« 菊花賞開催 福永騎手牡馬クラシック初制覇 | トップページ | 社台・サンデー会員の集い »

JRA2014年開催日割と重賞競走発表

JRAが2014年の開催日割と重賞競走を発表しました。

開催日割は、札幌競馬場のリニューアルオープンと中山競馬場の整備工事による休業などが主な内容。

重賞競走の変更点は、まず、ジャパンカップダート(GI)をチャンピオンズカップに名称を変えて、中京競馬場で開催。
2歳重賞が大きな変更となって、中山競馬場で行われてきた朝日杯フューチュリティステークス(GI)が阪神競馬場に移して開催。
加えて、阪神競馬場で行われていたラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII)が中山競馬場へ移動し、ホープフルステークス(GIII)に名称変更して施行。
新設重賞が2つ組まれることになり、東京競馬場でいちょうステークスが、京都競馬場でラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスがそれぞれ行われことになりました。

概ね既報通りですが、2歳戦がこれまで以上に充実することになります。
関西に住む私にとっては、2歳GIがともに阪神競馬場で行われるには大歓迎です。

一口馬主的には、これまで以上に早期デビューが必須になってきましたね。
3歳デビューでは、重賞にでも勝たない限りクラシックには進めなくなります。
ラフィアンとしては、これまで得意の2歳戦線が充実するのは、調子が良ければ追い風になる一方で、他の勢力がこぞって早期デビューを図ってくるので、空き巣狙いから一転して厳しくなると思います。

さて私の出資馬はどうなるでしょうか。
まずは2歳でデビューしないことには話しにならないか(笑)

|

« 菊花賞開催 福永騎手牡馬クラシック初制覇 | トップページ | 社台・サンデー会員の集い »

中央競馬」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/58429313

この記事へのトラックバック一覧です: JRA2014年開催日割と重賞競走発表:

« 菊花賞開催 福永騎手牡馬クラシック初制覇 | トップページ | 社台・サンデー会員の集い »