« 共有馬近況 | トップページ | 園田競馬摂津盃観戦 »

出資馬近況

セゾン公式サイトによる出資馬の近況。

◆ドリームマジシャン
栗東トレセンに滞在中。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが特に問題ないレベルと見ており、まずは無事に運動を再開しています。そんな中、昨日には前走時に指摘があった喉の異音について内視鏡検査を行ったところ、現状では特に問題は見られないとの事でした。宮本調教師は「前走後はレースに使ったなりのダメージは感じられましたが、見た目には歩様に硬さもありませんしそこまで大きなダメージはなさそうです。そこで水曜日には内視鏡検査で喉の状態を確認しましたが、現状では特に問題があったり喉鳴りの徴候が見られる症状も確認されませんでした。獣医の見解ではレース等で全速力で走った際はまた音自体がする可能性はありますが、現状ではいわゆる喉鳴りの症状はなく、今後同馬自身が気にして苦しがってしまうような場面がなければ、特に問題はなさそうとも話していました。しかしここ最近は暑さも厳しく先週の小倉競馬場もかなりのものでしたので、現状での状態を考慮するとこのままレースに使って行く事は同馬にとってプラスにはならないのではないかと思います」とコメントしていました。そこで宮本調教師と相談した結果、現状での体調を考慮すると、このままレースへ向かったとしても良い結果に結び付く可能性は低いのではないかと判断し、週末には一度リフレッシュで放牧に出る事となりました。今後については宮本調教師及び関係者と改めて協議していく事も検討しています。

レース後特に大事なかったようですが、放牧に出すようです。
体調面では問題ないと言っているのに、放牧に出してどうするんでしょうか。

この春の出走後の放牧についても、体調面では問題ないのに敗戦が続くことから放牧に出しましたが、つまるところ能力不足なのに放牧に出してどうするのかと疑問に思いましたが、今回も全く同じです。
さらに夏に出走させた時点で多少は無理させていることは承知のうえなのに、いまさらこのまま使ってもとは、そんなことはわかってるだろうと言いたくなります。

二桁着順が3~4回続くようなら引退やむなしと思っていますので、既に峠を過ぎている馬なのに、わずか2走しただけで放牧に出すのは、能力判定を先延ばししているだけとしか思えませんね。

|

« 共有馬近況 | トップページ | 園田競馬摂津盃観戦 »

ドリームマジシャン」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/57999620

この記事へのトラックバック一覧です: 出資馬近況:

« 共有馬近況 | トップページ | 園田競馬摂津盃観戦 »