« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の27件の記事

BRF・CVFツアー2日目

ビッグレッドファーム・コスモヴューファームの牧場見学ツアー2日目です。

今日の午前中は真歌とCVFに分かれての見学で、私は真歌に行って出資馬のソルシエールや2歳馬の坂路調教を見学しました。
ここではNHKマイルを勝ったホウオウとイサベルとの記念写真撮影会がありました。
会員さんにとっては嬉しいイベントだったかと思います。

お昼は晴天のもと、お知り合いの会員さんと屋外昼食会。天気が良かったので私はビールばかり飲んでいました。

午後からはラフィアン募集馬の比較展示。
私は初めの半分だけ見て、あとは出資している2歳馬と対面してきました。
3年振りのツアーでしたが、繁殖馬などの見学は予定になかったようで、ソーサリスはどこにいるのかわからず、その当歳はなぜかCVFにいたそうで、ともに対面できませんでした。
なお、今年の募集馬の解説で、元出資馬のカレッシュが先日亡くなったことを知りました。冥福を祈ります。

今日は、朝方は曇っていましたが、すぐに晴天となり、2日とも天気に恵まれたツアーとなり、牧場見学を満喫することができました。
普段と違ってあちこちで花が咲いており、綺麗に整備された牧場を見ていると、牧場に限っては素晴らしいの一言に尽きるかと思います。

これにて牧場見学は終了。

さて、ラフィアン募集馬の感想は、関西馬では良血馬のトゥインクルの12とレーツェルの12が小さくてぱっとしない感じで、関西馬には残念ながらロクなのがいないなあという印象。
一方で、関東馬のソーサリスの12が立派な馬体で出資意欲をそそられ、昨日岡田繁幸氏絶賛のヌーヴェルの12がやはりよく見えたといったところでしょうか。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
7月23日(火)に船橋競馬場で能力試験を受ける予定で、本日6月29日(土)に木佐貫騎手が跨り、スマートバベルの内に併せて3Fから43.6秒の時計を馬なりでマークし同入しています。木佐貫騎手からは「フットワークが悪いように見えたかもしれませんが、こういう馬なんです。背中が柔らかくて乗り味は抜群です。」とのコメントがありました。

木佐貫騎手とは誰だと思って調べたら5月にデビューしたばかりの新人騎手でした。
あんちゃんにコメントされてもなあ…


| | トラックバック (0)

BRF・CVFツアー1日目

ビッグレッドファーム・コスモヴューファームの牧場見学ツアーに来ています。
ラフィアンのツアーとしては3年振りの参加です。

朝5時に起きて、神戸空港から北海道新千歳空港到着。
バスでCVFに移動して、昼食後にまずウインの募集馬展示会。
社台と同じような屋外での周回展示でした。 

次にBRF明和に移ってラフィアンの募集馬展示会。
こちらはいつもの屋内展示場での開催。

展示会は岡田兄弟による説明進行。
ラフィアンの紘和社長の説明は結構マシになったように思います。面白味はありませんでしたが。

募集馬展示会の後は、岡田繁幸氏の解説による種牡馬展示会。
そしてKEIBA CLUBでのパーティーで1日目は終了。

今日は雲一つない晴天、その一方で気温は低く、過ごしやすい絶好の牧場見学日和でした。
天気が良いと多少の不手際も気にならず、十二分に牧場見学を楽しむことができました。
募集馬の感想などはまた明日にでも。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ申込み状況発表

社台・サンデー・オーナーズの募集馬申込み状況が発表されました。

中央競馬ファンドでは、サンデー関西のアイルビーバウンド12が184通で第1位。
60通以上が社台12頭、サンデー19頭と一部の募集馬に人気集中。
一方で、関東馬を中心に多くの馬が売れ残りました。
概ね昨年と同じような売れ行き状況かと思います。

私が第1希望で申し込んだアンソロジー12は第1希望で満口に至らず出資確定。
第2希望で申し込んだミュゲドボヌール12は第1希望で満口に至らず、第2希望争いで出資確定は通知結果待ちとなりました。

ちなみに、一番初めに申し込もうかと思っていたレクレドール12は第1希望121通のサンデー第5位で、低実績の私ではお話しになりません。
次に申し込もうかと思っていたレインダンス12は第1希望60口以下の満口で、ひょっとしれば私でも出資確定していたかもしれません。

なお、地方競馬オーナーズでは募集29頭中13頭が満口と昨年よりも売れ残り、1.5次での申し込みは充分にできそうです。

とりあえずどのように申し込みが確定したかは週明けの通知結果待ちです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
レース後は馬体に変わりありません。前走着順位よる優先出走権は確保できませんでしたが、出走間隔があまりなくてもダート1700m戦の番組は比較的出走しやすいことから、このまま初勝利を目指して続戦していきます。

| | トラックバック (0)

宝塚記念観戦

今日は阪神競馬場に行って宝塚記念を観戦。

例によってメインレースだけの観戦ですが、場内大混雑。
最近はあまり観戦していない宝塚記念ですが、こんなに場内大混雑の阪神競馬場は全くもって久々のこと。

今年の宝塚記念はオルフェーヴルが回避したとはいえ、4歳3強馬が出走する注目のレース、ゴールドシップが強い競馬で、有馬記念に続くグランプリ制覇を果たしました。

出資馬が出走しない普通の競馬観戦自体が久し振りのような気がしますが、少しは競馬観戦しないと競馬ファンとして本末転倒ですね。

| | トラックバック (0)

ルミアージュ函館でも惨敗

ルミアージュ、函館競馬第1R牝馬限定戦のダート1700mに出走しました。

短期放牧した後の京都競馬ダート初戦でも惨敗に終わり、函館競馬に移って初勝利をかけることになったルミアージュ、中4週でレースに臨みます。
11頭だてと比較的小頭数でのレース、まずは最低限でも入着して次走優先出走権を確保、なんとか勝ち負けはいきたいところ。

パドックのルミアージュ、馬体重は前走比-4キロの492キロ。
予想はまずまず、人気は単勝7.7倍の3番人気と相変わらずの高人気。

さてレース、ルミアージュはやや出遅れたスタートから集団3番手につけてレース進行。
向正面で後方にいた5号馬が一気に前に上がりレースが動きます。
3~4角を周るところで、ルミアージュは先行2頭についていけなくなり、さらに直線では脚がなくなりずるずる後退、最終的に優勝馬から2.0秒離された6着に終わりました。

競馬場が変わっての変わり身を期待しましたが、またも惨敗に終わっていましました。
特に最低限の目標だった掲示板入りもならず、優勝馬から大きく離されての敗戦にがっかり。
この内容では同じことの繰り返しでしかありません。変わるとすれば短距離にかけるくらいですが、そもそも次は一体いつ走れるのでしょうか。

サンデー公式サイトによる出資馬のレース解説。

◆ルミアージュ
6/23(日)函館1R・ダート1700m(牝)戦に出走、馬体重は492㎏(-4)でした。スタートは一完歩遅れるも、押してすぐに3~4番手に取り付きました。向正面では団子状態ながら、良い手応えでしたが、3コーナーで勝ち馬が一気に捲った時に付いて行けません。直線でも脚色がなく後退し、勝ち馬から2.0秒離された6着に敗れています。松田騎手は「3~4角でペースが上がった時に付いていけませんでした。直線でも追い通しで、今日は気持ちが乗っていなかったように感じます」とレースを振り返っていました。臨場の調教助手は「函館に到着してから状態は良かったのですが…。次走への優先権が取れなかったのは誤算です」とのコメントがありました。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆マトリョーシカ
NF天栄で半日休んだあと、6/21(金)発でNFしがらきへ移動しました。こちらで入厩に備えます。

| | トラックバック (0)

共有馬近況

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクマッケンジー
この中間も順調で、ハロン18~20秒のキャンター2800mを乗られています。今後は7月23日(火)の能力試験を目標に調教を進めていく予定です。

ツアーでスタッフに聞いた話では、厩舎では順調、いい走りを見せているようです。
まずは能検ですが、1か月も先なんですね。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
6/23(日)函館1R・ダート1700m(牝)戦に松田騎手で出走が確定しています。このレースは13頭立てになりました。

最後の夏となるか、正念場の函館開催の初戦。予定通り出走が確定しました。
出走相手をみると安定して入着している馬が結構います。
ルミアージュもここで入着しないと前途多難なので、デビュー戦の好走を期待。

◆マトリョーシカ
この中間も坂路コースを中心に順調に乗り込んでいました。今後は栗東TC近郊のNFしがらきでさらにピッチを上げて栗東TC入厩を目指すことになり、本日6/20(木)に一旦、経由地となる福島県のNF天栄へ移動しています。

マトリョーシカ、事前情報はありませんでしたが、入厩に向けて北海道を出ました。
うまくいくと夏のうちに入厩できるかもしれません。
私の出資馬は何はともあれ早期デビューできないとお話しにならない馬ばかりだったので、順調に進みますように。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー出資馬申し込み

牧場見学ツアーに参加し、事前に検討していた募集馬を中心に見てきました。
公式サイトで応募状況も発表され、どう申し込みするか検討しました。
第1希望の候補は次のとおり。

152 レクレドール×ハービンジャー 牡 4000万円 池江厩舎
牧場ではハービンジャー産駒はどの馬もによく見えました。社台期待の種牡馬ですが、チチカステナンゴがこけたので、会員は懐疑的というか様子見の雰囲気。募集価格が比較的安価だったのは、このためかもしれません。
この馬はレクレドールの仔ですからいうまでもない超良血馬、ハービンジャー産駒の中でも牧場の評判が最も高いとのこと。
牧場では素人目にも好馬体で、大人気。一口100万円と予算内なので、一度は超良血馬に出資と考えていましたが、応募状況は40口をはるかに超えてサンデー2番人気。高実績争いは必至で、実績250万円の私ではとても太刀打ちできないので、残念ながら申し込みを断念。

56 ラピッドオレンジ×ハービンジャー 牡 4000万円 安田厩舎
最初はハービンジャー産駒で他の牡馬ならと思った馬。やはり好馬体でしたが、レクレドールの12に比べると血統、馬体から何で同価格なのという疑問が。さらにツアーの日に11年産駒が未勝利戦に出走し、惨敗したのを知って、一気に関心がなくなりました。

75 レインダンス×ジャングルポケット 牡 3600万円 宮厩舎
事前に候補にしていた活躍馬の初仔。実馬をみると、大人しい雰囲気で、すらりとした好馬体の印象。ジャングルポケット産駒なので安価になったようですが、ラフィアンでは評価の高い宮厩舎も社台では駄目厩舎の扱いで、牧場でも人気がありませんでした。
やはり応募状況では公式サイトではランク外。今日事務所に確認したところでは第1希望10通とのこと。

171  アンソロジー×ジャングルポケット 牡 1800万円 中尾厩舎
何度も書いているように元出資馬の仔。カタログでは小さいとのことでしたが、実馬は体高が低めなだけで馬体はまずまずの印象で、体重も現時点で390キロあり、本番でも450キロくらいで臨めるだろうとのこと。
2勝馬の仔では牧場でも人気がなく、応募状況は今日の時点で第1希望9通。

さて、申し込みの検討ですが、予想以上にアンソロジーの12が好印象だったので、初めての元出資馬の仔でもあり、どうしても欲しくなりました。
問題はどう申し込むかで、まず、予算枠をやや広げて、レインダンスの12を第1希望、アンソロジーの12を第2希望として2頭取りを考えました。
しかし、いずれも低人気で、第1希望では40通までいかずに取れそうですが、第2希望ではさすがに高い倍率の抽選確実。
ここで、そもそも同じジャングルポケット産駒を2頭申し込んでもと思い、この2頭取りを断念、”元出資馬の仔”を優先し、レインダンスの12をあきらめました。

当初の2頭取りを断念しましたが、いつものような安い牝馬と組み合わせての2頭取りならばと考え直して候補に考えた馬がこれ↓。

57 ミュゲドボヌール×ハービンジャー 牝 1800万円 石坂厩舎
数多くいるハービンジャー産駒でも牝馬ならばさらに格安馬揃い。ハービンジャー産駒、石坂厩舎というだけで候補にしました。実馬はやはり好印象でしたが、ハービンジャー似ではなく、低重心の馬体とのこと。ツアーでは推奨馬にあげられていましたが、走った馬がいないというジンクスも。
応募状況が第1・2希望でも10通ない低い人気なので、第2希望の候補としました。

162 アメジストリング×クロフネ 牝 2000万円 浅見厩舎
ツアーで実馬をみると好馬体でしたが、牝馬にしては大きすぎる感。足許が丈夫とのことでしたが、ちょっと二の足をふむところ。抑えの第3希望の候補としました。

ということで、中央競馬ファンドは次のとおり申込書を投函しました。

◆中央競馬ファンド
第1希望 アンソロジーの12
第2希望 ミュゲドボヌールの12
第3希望 アメジストリングの12

次に、地方競馬オーナーズですが、やはり元出資馬の仔のアスペンアベニューの12はツアーで見ると、牝系の馬体で、大きめの馬格で好印象。ただし、スタッフの話では当初中央競馬で走らせようかと思ったが、前脚が開き気味なので、地方競馬に回したとのこと。これを聞いて悩みましたが、そもそも船橋競馬の川島正行厩舎なので人気必至、獲得できそうにないので断念しました。

他の馬をと思い、ツアーではゴールドアリュール産駒と安いトワイニング産駒を中心に見てきて、ジェネロジーの12やベルモットの12を候補にと考えましたが、中央競馬ファンドで2頭獲得することにしたので、今回は申し込みを見送りました。
そもそも地方競馬オーナーズは、中央競馬ファンドで好きな馬に出資できそうになかったための対処ですが、今年は第1希望は確実に獲得できそうなので。
ただし、中央競馬ファンドで2頭獲得できない場合は、1.5次で申し込みもありです。

以上、申し込んだ後は、今月末の結果待ちとなります。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
6/23(日)函館・ダート1700m(牝)戦に松田騎手で出走を予定しています。現時点では12頭立てとなる見込みで除外の心配はありません(フルゲート13頭)。6/19(水)はWコースで追い切りを行っており、念のため6/21(金)にはゲート確認を再度行います。相手関係からもここは初勝利を期待したいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は引き続き順調に乗り込みが進められており、先週からはペースアップもしています。担当スタッフは「順調に乗り込んできていますので、当初感じられた緩さもだいぶ解消してきました。そこで先週からは距離、ペース共にピッチを上げている段階ですが、まだ体には少し余裕もありますので、今後もこのまま乗り込んでいきたいと思います。最近では手応えもだいぶ上がってきていますので、あと2週間程度もあれば、良い状態で厩舎に送り出せるのではないかと見ています」とコメントしていました。馬体はまだ立派には映りますが、しっかりと乗り込んできている事でボリューム感も出て、同馬らしく逞しい体付きになってきています。今後は中京開催での復帰を視野に、今月末頃の入厩を目指してこのまま乗り込みを進めていきます。現在の馬体重は519kgです。

屈腱炎で故障休養していたドリームゴスペルが復活の勝利をあげました。
ドリームバレンチノとあわせて同世代3強と勝手に思っているのですが、ドリームマジシャンの復活はあるのでしょうか。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集馬カタログ到着

ラフィアンから今年の募集馬カタログが送られてきました。
昨年と同じようにウインからもカタログが到着。

先日辛口のコメントを書いたようにカタログをざっと見てもパッといない募集馬ばかり。
ここで良血馬などと言っても仕方ないのは充分承知していますが、馬体など見ることができないのでねえ。もっとも実馬でも素人目ながら違いがわかる馬は多いのですが。

さて、数少ない関西入厩馬から選択するとなると、ウインの方が随分といいことに気づきました。
牧場ツアーではCVF見学がメインになるのでしょうか。
入会金と会費無料とはいえ、これ以上入会クラブを増やしてどうするんだという気が…

| | トラックバック (0)

社台牧場見学ツアー2日目

社台牧場見学ツアーの2日目が終了しました。

今日は朝からノーザンファームの遠浅・早来・空港の各牧場を回って、主としてサンデーとオーナーズの募集馬展示。
いつもは関西入厩牝馬だけをまじめに見るのですが、今年は牡馬への出資を考えているので、関西入厩牡馬も真剣に見学。

社台・サンデー初出資のアンソロジーの仔が募集されているので、じっくりと見てスタッフといろいろと話をしました。
小さいと聞いていましたが、体高が低いだけで馬体が小さい訳でもなく、バランスのとれた好馬体の印象で、ジャングルポケットとの牡馬とはいえ、いくら何でも安すぎるように思いました。

昨日も書いたように予算100万円まで広げると結構いい牡馬への出資もできるので選択肢が広がるばかり。
ただし、それなりに人気も集中することが必至で、このクラスだと私の実績では届きそうもないので、実際にどのように申し込むのか悩ましい限りです。 

ノーザンホースパークでのいつもの昼食を挟んで、午後から社台スタリオンステーションの見学。
毎度のことながら種付け価格と頭数を聞くと、ここだけで一体いくら稼いでいるんだという日本競馬界の中心でした。

ノーザンホースパークに一旦戻って牧場見学は終了。
昨年はここで見たマーメイドSでクリスマスキャロルが2着に入ったんだなあとしみじみ。一年は早いものです。

最後に新千歳空港でこれを書いているのですが、このツアーは神戸行きの飛行機便まで時間がありすぎてもったいない、というかすることがなくて困りますね。

| | トラックバック (0)

社台牧場見学ツアー1日目

社台の牧場見学ツアーに来ています。

神戸空港を出発し、10時前に新千歳空港到着。
社台ファームにバス移動しますが、今年は1台増えて総勢14台の大移動。
残念ながら雨が残っていて、あわただしく屋外バーベキューで昼食。
本降りではなかったのですが、雨の中の屋外テントでの食事はつらい。

午後から社台ファームの募集馬展示。
まず、関東牡馬・牝馬から展示が始まり、関西牡馬・牝馬、地方競馬オーナーズと5回にわけての募集馬展示でした。

関東入厩馬は出資する気がないので、ぼうっと見学。
そのうちに雨も上がって、天気も良くなってきました。
関西入厩馬、地方競馬オーナーズでは本気モードで見学。
カタログでも目移りする状態でしたが、実馬は冬毛だらけの馬体から一気に綺麗になっており、いい馬ばかりに見えてしまいます。

次に追分ファームに移動して募集馬展示。
ここは毎度のことながら小規模なので時間を持て余し気味。

募集馬展示はこれで終わりで、夜は恒例の夕食会。
いつものお勧め馬情報に加えて、ゲストで中舘騎手と池江調教師が来場しており、壇上でのトークがありました。

さて、今日の見学ではやはりハービンジャー産駒がよく見えました。
先日書いたように予算を100万円まで広げると選択肢がさらに広がり、迷うことばかり。
玉砕覚悟で高めに良血馬に申し込むか、おとなしく確実な馬に申し込むか、どうしたものでしょうか。

| | トラックバック (0)

ラフィアン募集馬カタログ発表

ラフィアン公式サイトで募集馬のカタログが公開されました。

マイネソーサリスの12など、関心のある馬を少しだけ見たのですが、社台グループのカタログを見た後だと見劣りするのが正直なところ。
牧場見学ツアーを行って実馬を見比べると、さらに見劣りするんでしょうねえ。
実際に行って出資する気がなくなるツアーって一体何なんでしょうか。
ツアーに行く目的自体が何やらなくなってきたような…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる趣旨馬の近況。

◆マトリョーシカ
この中間は週3日は軽め運動、週3日は屋内坂路(900m)をハロン16秒ペースで2本、うち1本はハロン15秒近くまで上げて乗っています。ほぼ変わりのないメニューですが、徐々に体全体を使って走れるようになってきて、動きは良化しています。脚元や体調面の不安がなく、これまで休みなく調教を続けられていることは一番の美点です。今後も乗り込みを重ね、ステップアップを図っていきます。現在の馬体重は508kgです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

ラフィアン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ソルシエール
マイネソルシエールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。十分にリフレッシュできたことを受けて、5月下旬から坂路での乗り込みを開始しました。前回の休養明けに比べると、休ませていた期間が短かったので脚取りが軽く感じられます。屈腱部の不安もなく、順調に進められています。馬体重は504キロ。

◆フレスコ
マイネルフレスコは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間は週1回の併せ馬での追い切りを順調に消化。トレーニングの効果で力をつけてきている印象で、以前ほど鞍上の重みを苦にしなくなってきたように感じます。父の産駒らしくチャカつくようなところもありますが、馬体減りがなく進められています。中間の計量では440キロ。

◆グリンダ
マイネグリンダは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。一定期間、順調に乗り込んできたので今後に備えて、中間から昼夜放牧に切り替えています。放牧地には栄養価が豊富な青草が生えそろっており、加えて動き回れるスペースも十分に確保されています。先日の計量では440キロと、3週間で20キロ以上馬体重が増えており、休養の効果が感じられます。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ出資検討

今週末に牧場見学を予定している社台・サンデー・オーナーズの出資検討というか、牧場見学の予習です。カタログを眺めて気になった馬は次のとおり。

今年は牡馬にも手を出そうかと思っているので、まず牡馬から。

152  レクレドール×ハービンジャー 牡 4000万円 池江厩舎
予算100万円で出資するとすればこの1頭。
ハービンジャーの評価は定かではありませんが、見た目が好印象で、ポイントも良い。
超良血馬としてはお手ごろ価格。安すぎる心配も。

56 ラピッドオレンジ×ハービンジャー 牡 4000万円 安田厩舎
牝系に好きだった馬が多い血統。見た目好馬体。
ハービンジャーがこんなに安いのは何故でしょうか。

75 レインダンス×ジャングルポケット 牡 3600万円 宮厩舎
活躍馬の初仔。すらっとした好馬体の印象。
ジャングルポケットのせいか安いのですが、全般的に好印象。

171  アンソロジー×ジャングルポケット 牡 1800万円 中尾厩舎
元出資馬の仔。今年は安い牡馬が多いのですが、その中からならばやはりこれ。
2000万円はするだろうと思っていたのにこの価格、随分と小さいようですが…

次に、価格高めの牝馬から。

52  ライムキャンディ×キングカメハメハ 牝 2800万円 藤岡厩舎
良血馬で、牝馬としては適度な価格。ただし、厩舎は…

69  アルティマトゥーレ×シンボリクリスエス 牝 2800万円 音無厩舎
牝系は良いのですが、シンボリクリスエスの評価が下がる一方なので、格安感。

150  オリエントチャーム×キングカメハメハ 牝 3000万円 池江厩舎
見た目好印象で、この良血馬でこの価格。追分産はどうでしたっけ…

いつもの安い牝馬から。

57  ミュゲドボヌール×ハービンジャー 牝 1800万円 石坂厩舎
見た目の好印象と厩舎で選んだだけ。
それにしてもハービンジャーは素人目に見栄えがいいですね。

162  アメジストリング×クロフネ 牝 2000万円 浅見厩舎
社台入会年に第1希望にしていたアメジストリングは丈夫で長持ち、まさか1億円馬になるとはと悔しがったものです。
クロフネ産駒で芝ダート問わない好馬体の印象。

さすがに予算を広げると母親が綺羅星のごとく有名な馬ばかりで、産駒自身も好馬体の馬が揃いますね。

どうするのか決めていませんが、地方競馬オーナーズから。

307 アスペンアベニュー×ゴールドアリュール 牡 1400万円 川島正行厩舎
元出資馬の仔ですが、牝系はまずまずで、見た目は好印象。ポイントも良い。
ただし、川島厩舎なので人気必至、まず買えないでしょうね。

321 ベルモット×トワイニング 牡 800万円 厩舎未定
ベルモットは一昨年にサクラバクシンオー産駒で検討した馬。
安い牡馬から、トワイニング産駒ならこんなものでしょうか。

今日から公式サイトで応募状況が発表されたので、人気を見ながらの選択になります。
駄目元で良血の牡馬1頭に申し込むのか、確実な安い馬にするのか、悩ましいところです。

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
この中間も順調で、本日6/12(水)はWコース併せ馬で追い切りを行いました。来週6/23(日)函館・ダート1700m(牝)戦への出走を予定しており、しっかりと態勢が整いそうです。

| | トラックバック (0)

ラフィアン入厩予定厩舎発表

ラフィアン公式サイトで募集馬の入厩予定厩舎が発表されました。
募集馬のカタログなどは6月14日公開とのことで、何で時期をずらして厩舎だけ公開したのかわかりません。

さて、入厩先は当初美浦38頭、栗東10頭だったように思いますが、今回気がつくと栗東11頭になっています。いつの間にか増えたのでしょうか。
栗東の入厩先はこのところラフィアンが預託している残り少ない厩舎ばかりで特に新鮮味はありません。
関心のある馬では、マイネレーツェルの12はやはり五十嵐厩舎。マイネソーサリスの12は手塚厩舎ではなく、田中清隆厩舎になっています。

ツアーには参加しますが、栗東入厩馬が思っていた以上に少ない時点で出資意欲が下がっており、どうしたものでしょうか。
当面は社台グループの出資馬検討が優先です。

| | トラックバック (0)

地方共有馬名決定

社台グループオーナーズ公式サイトによる共有馬の近況。

◆レイクサイドカップの11
船橋競馬場も順調で、ダク1400mとハロン18~20秒のキャンター2800mを乗られています。非常に良い走りを見せているとのことで、今後が楽しみです。馬名は 「レイクマッケンジー」 (Lake Mackenzie 「オーストラリアの湖の名前」母名から) に決定いたしました。

馬名決定。マッケンジー湖って、知らないなあ。
突然の入厩の感じでしたが、調子はいいようです。
とのこと、の表現は川島師任せで、クラブは知らないよモードですね。
共有馬なので、クラブではなく、誰も責任とらないのか…

| | トラックバック (0)

キャッシュカード

私が金融機関で初めて口座を開いたのは小学校3年生の時でした。
ご多分にもれずお年玉を貯金するために地元の尼崎信用金庫で口座を持ったのですが、家族に言われたもので、自分で口座を開いたのは大学入学時でした。
同じく地元の太陽神戸銀行(今の三井住友銀行)で口座を開き、同時にキャッシュカードを作りました。

そのキャッシュカード、以来これまでずっと使い続けてきました。
昔のキャッシュカードなので、口座名義や番号も手書きという前時代的なもので、おまけにひびだらけで、職場などで若い人に見せると、それ使えるのといわれる程の年季が入ったものでした。

太陽神戸銀行が合併を繰り返すごとに作り変えようかと思ったのですが、使えるのでまあいいかと今まで使い続けていましたが、最近磁気不良のためATMで引っ掛かることが多くなってきたので、ついにというか、新品のキャッシュカードに作り変えました。

古いキャッシュカードは都合33年間も使ってきた訳で、自分の身の回りのものでも古いものだったので、たかがキャッシュカードとはいえ、ご苦労さんでした。
これから次の33年後いうと、私は85歳、おそらくこの世にはいませんね…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

サンデー公式サイトによる出資馬の近況。

◆ルミアージュ
函館競馬場に移動しており、輸送の疲れも特に感じられません。6/23(日)函館・ダート1700m牝馬限定戦に備えて、来週と再来週の追い切りで仕上げます。レースまでにゲートの確認も行っておくつもりです。

| | トラックバック (0)

社台・サンデー・オーナーズ募集馬カタログ到着

社台・サンデー・オーナーズから今年度の募集馬カタログが届きました。

豪華スタリオンブック、繁殖牝馬名簿と募集馬カタログ、DVDの一式セットが届くと、めずらしく早速カタログとDVDをながめて出資馬を検討しました。
今年はどのような出資をするのかまだ決めておらず、カタログを見ても目移りするだけでしたが。

再来週末の牧場見学ツアーまでに、予算100万円くらいで中央ファンド馬1頭にするのか、安い中央ファンド馬1頭+地方オーナーズ1頭にするのか、やっぱり安い中央ファンド馬1頭にするのか等々、出資方針を決めておきたいと思います。
自分の予算だけでなく、他との競合で出資できるかどうかが問題なので悩ましいところです。
もっとも株で儲けて喜んでいたら、うちの会社の給与とボーナスがカットになることが決まってがっくり…

| | トラックバック (0)

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は挫石もすっかり完治したとの事から、通常メニューに戻して調整が進められています。担当スタッフは「獣医にも最終チェックをしてもらいましたが、挫石の方は既に完治しているとの事でしたの で、先週の頭からは通常メニューに戻して騎乗を進めています。まだ全体的に緩さはありますが、気になるところがない事で同馬自身は日々元気一杯にメニューを消化しており、この様子であればあと1ヶ月もあれば良い状態で厩舎に送り出せると見ています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。宮本調教師からは6月下旬頃の入厩を目指して欲しいとの指示も受けていますので、今後もこのまま乗り込みを進め態勢を整えていきます。現在の馬体重は518kgです。

土曜日でも近況更新あるんですね。
さて、またも長期休養かと思っていましたが、宮本師からは早くも復帰の指示とのこと。
元々原因不明での惨敗続きでしたので、一旦仕切り直して、最後の挑戦にかけてほしいものです。

| | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »