« 共有馬近況 | トップページ | グリンダ入厩 »

フレスコデビュー戦

フレスコ、京都競馬第5R新馬戦・芝2000mに出走、デビューを果たしました。

これまでの近況では特に目立ったところもなく、全くパッとしない印象のフレスコですが、10月に入厩、ようやくデビューを迎えることになりました。
この日は9頭だてと比較的小頭数なので、まずは掲示板確保が目標。

私自身の出資馬としては12世代目の2011年産駒で、初めてのデビューとなります。
これまでに何度も書いていますが、3年振りの2歳デビューです。
多少遅くとも無事に2歳デビューしたのは久し振りで、これまでと違う感じがします。
何はともあれ、久々の2歳デビュー戦を京都競馬場で観戦してきました。
時折土砂振りの京都競馬場もレースの頃には晴れ間がのぞき、観戦に支障なし。

パドックのフレスコ、9月の牧場見学で対面したばかりですが、馬体重478キロ、まずまずの馬体の印象。
周回当初はややうるさい感じでしたが、次第に落ち着いていきました。
競馬ブックの予想は結構印がついており、本紙二重△、これを受けて人気は単勝15.2倍の5番人気。

さてレース、全馬ゆったりスタートのなか、フレスコはやや出遅れ気味で、集団後方に下がります。
最後方から2番目の位置で、正面から向正面を通過。
3〜4角を外目で周って直線に入りますが、先行集団5頭との差が広がっていきます。
何とか追っていきますが差が広がるままで、最後に落ちてきた1頭に迫りましたが、6着に終わりました。

9頭だてで、予想印もそこそこついていたので、最低でも入着をと思っていましたが、掲示板を外して正直がっかり。
全く駄目という訳でもないので、叩いて次走に期待するしかないでしょうか。

ラフィアン公式サイトによる関係者コメント。

バルザローナ騎手「もっと前で流れに乗りたかったのですが、スタートがいまひとつで後方からとなりました。ラストは良い脚を使っています。ただ、3コーナーから徐々に内にもたれだし、修正しないとしっかり追えない状況でした。まっすぐ走れていればもっとやれていたでしょう。次走ではハミを替えてみても良いかもしれないです。この距離が合っていますね」

梅田調教師「右にもたれながら走っていたのですが、稽古でそんなところはなく、今週の追い切りでもまっすぐに走れていました。鞍上から進言を受け、次回はリングバミで臨むことも考えます。ゲートの出はそう速くなく、トレセンでの試験に比べれば今日の方がスムーズに出ていた方かもしれません。状態に問題がなければ続けて使っていく予定です」

直線ではまっすぐ走れていなかったようです。次走では修正できますように。

|

« 共有馬近況 | トップページ | グリンダ入厩 »

マイネルフレスコ」カテゴリの記事

一口馬主」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109399/58552097

この記事へのトラックバック一覧です: フレスコデビュー戦:

« 共有馬近況 | トップページ | グリンダ入厩 »