出走登録

ソルシエール、4月14日の中山競馬鹿野山特別・芝2000m、福島競馬奥の細道特別・芝2600mに出走登録しました。
登録頭数はそれぞれ20頭、17頭。どちらかには出走できそうです。

| | トラックバック (0)

出資馬等近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
周回コース2000mをハロン20~22秒のペースで乗っています。常歩での歩様には少し重さも感じるのですが、キャンターになると解消します。馬体には問題ないので、徐々にピッチを上げていきます。現在の馬体重は495kgです。

問題ないようなら早く復帰させてくださいな。

◆マトリョーシカ
全体的なレベルアップを図っており、競走馬らしい馬体に成長してきました。週3日は周回コースで普通キャンターを乗り、残りの週3日は屋内坂路コース(900m)で2本、ハロン16~17秒のキャンターを継続しています。騎乗中に物見をすることがありますが、これは騎乗者が教え込むことで改善できるとみています。次の段階に向けてのしっかり準備しておきます。3月末時点の測尺は、体高167cm、胸囲191cm、管囲21cm、馬体重は510kgです。

順調のようですが、次の段階とはどのようなレベルなのでしょうか。

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクサイドカップの11
ソエの症状はほぼ治まっており、この中間は普通に乗り進めることができています。現在は周回コースで常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター1200mのあと、直線ダートコースに入ってハロン18~19秒のキャンター1本を乗っています。もう少し乗り込みを重ねていくことで、ハロン15秒ペースまで進めることができそうです。3月末時点の測尺は、体高159.5cm、胸囲156cm、管囲20.1cm、馬体重は477kgです。

別扱いということで、社台とサンデーに加えて社台グループオーナーズの公式サイトがオープンしました。
これまでレイクサイドカップ11のことをどう呼称するか迷っていましたが、今後は公式サイト通り、共有馬ということにします。
ちなみに馬名は地方競馬入厩馬のためか、いまだに決まっていないようです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、美浦に滞在中。3日(水)には坂路で追い切られ53.3秒をマーク。計測開始地点からすでにスピードに乗っており、そのまま勢いを維持してゴールする内容です。手塚調教師は「今までの坂路での追い切りよりも早めにゴーサインを出して負荷をかけました。少し動きが良くなっていますよ」と話していました。14日(日)中山の鹿野山特別・芝2000mに出走予定です。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間は既に前走でのダメージも感じられなくなった事から、先週末からは通常メニューに戻して調整が進められています。宮本調教師は「ここまでコンスタントに使ってきている中ではありますが、テンションも同馬なりに落ち着いていましたし、引き続き状態もしっかりキープできている様子な事から、先週末からは通常メニューに戻して乗り込みを進めています。状態を見る限りでは週末、来週と無理せず状態に合わせて追えば、来週の出走に向けしっかり態勢は整えられると見ています。近走では思いのほか結果が伴いませんが状態自体は決して悪くありません。以前京都のダート1900mでも勝っていますし、次走の距離は十分こなせると見ていますので、引き続きしっかり調整してレースに向かいたいと思います」とコメントしていました。ここまで続けてレースに使い体は既にできていますので、現状では今後週末は軽めに流す程度のメニューにとどめ、来週はしっかり追い切ってレースに向かう予定です。次走については4/14阪神競馬、4歳以上1000万下、ダート2000mに出走を予定しています。

| | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »