« ルミアージュやっぱり惨敗 | トップページ | 出資馬近況 »

出資馬近況

セゾン公式サイトによる詳しいレース解説。

◆ドリームマジシャン
7/27(土)小倉競馬第10レース、不知火特別、芝1800m、13頭立て、6枠8番、国分恭介騎手騎乗で出走し、8着でした。まずまずのスタートを決めると無理せず8、9番手辺りに付けて1、2コーナーを回り向正面へ。その後はレインフォールがハナへと立ってレースを引っ張り、1000mの通過を58.7秒と淀みの無い流れを形勢します。同馬は道中の追走は、折り合いを欠く事もなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も鞍上が気合を付けると内に進路を取って7番手辺りから4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとしっかり反応して脚を伸ばします。最後まで勝ち馬などを捉えようと鞍上が懸命に追いますが捉えるには至らず、結局勝ち馬から0.4秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から+2kg、494kgでした。騎乗した国分騎手は「久々のレースでしたが折り合いを欠く事もなく、スムーズに進められました。そこまで差のない結果だったので、直線で一瞬進路を迷ってしまった事がもったいなかったと思います。申し訳ありません」とコメント。宮本調教師は「休み明けのレースとなりましたが同馬なりに力も出せて、内容自体は決して悪くなかったと思います。今後は一度レースに使って状態も上向いてくると見ていますので、このまま在厩で次走を検討していきたいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って 状態を確認してから判断していきます。

|

« ルミアージュやっぱり惨敗 | トップページ | 出資馬近況 »

ドリームマジシャン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/57889813

この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況:

« ルミアージュやっぱり惨敗 | トップページ | 出資馬近況 »